スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

痔を予防する習慣とは?

更新日:2017/04/24 公開日:2017/04/24

痔の基礎知識

痔になってしまう原因はさまざまあり、自分が痔になるとは思いもしなかったと嘆く人もいるでしょう。日常生活で意識することを少し増やすだけで、痔を予防できる可能性が高くなります。ドクター監修の記事で痔の予防について解説します。

痔の予防方法は、生活習慣に加えることができる簡単なものが多いです。自分ができるものは率先してとり入れるようにしましょう。

痔の予防

痔になる原因はさまざまあるため、予防対策もいくつかあげられます。過去に痔になったことがある人もない人にも共通する方法となっています。特に、痔の再発を予防したいという人は、自分が痔になった原因と照らし合わせた予防方法を意識するとよいでしょう。

便意を感じてからトイレに行く

痔の予防において、もっとも大切と言える予防方法です。そもそも排便の流れは、便がS状結腸から直腸に送られた際に、直腸が刺激によってふくらみます。ふくらむことで内肛門括約筋がゆるんで、便意を感じて排便します。これが自然な排便の流れです。

しかし、便意を感じずに排便しようとすると、肛門にかなりの力がかかってしまいます。すると、肛門の周辺にある血管がうっ血してしまって、これが痔の原因の1つになるのです。したがって、便意を感じずに排便しようとすることは避けなければならないこととなります。

トイレでは長居しない

排便するのに時間がかかる人は、長い時間便器に腰かけている状態が続くとも言えます。排便できるまで何度もいきんで排便を促そうとする回数が増えるほど、肛門に負担がかかってしまいます。排便の有無限らず、長くても3分以内でトイレから出るようにしましょう。また、これは洋式トイレ、和式トイレともに共通して言えることです。

排便後の肛門を清潔に

一番よいのは、排便後の肛門の汚れはお湯で洗い落とすことです。便はアルカリ性の性質をもっており、無数の雑菌を含んでいます。肛門にはたくさんのシワが集まっているため、トイレットペーパーの拭き取りのみではそのシワに雑菌が入り込んでしまう可能性があるのです。肛門に雑菌が付着したままだと、細菌が繁殖して炎症やかゆみを引き起こすことにもなりかねません。

手軽に肛門の洗浄を行う方法は、温水洗浄式便座が備えられているトイレを利用することです。排便後、そのまま肛門をお湯で洗い流すことができます。しかし、シャワーの勢いが強くなると、それが刺激となって肛門に悪影響を与える可能性も高いです。また、温水洗浄式トイレでないと便意が発生しないという依存症になる人もいるので、使用の際は注意が必要です。もし、温水洗浄式便座があるトイレが身近にない場合は、排便後に浴室のシャワーで流すようにしても構いません。

体を冷やさないようにする

体が冷えてしまうと肛門括約筋が緊張状態になってしまい、痔になりやすくなるといわれています。また、冷えによって血管が収縮してしまうことで血液の循環が悪くなって、肛門においては痔になりやすい状態になってしまいます。

冬場のみでなく、冷房が効いている室内でも冷え対策を行う必要があります。ひざかけを用意しておいたり、靴下を履く習慣をつけておいたりするとよいでしょう。

痔の予防についての注意点

痔の予防が期待できる、生活上の注意点をまとめたリストが以下になります。1つでも多く、生活に取り入れて痔の予防を心がけましょう。

  • 排便は我慢せず、便意を感じたらすぐにトイレに行く
  • 便座に腰かける時間は3分以内にする
  • 便秘を避けるために水分と食物繊維の摂取を心がける
  • 極端な食事制限のダイエットを行わない
  • アルコールや香辛料の過剰摂取を控える
  • 入浴の際は、肛門をキレイに洗う
  • 湯船に浸かって、肛門まわりの血行を促進させる
  • 温水洗浄式便座を利用して、トイレットペーパーだけでなく温水でも肛門の汚れを落とすようにする
  • 同じ姿勢を長時間とることは避ける
  • 疲労やストレスの蓄積を避ける
  • 体を冷やさないようにする

痔の治療

痔は自然治癒が可能とも言える病気ですが、痔の種類や状態によっては薬の服用や手術によって治療するケースもあります。痔は大きく分けて3種類あり、「イボ痔」、「切れ痔」、「あな痔」とあります。それぞれ治療方法が異なります。

イボ痔

薬物療法、硬化剤を注入するジオン注射、切除手術などが適用されます。

切れ痔

切れ痔を何回も繰り返していると肛門まわりの筋肉が萎縮し肛門狭窄を起こし、排便が困難になるため、肛門狭窄の解除手術を行うことがあります。肛門の入り口を広げることがねらいです。

あな痔

肛門周辺に膿が溜まった結果、腸と肛門周囲の皮膚にトンネルを作った場合はあな痔として診断されます。あな痔の治療は手術がメインとなります。

痔の治療に関しては、『痔の種類別に見る手術方法』『内痔核の治療に用いる薬について』で詳しく解説しています。

この病気・症状の初診に向いている科 肛門外科

今すぐ読みたい

ヘルスケア本