スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

いぼ痔の治し方

更新日:2018/05/22 公開日:2017/04/09

痔核の治療・手術法

肛門付近に痛みや出血をともなういぼができた場合、「いぼ痔」の可能性があります。では、いぼ痔ができてしまった場合、家庭でできるおすすめの治し方や病院で行われる治療方法はどのようなものなのか、ドクター監修の記事で解説します。

いぼ痔とは、肛門付近の血管が腫れたりすることで、いぼができる症状のことです。出血や痛みをともなう場合も多く、なるべく早い治療が望ましいといわれています。そこで、家庭でもできるいぼ痔の治し方などを紹介します。

いぼ痔の治療はできる場所や症状の度合いで変わる

まず、いぼ痔のタイプはできる場所によって大きく2つに分けられます。

  • 内痔核
  • 外痔核

内痔核

肛門の内側にいぼができるタイプです。症状の進行度合いでI~IV度の4段階に分類されることも多く、それぞれの段階にあわせた適切な治療を行う必要があります。

I度の内痔核
排便のときにいきむことで、トイレットペーパーに少量の出血が見られる程度の段階がこれにあたります。痛みなどの自覚症状もない場合が多く、気づきにくい初期段階ともいえます。
II度の内痔核
排便時に痔核が外に飛び出す「脱肛」の症状が見られますが、自然に戻る段階はこれにあたります。出血については個人差があります。
III度の内痔核
排便時のいきみによって脱肛してしまい、指などで押さないと戻らないようであればこの段階であると言えます。出血や痛みを感じることも多いです。
IV度の内痔核
排便時以外にも脱肛したり、痔核を押し込んでも戻らなかったりする場合にはこの段階とされます。出血や痛みも多く、症状としては重い段階といえます。

外痔核

肛門の外側にできるタイプです。原因にもよりますが、基本的には出血があまりないといわれています。ただ、痛みや腫れをともなう場合もありますので、適切な処置が必要です。

家庭でできるいぼ痔の治し方

いぼ痔の多くは生活習慣の改善によって治すことが可能です。具体的な方法を解説していきます。

食生活の改善
食生活を改善して体の調子を整えたり患部へのダメージを軽減したりすることで、症状の改善が期待できる場合があります。具体的には、水分、食物繊維をしっかりと摂ること、アルコールや刺激物などは控えることなどがあげられます。
排便習慣の改善
排便行為を改善することで症状の悪化を抑制することも大切です。たとえば、排便時には長時間いきまず、なるべく短時間に済ませること、そのためにも便意を感じたら早めにトイレに行くことなどがあります。
患部を温めたり薬を飲んだりする
いぼ痔の疑いがある場合、出血が見られなければお風呂に入ることで血行を促進させると症状が和らぐ可能性があります。また、市販薬の中には痛み止めの効果を持つものもあるので、薬剤師などに相談してみるのもよいでしょう。

その他にも、ストレス発散や冷え対策、適度な運動などにも心がけることで症状の改善が期待できます。

病院で行う痔の治療

病院の検査でいぼ痔と診断された場合、症状や進行度合いによってさまざまな治療が行われます。たとえば、I~II度の内痔核や外痔核の場合、基本的には薬や生活習慣の改善指導などの保存的療法で、十分な回復が期待できるといわれています。また、症状が進んだIII~IV度の内痔核の場合でも、日帰りでできる手術などで治療するケースも多いので、詳しくは検査や医師と相談したうえで、最適な治療方法を選択するようにしてください。

いぼ痔の療養のポイント

早期のいぼ痔や手術後には、先ほど説明した食生活の改善や排便習慣の改善などを意識して心がけるようにしましょう。また、毎日の入浴は血行がよくなることに加え、肛門付近を常に清潔に保つうえで、痔の療養にはもっとも適しているといわれています。ただし、出血や化膿が見られる場合には控えてください。

セルフケアで間違った治療方法は逆効果になる場合もありますので、きちんと医師に相談してその指示に従ってください。

このように腹部や肛門に負担がかかることはなるべく控えて血行をよくすることで、早期の回復が期待できます。ただ、それらで改善が期待できるのは、あくまでも軽度のいぼ痔か手術により適切な処置をした場合です。症状が悪化したり術後でも異常が見られたりした場合には、すみやかに病院を受診し医師に相談するようにしてください。

今すぐ読みたい