スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

水虫の治療で処方される水虫薬「ラミシール錠」の効果と副作用

更新日:2017/08/16 公開日:2017/03/31

水虫のよくある疑問

塗り薬では症状の改善が見込めないときに使用される水虫薬には飲み薬があります。そのひとつが「ラミシール錠」です。ドクター監修の記事で、水虫の治療に用いられるラミシールの効果や副作用について、詳しく解説します。

ブーツやパンプスなどの蒸れやすい靴、ストッキングやタイツなどの通気性の悪いファッションなどによって水虫を発症してしまうという女性も増えているといわれています。一度なると他の部位へ広がるだけでなく、バスマットやスリッパなどを介して他の人へ感染する可能性もあり、早めの治療が大切です。今回は、水虫の種類によって使い分けられる飲み薬の「ラミシール錠(薬剤名)」についてと、知っておきたい受診のタイミングについてご紹介します。

ラミシールとは

そもそも水虫は、「白癬菌(はくせんきん)」といわれるカビの一種が皮膚の角質層に入りこみ、増殖しながら寄生することで水虫の症状を引き起こします。水虫に感染している人のはがれ落ちた角質の中にも生息しており、それと接触をすることで白癬菌が足の裏や側面などに付着します。ただ、付着しただけでは発症しないといわれています。しかし、白癬菌が付着したまま皮脂や汗などで感染しやすい環境を作ると、傷ついた角質などから皮膚の中に入りこんで発症させてしまうため、条件がそろうことでヒトからヒトへ感染すると考えられています。

このように皮膚から入ってくる水虫は、塗り薬での治療をイメージされる方が少なくありません。しかし、水虫といっても多種多様でその治療に使用される水虫薬もさまざまな種類があります。「ラミシール」はそのひとつです。

水虫に有効とされる働き

ラミシールの主な働きは、水虫の原因菌である白癬菌の増殖を抑える働きがあります。さらに、殺菌作用もあるとされています。ラミシールの水虫薬は、クリーム状の塗り薬をはじめ、飲み薬やスプレーなど、症状に合わせて選べるよう、さまざまなタイプがあります。

水虫薬のタイプとその特徴

水虫の患部へ直接塗布するタイプの水虫薬は、一般的な足の皮膚などにできる水虫の治療に対して処方されるケースが多いとされています。使用方法としては、症状が出ている部分だけでなく、その周辺にも塗るようにしましょう。それは、症状が出ていなくても菌が寄生している場合があるためです。飲むタイプの水虫薬は、塗り薬では改善されにくいといわれている爪にできる「爪水虫」や「角質増殖型」、水虫が広範囲に広がっている場合などの治療に用いられることが多く、身体の中から水虫の原因菌にアプローチすることが可能といわれています。

ラミシールの副作用について

ラミシールも他の薬のように、副作用が現れることがあります。正しく使用するうえでも知っておきたい副作用や、服用するうえでの注意点をご紹介します。

患部に塗るタイプにも副作用がある

錠剤を服用するよりも副作用が少ないとされていますが、ラミシールを患部に直接つける塗り薬やスプレータイプでも副作用があるといわれています。主な症状は、皮膚の赤みや刺激、かゆみなどです。

ラミシール錠の主な副作用

ラミシール錠を服用することで起こるとされている副作用は次のとおりです。

・胃の不快感や膨満感

・肝機能障害

・吐き気

・頭痛、腹痛

・めまい

・食欲不振、味覚の異常

・発疹、乾癬様発疹(かんせんようほっしん)

・紅斑(こうはん)、多形紅斑

・顔のむくみ、リンパ節腫脹

これら以外にも、蕁麻疹(じんましん)や水疱性皮膚炎(すいほうせいひふえん)を引き起こすこともあります。錠剤も塗り薬も、なにか異常が現れたら服用を中止し、かかりつけのドクターに相談しましょう。

飲み薬を服用するときの注意点

塗り薬では届きにくい場合に使用されるケースが多い飲み薬ですが、服用できない人がいます。ラミシールは肝機能に影響を与えることがあり、肝臓の持病がある方や過去に治療歴がある方、高齢の場合は、副作用を起こす可能性が高いといわれています。また、日常的に服用している薬がある場合は相互作用の心配があります。妊娠の可能性がある女性や妊娠中の方も胎児への影響が心配されることから、別の方法で治療するケースが多いといわれています。

これらに該当する場合は、飲み薬を処方しないことが多いとされています。誤って処方されないためにも、受診の際にはドクターへ申告するようにしましょう。

受診のタイミング

水虫以外の皮膚の病気の可能性もあるため、水虫と自己判断して市販薬の水虫薬を使用し続けてしまうのはよくありません。皮膚の疾患を悪化させる可能性があるからです。もし、水虫のような症状が現れたら、医療機関を受診して検査を受けるようにしましょう。ただ、水虫は、専門医であっても問診や肉眼で判断するのは難しいといわれています。そのため、水虫の診断には「顕微鏡検査」などの検査が必要です。

水虫は、皮膚感染症のひとつです。ヒトからヒトへ感染する可能性が高いものですので、家族や他の人へ移してしまう危険性もあります。しかも、一度水虫になると水虫の種類によりますが、治療には多くの時間を費やすことになります。足水虫の場合は最低でも2か月程度、爪水虫であれば6か月ほど必要といわれています。無意識のうちに広めてしまわないためにも、かゆみや水ぶくれ、皮がむけるといった水虫の初期症状が現れたら、早めに医療機関を受診し、症状にあった薬を処方してもらいましょう。

ヘルスケア本