スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

イボ痔の治療で使われる薬とは

更新日:2018/05/22 公開日:2017/04/09

痔核の治療・手術法

肛門からの出血やひどい痛みなど、多くの人が頭を悩ませている「痔」の中でも、一番患者数が多いのが「イボ痔」です。今回は、そのイボ痔の治療に使われる薬について、種類や効果などをドクター監修の記事で詳しく解説します。

お尻の穴に腫れ物ができ、出血や痛みなどをともなうために日常生活にも大きな支障のでる「イボ痔」。手術に踏み切るには勇気がいるので、できれば薬で直したいと思っている人も多いのではないでしょうか。今回は、イボ痔の治療でよく使われる薬を紹介しながら、その種類と効果、使用上の注意点などについて、具体的に見ていきます。

イボ痔の治療で使用される薬

まず、イボ痔の治療で使われる薬を見る前に、そもそもイボ痔とはどのような病気なのかを確認しましょう。

イボ痔とは

「イボ痔」というのは、できる部位によって呼び方が分かれ、お尻の穴の内側にできたものが「内痔核」、外側にできたものが「外痔核」と呼ばれます。特に、内痔核は症状の度合いによって段階が4つに分かれています。初期の軽度な段階では患部である痔核が外側には出てこず、出ても自然と元に戻る状態ですが、重度になってしまうと外に出た痔核が戻らなくなってしまいます。イボ痔で薬を使って治療できるのは、先にあげた軽度な段階までとされています。

軟膏

軽度なイボ痔の治療で使われるものの一つに、「軟膏」があります。薬のタイプは大きく分けて二つで、一つは肛門の周辺にある痔核に対して塗るもの、もう一つは薬の入ったチューブをそのまま肛門に入れ、薬を注入するものです。イボ痔が肛門の出口周辺にある場合は、後述する坐薬が使えないので、この軟膏が用いられます。薬に含有される成分によって、ステロイド系と非ステロイド系に大別されます。

坐薬

次に紹介するイボ痔の薬は「坐薬」です。これは肛門に挿入するタイプの固形の薬で、肛門に挿入すると体温で成分が溶け出し、イボ痔の痛みや腫れ、出血といった症状を止めてくれます。肛門に挿入しやすいよう、両端が細く中心が太い形状をしているので、きちんと奥まで入れ、しばらく押さえて薬を内部にとどめるようにするのが正しい使い方です。そうすることで患部に直接効能を発揮することができます。

内服薬

最後に紹介するのは、軟膏や坐薬のように直接患部に作用するわけではなく、間接的にイボ痔の症状を和らげるために服用する「内服薬」、いわゆる飲み薬です。イボ痔の治療を目的として処方される内服薬は、イボ痔の大敵である便秘を和らげるための「緩下剤」や、肛門周辺の炎症を抑えるための「消炎薬」といったものがあります。これらを複合的に組み合わせて、イボ痔の治療を行います。

どれくらいの効果があるのか

先ほども述べたとおり、イボ痔の治療で薬の効果が期待できるのは、軽度な症状の段階までですので、ここまでに紹介したような「軟膏」「坐薬」「内服薬」などで重い症状のイボ痔が劇的に改善されることはありません。ただし、初期段階のイボ痔であれば、一定の効果があると言えるでしょう。特に軟膏や坐薬は、どちらも薬の成分が肛門周辺の粘膜をカバーして、排便の際に便が肛門を通るときの影響を抑えながら、患部に対して腫れや炎症を緩和するような作用をするので、イボ痔の症状によっては効果をもたらすこともあります。

薬を使用するときの注意点・安全性

最後に、ここまでに述べてきたような「イボ痔」の薬を服用する際に気をつけるべき点について、ご紹介しておきます。

用法を守る

これは「イボ痔」の薬に限った話ではないですが、病気の治療を目的として薬を服用する場合には、必ずその薬の用法・用量を正しく守るということが大切です。病院で処方される薬は、当然のことながらその患者を実際に診察し、その症状や生活環境などを踏まえたうえで、患者にあった成分が配合された薬を処方しているわけですから、指示通りに服用しなければ効果がないどころか、場合によっては逆効果になってしまうことも起こりえます。また、ドラッグストアなどで購入できる市販薬は一般的な痔の症状に合わせた成分が配合されており、病院で処方された薬に比べると人によっては効能が劣ることも考えられますので、最大限の効果を得るためにも、必ず用法を守るようにしましょう。

効果がなければ必ず受診を

市販薬は、先にも書いたとおり医師がその患者の症状などに合わせて処方した薬とは違い、汎用的な成分のみで構成されています。また、市販薬の中には、炎症や化膿が見られるイボ痔では副作用があったり、症状を悪化させる可能性のある「ステロイド剤」が配合されたりしたものもあります。したがって、自分の体に合わない危険性も高いため、市販薬を2週間ほど使用しても効果がなかったり悪化したりするように感じられる場合はすぐに使用するのを止め、病院を受診するようにしてください。また、繰り返しになりますが、薬を使った治療が効果を発揮するのは、軽度のイボ痔だけです。痔核が外に出てしまっているような場合は、必ず病院で治療を受けましょう。

正しく保管する

薬は使い方と同じく、保管方法にも気をつけなければいけません。まず、高温・多湿な環境は薬の保管場所として適していません。直射日光も薬に悪い影響を与えますので、涼しくて、寒暖の差があまりない場所に保管するようにしましょう。また、坐薬は肛門に挿入したあと、体温で中の成分が溶け出してしまうほど高温には弱い薬ですので、できれば冷蔵庫で保管するようにしてください。さらに、薬にも使用期限がありますので、それを過ぎてしまっているものは使わないでください。たとえ期限が切れていなくても、色・においが変わっていたり、乾いていたり油が浮いている状態のものも使用してはいけません。最後に、小さい子供や認知症の方がすぐに手にできる場所も避けるようにしてください。

今すぐ読みたい

ヘルスケア本