スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

イボ痔の原因とは

更新日:2018/05/22 公開日:2017/04/09

痔核の基礎知識

イボ痔は肛門におできのようなイボができる種類の痔のことです。日本人は3人に1人が痔にかかっていると言われており、誰にでも発症する可能性がある病気です。どのようなことが原因でイボ痔になってしまうのか、ドクター監修の記事で解説します。

イボ痔の原因は日常生活に身近なものであり、気をつけなければイボ痔を発症してしまう可能性があります。なぜイボ痔になってしまうのか理解して予防を心がけましょう。

イボ痔とは

イボ痔はその名前のとおり、肛門付近または内部にイボができる痔のことを言います。このイボは痔核とも呼ばれ、発生する箇所によって「内痔核」「外痔核」とそれぞれ分類されます。肛門の周辺や内部には動静脈叢(どうじょうみゃくそう)という、血管や筋線維が集合しているものがあります。これがクッションのような役割をもっているため、排便時以外のときに便が出てこないようになっています。

しかし、肛門にとって刺激になることや負担となることが積み重なっていくと、この動静脈叢に血栓が見られたり、うっ血してしまったりすることがあります。肛門がそのような状態になることで痔核が発生することがあるといわれています。

内痔核

肛門内部、歯状線という部分の奥にできた痔核を内痔核と言います。内痔核は痛みをともなうことが少ないので、初期の段階では発見が遅れることがあります。発見のポイントは排便時の出血や痔核が外に飛び出る、痔核の脱出です。内痔核には症状の悪化状況に応じて治療方法が異なり、その目安は以下の4段階になっています。

●I度

排便時に出血があり、痔核の脱出はない状態です。内痔核がブヨブヨと柔らかい状態であることが多いです。そのため、衝撃に弱く、固い便にぶつかると痔核が傷ついて出血に至ることがあります。その出血は肛門から外に流れ出るのですが、その状態は少量のものもあれば盛んに出てくることもあり、出血量や様子やさまざまです。出血は排便後に自然におさまることが多いとされています。

●II度

排便時に痔核が脱出しますが、その後自然に引っ込む状態です。このときの出血量は比較的少ないものといわれており、I度よりも目立たない傾向にあります。

●III度

排便時に痔核が脱出しますが、自分で押し戻さないと肛門内に戻らない状態です。痔核が脱出してぶらさがった状態だと、うっ血して痛みを生じたり、出血したりするので放置するのは危険です。また、指で押し戻すときに中途半端な位置に戻してしまうこともあるため、それもまた症状悪化の原因につながります。

●IV度

排便時、それ以外にかかわらず常に痔核が脱出している状態です。この状態になっている患者は、痔核を複数持っている可能性があります。

外痔核

肛門の入り口付近にできた痔核を外痔核と言います。知覚神経が通っている肛門の皮膚上にできるため、痛みを感じるのが特徴です。イボの大きさは豆粒ほどといわれています。排便時だけでなく、重い荷物を持ち上げたり、長時間座っていたりするなどの日常生活のあらゆる場面で痛みを感じやすくなります。

内痔核と外痔核の症状

内痔核と外痔核それぞれに見られる症状は以下のとおりです。

内痔核

●排便時は無痛だが、出血がある

●肛門付近に血がついていることがある

●排便時に肛門からイボが飛び出てくる

●肛門から何かがぶら下がっているような違和感がある

●残便感がある

外痔核

●排便時、それ以外問わず常に肛門に痛みを感じる

●肛門周辺にイボができ、痛みを感じる

イボ痔の原因とメカニズム

イボにあたる痔核が発生することで、患者の痔の種類はイボ痔と診断されます。その痔核が発生するメカニズムとイボ痔になる原因を解説します。

痔核ができるメカニズム

排便する力となる肛門括約筋と肛門粘膜、肛門上皮の間にはそれぞれ筋線維、脈管などが密集しています。その密集した箇所は冒頭でも解説した、静脈叢とも呼ばれています。肛門がいきんだり、ダメージを受けたりすることによって、密集している部分の血管が切れて出血したり、うっ血したりしてしまいます。そうして、血流が悪くなった肛門の組織には次第にイボのようなものができあがってしまうのです。

イボ痔の原因

●便秘によってトイレでいきむことが多い

排便は通常、自然に行われるものですが、便秘の人はお腹に力を入れていきまないと排便できないことがあります。しかし、いきむことによって肛門にダメージが加わるため、イボ痔になりやすいとされています。

●トイレにいる時間が長い

これは上記にも共通することですが、排便時にいきむ人はスムーズに排便できないことが多いため、排便に時間がかかることがあります。いきむ時間が長くなるほど、肛門周辺の血管がうっ血しやすくなります。

●長時間座っている状態が続く

乗り物の運転やオフィスワークなど、長時間座った状態が続くことは肛門にあまりよいものではありません。また、乗馬や吹奏楽器の演奏など座りながら、腹部に圧力をかける行為はさらに肛門に負担がかかりやすいです。

●妊娠や出産

妊娠して腹部が大きくなると子宮も圧迫され、それにともなって肛門の血管がうっ血しやすくなります。また、出産のときもいきむので、痔核ができやすくなります。

●香辛料やアルコールの過剰摂取

とうがらしの刺激物が体内に吸収されないと、便と一緒に排出されます。その便に含まれた刺激物が肛門にダメージを与えてしまいます。また、お酒を飲みすぎると下痢になりやすくなります。下痢も肛門への刺激となってしまうのです。

ヘルスケア本