スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

離乳食完了期はいつ?満1歳からの離乳食の与え方

更新日:2017/04/07 公開日:2017/04/07

離乳食

離乳食完了期は、離乳食の最後期にあたり卒乳に向けた準備期間ともなります。適切な方法で赤ちゃんがすこやかに成長できるように、完了期の特徴や食べる量、食材についての注意点をドクター監修の記事でお伝えします。

食事の回数も大人と同じようになるといよいよ離乳食完了期に入ってきます。完了期がどのような特徴を持った時期であるのか、また食べる量や食材、与え方について注意点とともに解説します。

離乳食の完了期とは

離乳食の完了期とはどの時期を指し、どのような特徴を持つのでしょうか。

満1歳頃から1歳6か月頃までが目安

一般的にはこの時期が離乳食完了期とされています。卒乳という意味合いではなく、栄養の大部分を母乳・ミルク以外の離乳食からとることができ固形の食べ物を噛みつぶせる状態となります。9か月、10か月の段階で食事の回数を1日3回に増やすことが多いですが、それが習慣として定着しているか、歯ぐきでの押しつぶしの食べ方が上手くできているかを判断して完了期に移行しましょう。

好き嫌いが出てくる

食べにくいものを避けるなど、好き嫌いも出てくる時期です。嫌いな食材がある場合は諦めず、形や味を変えて出してみると慣れていく場合もあります。

離乳食完了期の赤ちゃんの食べる量・回数

完了期に必要なエネルギー・栄養から食べる量と回数を解説します。

必要な栄養量は大人の1/3

動きも活発になり発育も早いこの時期、必要な栄養量は大人の1/3程度となります。体の大きさの割に多く感じるかもしれませんが、すこやかな成長のために過不足が起こりすぎないように意識しましょう。

1日3回の食事と2回程度の間食を

引き続き朝昼晩と1日3回の食事をとりますが、1度の食事で食べられる量はそれほど多くありませんので3回の食事だけでは大人の1/3の栄養量には不足しがちになります。そこで、食事の一環として1日2回の間食を与えます。いわゆる嗜好品のお菓子ではなく、おにぎり、いも類、牛乳や乳製品など食事でとりきれないものを補助的に間食で補う形が理想的です。間食の時間によっては食事を食べなくなることもありますので、1回に100~200Kcalを目安にして食事の2時間前には終わらせるようにしましょう。

間食の際にはしっかりと水分を与えた方がよいですが、甘いものばかり与えると飲みすぎになってしまいます。甘くない飲み物を飲む習慣をつけておきましょう。

離乳食完了期の赤ちゃんにおすすめの食材と調理法

消化器官や内臓の発達により少しずつ食べられるものも増えていきます。この時期に摂取したい食材について解説します。

柔らかめのものから段階を踏んで

1歳の段階では、噛める硬さは9か月、10か月時期と大差はありません。奥歯が生え揃うまでは指で力を入れて潰せる程度の硬さを目安にするとよいでしょう。しかし、少しずつ噛みつぶす力も強くはなりますので大人の食べるものから柔らかめのものをあげることもできるようになります。

牛乳をとり入れる

牛乳はこの時期からがよいでしょう。間食に温めた牛乳を飲ませるのもよいですし、ほとんどの野菜を食べることもできますのでじゃがいもかカボチャに玉ねぎを加え、バターと牛乳で味付けしミキサーにかけたスープもおすすめです。

卵や卵製品は徐々に

卵や卵製品に関しては順を追って慣れさせていきましょう。タマゴボーロやカステラを少しずつ与え、問題がなければよく火を通したタマゴスープを与えます。問題なく食べるようであれば卵焼きやゆで卵など卵そのものを食べることもできますし、茶碗蒸しなどメニューにとり入れることもできるようになります。ただし、卵にアレルギーのある赤ちゃんはショックを起こしたりする場合もあるので、異常がある場合は必ずドクターに相談しましょう。

さまざまなタンパク源を摂取する

白身魚や赤身魚、鶏のささみ、脂肪の少ない部位のひき肉、豆類や豆製品など幅広い食材を使いましょう。まだ硬いものは噛みきれませんので魚や肉は煮込むなど柔らかく食べられる調理を心がけましょう。

お粥から柔らかいご飯へ、小麦粉もOK

後期ではお粥を与えることが無難ですが、完了期になると柔らかく炊いたご飯に慣れさせていってもよいでしょう。小麦粉も少しずつから慣らして、大丈夫そうであればうどんやパンを主食にとり入れるとメニューのバリエーションも広がります。

味が濃くならないように気をつける

少しずつ発達しているとはいえ、まだまだ大人の内臓と比べると未成熟です。よって味つけには注意を払い、薄味に仕上げることに努めましょう。大人の食べ物や市販品を与える場合は水洗いして塩分を落としたり、汁物は水を足したりなどの工夫が不可欠です。濃い味つけで育つと濃いものを好むようになりますので、赤ちゃんの体のために濃くならないよう気を配りましょう。

完了期における離乳食を与えるときの注意点

離乳食を食べさせるうえで気をつけるべき点について解説します。

アレルギーに注意する

食物アレルギーがある場合もあります。はじめての食材を与える場合は必ず少しずつから様子を見ましょう。ナッツ類や蕎麦はショック死の報告も多く、避けるべきでしょう。果物は積極的にとるべきではありますが、キウイ、パパイア、マンゴー、メロンといった果物は喘息を起こす危険性もありますので同様に避けるほうがよいでしょう。

アトピー性皮膚炎を発症する赤ちゃんも近年増えていますが、卵白や牛乳のアレルギーが原因となる場合も多いとされます。何か影響があるようでしたら食べさせるのをやめてドクターに相談することをおすすめします。

しつけや食事マナーを意識し始める時期

食べながら遊ぶ行動がみられる時期でもあります。特に間食の際にダラダラと食べさせてしまうと次の食事に影響が出るだけでなく、偏食を助長させたり虫歯のリスクも高まったりするうえ、適切な食習慣を身につける面でもマイナスです。時間を決めてメリハリをつけたいものです。

手指の機能的に食器の扱いがそれほど上手にはならず、手づかみで食べることが多くなりますが、これは自発的な食事行為や手指と口の連動性の発達のために重要な行為です。その部分はゆっくりと見守るべきところですが、食事中に遊び始めたり立ち上がったりしないといった部分や食前食後のごあいさつなど、食事マナーをしつけ始めてよい時期でもあります。

赤ちゃんをよく見守りながら食べる食材を広げていき、食習慣の基礎を身につけていくことでスムーズな卒乳を目指していきましょう。