スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

シラミの原因とは

更新日:2017/04/28 公開日:2017/03/31

虫による皮膚疾患

シラミは保育所や小学校に通う子供によくみられます。シラミは不衛生が原因でうつるものではありません。シラミが感染する原因や感染経路の正しい知識と、気をつけたい生活習慣注意について、ドクター監修の記事で解説します。

シラミは保育所や小学校に通う子供の間で感染が広がります。シラミがどのようにしてうつるのか、うつらないためにはどのようなことに気をつければよいのかを詳しくみていきましょう。

シラミが感染する原因

頭につくシラミは、頭シラミといって、ヒトの髪の毛や眉毛、まつげに寄生する2~3ミリ程度の小さな虫です。ヒトの頭皮や髪の毛に生息し、頭皮から血を吸って生きています。頭シラミが病原菌を媒介することはありませんが、頭皮の血を吸うために、頭シラミの数が増えると、頭のかゆみがみられるようになります。

頭シラミの成虫は、髪の毛に卵を産み付け、卵は1週間程度で孵化して幼虫になります。幼虫もまた、成虫と同様に頭皮の血を吸って生きます。幼虫は2~3週間程度で成虫となり、産卵を行います。頭シラミの成虫が1回に産む卵の数は6個で、駆除しなければ、どんどん数が増えていきます。

成虫は、脚のかぎづめで、しっかりと頭にしがみついているため、頭を振り払ったぐらいで頭から落ちることはありません。成虫は約1か月間、ヒトの頭で生き続けます。頭から離れて、頭皮の血を吸えなくても、1~2日は生き延びます。

このように、頭シラミはヒトの頭で生きる寄生虫であるため、ヒトの頭へと感染するのです。陰毛につく毛ジラミや不衛生な環境で発生し、チフスなどの重篤な病原菌を媒介するコロモジラミとは異なるシラミです。

シラミの感染経路を知る

頭シラミは、頭皮や髪の毛の上を這って移動します。羽はなく、飛んだり、ノミのように跳ねたりすることもありません。子供同士が遊ぶときに、頭をくっつけ合って遊ぶことで、人の頭から頭へと感染する例が多くみられます。

頭シラミの成虫は、人の頭から離れても、1~2日は生きるため、布団や枕のシーツやカバーを介してうつることもあります。保育所のお昼寝で、子供の頭同士がくっつく距離で寝ている場合や、シーツやカバーなどを共用している場合に感染する可能性があります。

また、シャワーやプール時に、頭シラミのある人が使ったタオルやヘアブラシなどを共用することで、タオルやヘアブラシについていた頭シラミが他の子供に感染する可能性もあります。

シラミの卵は頭皮から離れると1週間以内に死に、頭皮に近い温度より低いところでは、孵化できないので、頭シラミのある人が被っていた帽子やかつらなどに付着した卵から、感染することはほとんどないとされています。しかし、帽子どうしが重なるように保管されている場合などは、帽子についた成虫が他の帽子にうつる可能性もあります。

よく心配されるのはプールでの感染ですが、水の中では、シラミは頭から離れないようにしっかりしがみつくので、プールの水を介してシラミがうつることは考えにくいですが、プールの水の塩素でもシラミは死なないため、タオルやヘアブラシなどを介してうつる可能性はあります。

いちばん多い感染経路は、頭シラミのある人の頭と他の人の頭とが接触したときに感染する場合です。保育所や小学校など、子供が密着して遊ぶ環境で、子供にうつり、その家族へと感染していきます。

髪の長さや衛生面など、注意するポイント

頭シラミは、髪の毛の長い子によくみられる傾向があります。髪の毛を結ばずに下ろしていることで、髪の毛を介して頭シラミがうつりやすくなること、髪の毛が長いと、シラミの成虫や卵を見つけにくくなることがあります。髪の毛が長い場合は、毛先が散らばらないように、三つ編みや編み込みなどをして、シラミがうつりにくいような対策をとりましょう。一つ縛りや二つ縛りでは、髪の毛をくくっている耳の後ろや頭の後ろの気づきにくい部分に卵が多くみられます。

髪の毛を短くすることで、シラミの感染を防ぎ、卵を見つけやすくなります。頭シラミは卵を髪の毛に産み付けるため、丸刈りにすると、卵を産み付けられなくなります

毎日、シラミが卵を産み付けやすい後頭部や耳の後ろまで洗い残しがないように、シャンプーで頭の隅々までしっかり洗髪すること、目の細かいクシでよく髪の毛をとかすことも、シラミをつきにくくするために大切なことです。

原因を避けるために気をつける生活習慣

学校や保育所、プールなどでは、タオルやヘアブラシなど友達と一緒に使わないようにすることを子供自身によく注意しておく必要があります。家庭でも、家族に頭シラミがみられたときにはタオルの使いまわしやヘアブラシの共有は避けるようにしましょう。

家では毎日シャンプーで洗髪し、クシでブラッシングするようにしましょう。小さな子供の場合には、洗い残しがある部分にシラミがつきやすくなるので、保護者が子供の頭を週に1回はしっかり洗髪して、シラミの卵が付いていないかをチェックすることも感染を防ぐために有効です。

布団は晴れた日には干して、シーツやカバーなどはよく掃除し、洗い替えることも大切です。シラミのつく可能性のある肌着なども、洗濯して日光を当てて干すようにしましょう。

この病気・症状の初診に向いている科 皮膚科

ヘルスケア本