スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

産後の痔の対策とは

更新日:2017/07/18 公開日:2017/07/18

痔の基礎知識

出産をきっかけに痔を発症してしまったという方は少なくありません。というのも、産後は体質自体が痔にかかりやすいよう変化しているからです。ドクター監修の記事で、産後の痔の特徴やメカニズムなどについて解説していきます。

妊娠や出産は、実は痔のきっかけになりやすいといわれています。ホルモンバランスや体の水分量が変化していくため、痔になりやすいのです。

産後に気をつけたい痔やそのメカニズム

実は、妊娠・出産がきっかけで痔を発症してしまったという方は少なくありません。妊娠中は便秘になりやすく、それが原因で便が硬くなり出産後に切れ痔が引き起こされてしまうことがありますが、出産後は、また別の要因で痔になってしまうことがあるのです。特に多いのはいぼ痔(痔核:じかく)と切れ痔(裂肛:れっこう)の2つといわれています。詳しく見ていきましょう。

いぼ痔の特徴

痔には大きく分けて「いぼ痔(痔核:じかく)」「切れ痔(裂肛:れっこう)」「あな痔(痔瘻:じろう)」の3種類があるのですが、その中でもっとも悩まされている方が多いのがいぼ痔です[1]。主に、直腸下や肛門周辺の血流が悪くなることでうっ血し、静脈にこぶができることで起こる痔といわれています。

妊娠中も胎盤や子宮が大きくなる影響で肛門周囲が圧迫され、血流が悪くなりやすいのでいぼ痔の発生を引き起こすことがあります。

いぼ痔の症状

いぼ痔はできる場所によって、呼び方や症状が変わります。肛門の内側にある「歯状線(しじょうせん)」よりお腹側にできるものを「内痔核(ないじかく)」、肛門側にできるものを「外痔核(がいじかく)」と呼びます。

内痔核は出血や痛みをともない、肛門からの脱出の程度で症状がI度~IV度に分かれています。進行してくると、いぼが肛門から飛び出してくるのが特徴です。初めのうちは、飛び出したいぼは自然と戻っていったり、指で押し戻せば戻っていったりするのですが、最終的には指で押し込んでも戻っていかず、痛みや出血をともなう場合があります。

また、肛門の外側にできる痔として血栓性外痔核があります。これは、肛門周囲の血流が悪化し血まめになった状態で、強い痛みをともないます。

切れ痔の特徴

そして、切れ痔も産後に起こりやすい痔です。肛門と歯状線の間の皮膚(肛門管上皮)が裂けてしまうことで起こります。特に硬い便を無理矢理出そうといきんでしまったときに、切れてしまうことが多いといわれています。特に産後の場合は授乳のために体内の水分量が少なくなっていることがあり、便が硬くなり切れ痔も発症しやすい時期です。また、育児の関係で生活リズムが崩れていることも多く、乱れた食生活で便秘になり、切れ痔を引き起こすこともあるでしょう。

切れ痔の症状

切れ痔は排便時の痛みや出血が主な症状となります。出血は多くの場合、内痔核より少ないですが、痛みは強いことが特徴です。内痔核ができる歯状線より内側では知覚神経がないため痛みを感じませんが、切れ痔のできる肛門管上皮には知覚神経が多数通っているため、その部分が切れることで強い痛みを感じることになります。また、切れ痔の方は便秘症であることが多く、痛みで排便が怖くなってますます便が硬くなり、排便時にまた切れてしまうという悪循環に入ってしまうことがあります。

産後の痔の治療

妊娠中・出産後に痔の治療を検討しているという方でも、市販薬を自己判断で使用するのは厳禁です。市販薬はステロイドが含まれているものが多く、使用し過ぎるとそれが胎児や授乳の際の母乳の成分に影響を与えてしまう可能性があるからです。医療機関で相談すれば、ステロイドが含まれていない薬を処方してもらえます。女性の場合、どうしても痔の相談には恥ずかしさがともなうかと思いますが、きちんと治療を行いましょう。症状によっては手術が必要になる場合もありますが、ほとんどの場合が排便の調整と薬の使用でよくなってきます。まずは、肛門科専門医を受診することが大切です。

参考文献

  1. [1]日本大腸肛門病学会. “肛門疾患(痔核・痔瘻・裂肛)診療ガイドライン 2014年版” Minds(マインズ)ガイドラインセンター. http://www.coloproctology.gr.jp/files/uploads/%E8%82%9B%E9%96%80%E7%96%BE%E6%82%A3%E8%A8%BA%E7%99%82%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B32014-2%E5%88%B7.pdf (参照2017-06-29)

この病気・症状の初診に向いている科 肛門外科

今すぐ読みたい

ヘルスケア本