スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

いぼ痔の出血が止まらないときは

更新日:2018/05/22 公開日:2017/04/09

痔核の治療・手術法

いぼ痔とは、肛門にできる血管のこぶのことで「痔核」とも呼ばれる症状です。出血をともなうこともあり、適切な治療を行うことが大切です。そこで、いぼ痔の出血の特徴と注意点、検査方法などについてドクター監修の記事で解説します。

人間は二足歩行をする体の構造上、肛門回りに疾患ができる「痔」という症状に悩まされやすいといわれています。特に、いぼ痔は患者数が多く出血や痛みをともなう症状があり、適切な対処をとる必要があります。

いぼ痔の出血の特徴

いぼ痔とは、痔の中でもっとも患者数が多い症状といわれています。肛門の周りの組織がうっ血することで血の塊が突出し、こぶのような「痔核」と呼ばれるものができあがります。この痔核が肛門の内側にできた場合を「内痔核」、肛門の外側の出口にできた場合を「外痔核」と呼び、症状や治療方法が違うため区別することが多いです。

内痔核の出血

内痔核は肛門の内側、正確には「歯状線」と呼ばれる組織よりも内臓側に痔核ができる症状のことです。内痔核の場合、症状の進行度合いによってI~IV度の4段階に分類されます。

  • I度の内痔核

排便時でも痔核が肛門外に飛び出さず、痛みなどの自覚症状もあまりない段階です。出血が見られることもありますが、トイレットペーパーにつくレベルからほとばしるレベルまでさまざまです。

  • II度の内痔核

排便中にいきむと痔核が飛び出す「脱肛」の症状が見られる場合、II度の段階である場合があります。痔核が排便によってダメージを受け、粘膜が厚くなり裂けにくくなっているため、出血自体は減少傾向に向かうことが多いです。

  • III度の内痔核

痔核が肥大し、排便時のいきみで飛び出した痔核を指で戻さないと戻らなくなる場合はIII度の段階と診断される場合が多いです。戻し方や症状によっては脱肛が治らず、痛みや出血をともなう場合があります。

  • IV度の内痔核

脱肛した痔核を指で押しても戻らない場合、IV度の内痔核とされています。出血や痛みも多く、なるべく早めの治療が必要といわれています。

外痔核の出血

外痔核の場合、症状の程度や原因にもよりますが出血をともなうことはあまりないとされています。

いぼ痔と間違えやすい病気

いぼ痔の症状としては痛みや出血などがありますが、それ以外の病気にも出血の症状が見られることがあり、いぼ痔と間違えやすいものがあります。では、いぼ痔と間違えやすい病気ににはどのようなものがあるのか、解説していきます。

大腸がん

大腸がんは、内痔核のように肛門部分からの出血が見られたり、血便が見られたりするため間違えやすい病気といわれています。見分け方として、いぼ痔による出血の場合には鮮血色が、大腸がんによる出血の場合にはよどんだ赤黒い出血である傾向が強いですが、必ずそのとおりになるとは限りません。十分な注意が必要です。

直腸脱

直腸脱とは、排便の後に肛門から粘膜が飛び出してきて、下着を汚したり痛みを感じたりする症状です。内痔核による脱肛と症状が似ていますが、脱出する部分が違うため、別の病気として分けられることが多いです。自覚症状もあまりなく、排便時の違和感程度だといわれているため、診断やセルフチェックが難しい病気の一種だといわれています。

その他の病気

それ以外にも、肛門付近にいぼができる「肛門ポリープ」や「尖圭ポリープ」、粘液による汚れや排便異常などの症状が見られる「潰瘍性大腸炎」などの病気もいぼ痔と間違えやすい症状が現れる場合があります。セルフチェックでは区別が難しい場合がありますので、病院で検査するとよいでしょう。

いぼ痔の検査方法・治療

肛門付近に痛みや出血などの症状が見られた場合には、なるべく早めに病院で検査を受けるとよいでしょう。では、そのときにどのような検査が行われるのか、また、いぼ痔と診断された場合どのような治療を行うのかについて解説します。

検査方法について

痔と思われる場合、最初は問診や視診、触診などで生活習慣や症状の確認を行うケースが多いです。そこで異常や問題が見られた場合には、改めて専用の器具による精密検査が行われます。最近では、患者が恥ずかしくならないようにさまざまな工夫がされているケースが多いので、恥ずかしいからと放置せずなるべく早めに検査を受けるとよいでしょう。

内痔核の治療

内痔核の治療は、症状の進行度合いにあわせていくつかの手法が適用されます。

  • I~II度の治療方法

この段階の内痔核であれば、生活習慣の改善や薬などを用いる保存的治療で回復することが多いとされています。ただ、出血が多い場合には注射などの治療を行う場合もありますので、詳しくは検査結果を見て医師と相談するとよいでしょう。

  • III~IV度の治療方法

この段階の内痔核になると保存的治療を適用するのは難しいため、痔核を縛って切除したり注射をしたりする手術を行うことが多いです。

外痔核の治療

外痔核の治療には、生活習慣の改善や薬を用いる保存的療法により2~4週間程度で改善するケースが多いです[1]。ただ、痛みや腫れ、出血がひどい場合には手術による治療を行うこともありますので、詳しくは医師と相談して最適な治療ができるようにしましょう。

参考文献

  1. [1]日本大腸肛門病学会. 肛門疾患(痔核・痔瘻・裂肛)診療ガイドライン2014年版, 南江堂 2014; 21-21

今すぐ読みたい

ヘルスケア本