スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

切れ痔?お尻から出血した場合

更新日:2018/05/22 公開日:2017/04/09

痔核の治療・手術法

お尻からの出血は切れ痔が原因のひとつですが、痔だけではなく内臓からの出血も考えられます。今回は出血の原因を見分ける方法や、その対処法、出血をともなう病気の種類について、ドクター監修の記事でお届けします。

排便後にトイレットペーパーに血液がついていると、すぐに頭に浮かぶのは「痔」だと思いますが、実は内臓の疾患が原因で出血しているケースもあります。自分で見分ける方法や、出血の際の対処法を見てみましょう。

お尻からの出血。これって痔?

便を出してトイレットペーパーでお尻を拭いたときペーパーに血液が付く時がありますが、その場合は痔を患っている可能性が高くなります。しかし、お尻からの出血は痔だけが原因とはいえません。腸が炎症している、腫瘍やポリープができている、といった内臓の病気が原因でお尻から出血することもあるのです。

そのため、お尻からの出血だからといって一概に痔だと決めつけてしまうのはよくありません。他の病気を進行させてしまうおそれがあります。

肛門からの出血か腸からの出血か見分ける方法

お尻からどのような出血があったのか、便の様子はどうだったのかで、痔が原因なのか腸からの出血なのかを見分ける方法があるのでご紹介します。

痔が原因の出血

トイレットペーパーに付いた血液が鮮血(真っ赤な色)であったり、ポタポタと出るような場合は痔(イボ痔や切れ痔)の可能性が高くなります。便を観察して、血液が筋のように便に付着しているときも痔が原因だと考えることができます。

腸が原因の出血

腸に炎症があったり腫瘍ができていたりする場合、粘液や黒みを帯びた血液と便が出ることが多くなります。食道や胃など上部消化管から出た血液は胃酸と反応して黒くなります。

お尻から出血があった場合の対処法

お尻から出血が見られた場合、すぐに流さずにまずは詳細に血液や便を観察することが大切です。トイレットペーパーに付着している血液の色を確認して、出血する以前と同じような黄色や茶色の便になっているのかを確かめてください。

血液や便の様子がいつもと違う場合は、病院を受診しましょう。お尻からの出血がひんぱんで慣れてしまっている人、以前に痔だと診断された人も出血を甘く見ずに受診することが大切です。

お尻から出血がある場合に考えられる病気

お尻から出血があるときに考えられる病気の種類や症状をご説明します。

痔核(じかく):イボ痔

痔核(じかく)は一般的にイボ痔と呼ばれている症状で、イボのような出っ張りが肛門の内部にできてしまいます。この内側にできるイボ痔に神経は通っていないので自覚症状が少なく、ステージが進むにつれて排便時にイボ痔が肛門の外に出るケースが多くなります。肛門の外側に突然できてしまうイボ痔の場合は痛みが生じることもあります。

初期段階では排便時に鮮血が少しでる程度ですが、症状の度合いが進むにつれて便器を汚すくらいの出血をともない、貧血など日常生活に支障をきたすおそれがあります。

裂肛(れっこう):切れ痔

裂肛(れっこう)は肛門を伸縮させる部分が、硬い便や下痢を出す勢いによって切れてしまう症状です。排便の最中や後に痛みを感じ、出血が少し発生します。切れ痔をくりかえすことで肛門が狭くなり排便がスムーズに行えず痛みを感じる場合もあるのです。

痔瘻(じろう)

痔瘻(じろう)は肛門の横に穴が開いて膿が出てしまう症状です。肛門と直腸の境界には小さなくぼみがありそこに膿がたまる病気を「肛門周囲膿瘍(こうもんしゅういのうよう)」と呼び、進行した病気が痔瘻です。排便以外で熱や痛みを感じることがあります。

大腸ポリープ

さまざまな形のポリープができる病気です。出血することはあまりなく、痛みなどの症状を感じることも少ないようです。

虚血性大腸炎

腸管の血管が循環障害になり、便秘や動脈硬化が起こることで発生する病気です。出血もありますが腹痛や下痢が生じることもあります。

潰瘍性大腸炎

大腸粘膜にびらん(ただれること)や潰瘍(かいよう)ができる病気で、原因を特定することが難しい疾患になります。血液が混じった軟便や下痢が続き、便の出が悪かったり、腹痛や微熱をともなったりすることが多くなります。

感染性腸炎

ペットや食物から病原体を持った細菌に感染し、下痢、腹痛、出血などが発生します。海外旅行など外国へ渡航した際に感染するケースも多い病気です。

薬剤性出血性腸炎

何かしらの病気の治療のために投与された痛み止め、抗生物質、消炎鎮痛剤が原因で、腹痛や出血が生じる病気です。下痢をともなうこともあります。

憩室症

腸管の中に小さい袋状の空間ができ、そこから出血する病気です。

クローン病

疾患の原因がはっきりしておらず、出血や腹痛、下痢、発熱などの症状が見られます。また、痔瘻の症状が現れるケースもある病気です。

大腸癌

大腸に癌を患うことで、ガスや便が出づらくなりお腹が張る、便が細くなるという症状が発生します。血便をともなうことがありますが、すべての大腸癌に血便が見られるわけではありません。

今すぐ読みたい

ヘルスケア本