スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

かかとの水虫の原因と正しいケア方法

更新日:2017/08/16 公開日:2017/03/31

水虫のよくある疑問

水虫はかかとにもできますが、かかとの水虫は厚い角質がひび割れて乾燥したように見えることなどもあって、水虫ではないとセルフチェックする場合があります。今回は、そのかかとの水虫についてドクター監修の記事で解説します。

足にできる水虫は、指の間、足の甲など、かゆみをともないうっとうしい病気ですが、かかとの水虫はさほどかゆみもともなわないケースが多いといわれています。しかも、厚い角質がひび割れて乾燥したように見えるため、水虫ではないとセルフチェックする場合があります。今回は、そのかかとの水虫について解説します。

かかとにできる水虫の原因と症状

足指の間などにできるほかの足水虫と比べて、かかとにできる水虫はやっかいだとされています。かかとの水虫の場合、まず、水虫を発症させる白癬菌(はくせんきん)と呼ばれるカビが、足指などから厚く生成された角層の奥へ感染を広げます。そして、最終的にはかかとの厚い角層の深くにまで感染し水虫を発症させるとされていますが、かかとの水虫がやっかいなのは、症状が現れてもかゆみをともなわない場合が多く、見た目には単に角質がひび割れて乾燥しているだけのように見えることです。

そのため、罹患者はかかとに水虫が発症しているにもかかわらず、それを水虫とは思わず治療をしない場合があるとされています。結果的に、放置されたかかとの水虫は症状が進み、爪水虫のようなより重症な水虫へと移行してしまうケースがあるので注意が必要です。爪水虫まで症状が進んでしまうと、短期間での完治は難しく、短くても半年に亘る長期の治療が必要になってくるといわれています。

ですから、かかとの角質が乾燥しひび割れたような状態になった場合には、たとえかゆみをともなっていなかったとしてもかかとの水虫を疑ってみる必要があるでしょう。そして、すみやかに医療機関でのチェックを受けることをおすすめします。

かかとにできた水虫のケア方法

かかとの水虫の治療には、医療機関での治療と自宅でのセルフケアを並行して進める必要がありますが、以下にそれぞれについて説明します。

医療機関による治療

かかとの水虫の場合、厚い角質の処理が課題になります。治療には塗り薬などの外用薬を使うのが一般的ですが、厚くて硬い角質に阻まれて薬が患部にまで浸透しない場合があり、まずはこの角質を柔らかくする処理が行われます。それには尿素配合剤が使われます。そして、この治療で大切なポイントは、「継続」ということになります。つまり、ドクターの指示通りの処方に沿って、完治するまで薬を使い続ける必要があるということです。

セルフチェックにより途中で中断したり、中止したりすると再発するおそれがあるため、完治したとのドクターのチェックがあるまでは、薬による治療は継続することが肝心です。

自宅でのセルフケア

早期に水虫を完治させるためには、自宅でのセルフケアも欠かせません。その際にポイントになるのが「清潔に患部を保つ」ということです。その狙いは水虫の原因菌である白癬菌の増殖を抑えることなので、清潔に患部を保つことは治療の前提になります。たとえば、雨に濡れたまま患部を放置するなどということは、白癬菌の増殖環境を作り出すことにもなるので、そのような場合には拭き取るなどしてなるべく患部が乾燥するように配慮する必要があります。

塗り薬の場合、薬を塗るタイミングとしてベストなのは風呂上がりだといわれています。その際、患部はもちろんその周辺にもなるべく入念に薬を塗ることが大切だとされています。というのも、白癬菌は患部ばかりかその周辺にも広がっていることが考えられるため、薬は油断なく塗る必要があるからといわれています。

かかと水虫の予防法

かかと水虫は白癬菌による感染症なので、予防としては感染が広がらないような配慮をすることが大切です。そのポイントをいくつか以下に紹介します。

生活環境に気をつけて感染を防ぐ

仮に、家族の一人が足水虫にかかっていたとした場合には、畳の間、フローリングのいずれでも床を介して水虫に感染する危険性があるため、床は常に清潔に保つよう心がけるとよいでしょう。また、足水虫の方の家族も、皮膚科を受診し、足水虫がいないかどうかチェックしてもらうとよいでしょう。

まめに履物を取り替えて再感染を防ぐ

治療によって、せっかく患部の白癬菌の増殖が抑えられていても、白癬菌が残っていて増殖している可能性のある靴などを履くと、再び白癬菌の増殖が促されてしまう可能性があります。ですから、履物はなるべくまめに履き換えるとよいでしょう。

たかが水虫と軽く考えず、必ず治療を

水虫はありふれた病気として軽く考える人もいるかもしれません。かかと水虫の場合、とくに症状としてかゆみが出ることが少ないため、それを水虫と認識しないで治療を怠るケースもあるといわれています。しかし、重症化すると爪水虫にも移行して日常生活にも支障が出る可能性があり、さらに、爪水虫を発症してしまうと完治させるまでに半年という長い治療期間を要することにもなるので、軽く考えず医療機関によるチェックを受け水虫と分かったら必ず治療することをおすすめします。

ヘルスケア本