スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

痔ろうの原因とは

更新日:2017/04/09 公開日:2017/04/09

痔核の治療・手術法

肛門の疾患は、恥ずかしさもあって治療が遅れてしまいがちです。しかし、中には自然治癒せず手術の必要なものもあります。その一つが「痔ろう」です。ここでは、痔ろうの原因とメカニズムについてドクター監修のもと解説します。

痔ろうをはじめとする肛門の疾患は、男性も女性もかかりやすく生活習慣病の一つにも含まれます。この痔ろうは、特に男性がかかりやすいといわれますが、主な原因やメカニズムを考えましょう。

痔ろうとは

肛門の歯状線(しじょうせん)にある肛門陰窩(こうもんいんか)という部位があり、肛門小窩と呼ばれるくぼみがあります。痔ろうとは、このくぼみの中に、排便前の大腸菌などの細菌が入り込むことで、化膿して膿が溜まることが特徴の病気です。

しだいに、化膿して膿の溜まるこの症状がくり返され、膿が皮膚を破ることでトンネルのように貫くことがあります。膿の排出した部位の傷はふさがりますが、一度発生したトンネルは消滅しません。膿が排出されると痛みや腫れが一旦引きますが、症状が落ち着いても完治したわけではないことがあります。いずれまた、痛みや腫れが再発してくることもあり、この症状を放置してしまうとまれに癌化することもあるので注意が必要です。

痔ろうの原因について

痔ろうの原因として考えられるのは、下痢になりやすいことや便秘がちで、排便時にいきむことをくり返す場合です。また、肛門陰窩のくぼみが深く細菌による膿が溜まりやすいなどの体質が関係している場合があります。そして、身体の免疫力が低下するときには肛門内にも影響があります。免疫力が低下する原因は、疲労やストレスも関係していますが、考えられるのは以下の点です。

  • 下痢になりやすい

歯状線には、ギザギザした肛門陰窩のくぼみがあります。下痢になりやすい人は、この小さなくぼみに細菌が溜まって膿が溜まりやすいため痔ろうになりやすいといわれます。

  • 便秘がちの場合や排便時にいきむ

便秘になりやすい人や便を出そうといきむクセがあると、肛門に負担がかかるのは痔ろうになりやすいといわれます。肛門括約筋の力は男性の方が強いため、いきむクセがあるのも男性に多いといわれます。

  • 肛門陰窩が深い体質

もともと肛門陰窩が深い体質の場合は、細菌が入りやすく痔ろうになりやすいかもしれません。

  • 長時間同じ姿勢

デスクワークで毎日のように長時間座りっぱなしである場合や、仕事で常に立ちっぱなしというときは、肛門の周辺の血の流れが悪くなり痔を誘発することがあります。

  • 肛門に力の入るスポーツや冷え

ゴルフや乗馬などのスポーツは、肛門に力が入り力むことがあります。また、ウィンタースポーツも汗をかいたあと、急激に冷えたりしやすいので注意が必要です。さらに、釣りで座っているときも、おしりや腰回りが冷えやすいため用心することが必要でしょう。

  • 疲労やストレスによる免疫の低下

ストレスや疲れを溜めすぎると、身体の免疫力が低下し抵抗力が弱まります。そのため、肛門内の抵抗力も低下するため、細菌によって化膿しやすくなることがあります。

  • ウォシュレットなどの使用

ウォシュレットなどのシャワートイレを利用する際、シャワーのパワーを最強で洗うと、肛門の中に水が逆流してしまい、下痢をしたときの症状と同じ状態になることが推測されていますので、なるべくパワーを弱で洗うようにしましょう。

痔ろうが発生するメカニズムについて

痔ろうを含め肛門の疾患は、単純なものや複雑なものなどタイプもさまざまです。なぜ、そのような症状が起こり、膿がたまってしまうようなことが起こるのかについて考えましょう。

通常の便の硬さで発生することは少ないと思われますが、下痢をしたときは肛門小窩のくぼみに大腸菌や便の中の細菌が入ることがあります。肛門陰窩のくぼみに膿が溜まるのは、細菌感染を起こしたということになるわけです。その細菌の入った場所が、毛穴や皮膚であれば「おでき」になりますが、肛門小窩のくぼみに溜まったり感染したりすれば、痔ろうの原因になりかねません。

炎症が進行すると、化膿して肛門周囲に膿がたまり始めます。次第に、肛門の外から触れてしこりがあるのがわかるようになり、これを「肛門周囲膿瘍(こうもんしゅういのうよう)」と呼びます。ときには激しい痛みもあり、腫れて目立ってくるので、このタイミングで病院に行く人もいらっしゃいます。

病院では、切開して溜まった膿を排出し、痛みを抑える治療が行われます。初期段階の軽度な痔ろうは日帰り手術で治療することができますが、重度の場合は入院が必要になることもありえます。また、放置しておくと癌化することもあるため、肛門周辺に痛みや腫れを感じたときや、おしりから膿が出た場合や高熱が続くときなど、早めに医師にチェックしてもらうことが大切でしょう。

ヘルスケア本