スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

痔ろうになっても自然治癒は可能?

更新日:2018/05/22 公開日:2017/04/09

痔核の治療・手術法

痔をはじめ肛門の病気に悩まされている人は、男女を問わず多いものです。「痔ろう」は、「イボ痔」「切れ痔」と並んで肛門の代表的な疾患です。治療法が他の痔とは大きく異なる痔ろうについて、ドクター監修のもと解説します。

「痔」の定義にはいろいろありますが、広い意味では「肛門になんらかの症状があり、かつ悪性ではないもの」と考えられます。「痔ろう」は、「イボ痔」「切れ痔」と並んで肛門三大疾患と呼ばれています。

痔ろうとは

下痢をしたときや免疫力が低下しているときに、便の中にいる細菌が肛門にある肛門陰窩(こうもんいんか)と呼ばれるくぼみに侵入することで感染し、菌が増殖していくと炎症を起こして化膿してしまいます。化膿巣が広がり大きくなると、肛門の外から触れても膿がたまっていることがわかります。このような状態を「肛門周囲膿瘍(こうもんしゅういのうよう)といいます。激しい痛みとともに38度以上の高熱が出ることもあります。膿が出てしまえば痛みは取れ、症状は落ち着きますが、傷口の奥はトンネルのように貫通しています。これが痔ろうです。

痔ろうは自然治癒するの?

膿が出たあとに皮膚の傷がふさがったとしても、一旦できたトンネルはなくなることはなく、痔ろうが治ったわけではありません。したがって、そのトンネルがあるかぎり、感染をすると膿がたまり、痛みや腫れをくりかえすことになるのです。痔ろうは再発をくりかえしていると複雑化していきます。膿の通り道としてできたトンネルを取り除かないかぎり痔ろうは治りません。したがって、痔ろうと診断されると、必ず手術が必要になるのです。痔ろうの疑いがある方は、早めに専門医を受診し、適切な治療を受けることが大切です。

病院での診察の流れ

痔ろうは必ず手術が必要な病気であるために、専門医は慎重に検査を行い診断します。確実に診断ができるまで、いくつかの検査をして経過観察を行います。

問診

肛門科を受診される方は、肛門周囲に腫れや痛みがあったり、膿で下着が汚れたりするなどの理由が多いのですが、問診では症状が始まる以前の生活についても質問されます。疲労やストレス、風邪(かぜ)や下痢などの体の状態や日常生活の様子が肛門周囲膿瘍の診断には重要な手がかりとなるのです。医師にくわしく話すことが大切です。

視診

肛門周囲の腫れの具合をドクターが目で見て確認し、調べます。腫れて皮膚のシワがなくなってしまっていることもあります。二次口ができ、そこから出ている膿を確認できることもあります。

指診

人さし指を挿入して、前後左右に回転させながら肛門管を圧迫し、痛みや二次口からの膿の状態、肛門括約筋(こうもんかつやくきん)の緊張の程度を調べます。肛門周囲膿瘍がある場合には、肛門括約筋の緊張が弱くなります。

双指診(そうししん)

痔ろうを診断するうえで有効な診察に双指診があります。右手の人さし指と親指で肛門の内側と縁をはさみ込んで、腫れやしこりの状態を調べます。また、左右の人さし指を使い、二次口と肛門の間を触れていくと、膿の通り道であるトンネルが確認できることもあります。トンネルの確認により、最初に細菌が入り込んだ部位が推定できます。

肛門鏡診(こうもんきょうしん)

激しい痛みがある際には肛門鏡を挿入することができませんが、挿入できたときには肛門鏡診を行います。それにより裂肛(れっこう)や内痔核(ないじかく)があるかどうかや膿の状態を調べます。また、肛門鏡を挿入した状態で二次口から細い管を挿入することにより、原発口の部位が特定できます。これで確実に痔ろうと診断できます。

病院ではどのような治療をするの?

痔ろうの治療には必ず手術が必要になりますが、すべての痔ろうが同様の手術になるのではありません。痔ろうは、その状態によりI型~IV型に分類されます。括約筋(かつやくきん)には触れない浅い痔ろうは皮下痔ろうと呼ばれ、「I型痔ろう」に分類されます。筋肉を深く巻き込むほど分類上、数字が大きくなります。つまり、治療においても簡単なものから難しいものまで多様化しているといえます。浅い痔ろうは簡単な手術ですみ、術後の痛みも少ない場合が多く、後遺症もほとんどありません。ただし、重要となる分類型の診断は難しく、専門医を受診することが強く望まれます。

手術法は、浅いものと深いものとで異なります。浅い痔ろうには「開放術式」と呼ばれる手術が行われ、これは再発を起こさないことが重視されています。そして、深い痔ろうには「括約筋温存手術」が行われ、主眼は括約筋の機能を残すことに置かれています。

開放術式は、痔ろうのトンネル自体を切り開きます。そのために、手術をすれば再発はしません。したがって、これは非常に優れた手術なのですが、巻き込まれた筋肉も開くことになってしまうので、浅い痔ろうのみに可能な手術です。

一方、括約筋温存手術は、痔ろうをくり貫く手術です。くり貫いたところを縫い合わせ、細菌が入らないようにその上に粘膜をかぶせます。痔ろうをくり貫くといっても、全部をくり貫く場合や途中までにする場合などさまざまです。また、くり貫いたあとが非常に大きい場合には、他の組織を埋め込むなどの方法がとられます。このように、痔ろうの状態に合わせていろいろな方法が選ばれます。

しかし、なんらかの理由で一度の手術ではうまくいかないこともあります。そうなれば、次の治療を進めることが必要になります。手術後の経過観察や早期の判断が重要です。

痔ろうは、深いものでは手術に入院が必要になることもありますが、浅いものでは入院する必要はなく日帰りが可能です。痔ろうが疑われる場合には、早期に専門医を受診することが大切です。

今すぐ読みたい

ヘルスケア本