スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

足が臭い!水虫による臭いの原因と対処法

更新日:2017/08/16 公開日:2017/03/31

水虫のよくある疑問

靴を脱いだ瞬間に足の臭いが気になることがある、足の臭いの原因は水虫ではないかなどと足に悩みがある、そのようなとき、どのように対処したらよいのか、足の臭いと水虫による臭いについてドクター監修の記事で解説していきます。

気になる体臭の中で、わきの下と同じくらい気になるとされているのが足のにおいといわれています。なぜ足のにおいが発生するのか、水虫とにおいの関係とは、においに対しての対処法など足のにおいの悩みと水虫の関係について解説していきます。まず、足のにおいと水虫の関係についてみていきましょう。

足がにおいの原因は水虫のせいではない

水虫も足のにおいも原因として高温多湿と菌という条件が長い時間重なってしまうことがあげられるとされています。原因が似ていることから、足がにおうのは水虫だから、足がにおうから水虫になってしまうということではないと考えられています。どちらかと言うと、足がにおってしまう環境におかれているせいで水虫になってしまったということです。

においの原因は足の裏?

水虫の原因菌である白癬菌(はくせんきん)自体がにおいを発するわけではなく、足の裏が高温多湿の環境となることでにおいが発生してしまっていると考えられています。足の裏は、多くの汗腺があるといわれています。年中、靴下や靴などにより覆われてしまうことで汗で蒸れてしまい、菌が発生しやすい環境となることで菌が発生、繁殖しにおいを発してしまうとされています。

においと水虫が発生しやすい環境

汗により蒸れてしまった靴下や靴の中は、においだけでなく水虫にとっても発生条件となる高温多湿の環境です。そのため、足のにおいが気になってきたら、水虫が発生する可能性にも注意しなくてはならないといわれています。足の裏は、表皮は厚くなっており、ゆっくりと細胞が新陳代謝をするため、なかなか角質がはがれていかないとされています。この角質の皮脂やタンパク質は、菌にとって栄養源となってしまい増殖を促してしまう原因となってしまいます。

足のにおいが気になったときの対処法

足のにおいは、一旦気になると周囲が気になってしまうなどと落ち着かなくなってしまいます。気になったとき、

家の中だと対処しやすいですが、外出先などではすぐに対処することが難しく、なかなかケアができません。そのようなときでも、わずかな時間で対処することができる可能性があります。

対処法

においが気になったときに、除菌用シートでにおいの気になる部分を何回か拭いてください。靴は、汗が蒸れて菌が増殖、繁殖しないように中敷きを敷くときは、吸湿性のあるものを使用し、抗菌加工が施されているものを選ぶように心がけてください。靴は、できるかぎり交代で毎日何足か履くようにしてください。靴を履いているときや帰宅後は、アルコールが入っているシートで中敷きを丁寧に拭き、最低でも2から3日ほどは乾燥させるように意識してみてください。

靴下

靴下は、指同士がくっつきにくいとされる5本指のものがにおいの予防になるといわれています。靴下の素材

として麻や絹、綿などの吸湿性、吸汗性の高いものがよいと考えられています。そして、外出後は足を必ず洗うようにし、清潔さを保つよう心がけてください。

女性が気をつけること

ストッキングやパンプスを履いて長時間過ごすことが多い女性は注意してください。靴下以上にストッキングは、吸湿性が低いため、とても蒸れやすいといわれています。ストッキングを履いて長時間過ごすことがある場合は、消臭効果のある中敷きを敷くようにしてください。もし、ストッキングが脱げる環境であったら、できるかぎりでいいのでストッキングから靴下に替え、パンプスなどの靴をサンダルのような通気性のよい履き物し通気性をよくするように心がけてください。

避けること

・毎日8時間以上同じ靴を履く

・中敷きを長期間取り替えない

・入浴時のみしか足を洗わない

・パンプスやブーツを多く履く

など上記にあげたことはできる限り避けるようにしてください。

水虫は早めの治療を

水虫は、早めに正しく治療を行わなければ、周囲の人々にもまたたく間に広がってしまう可能性のある病気とされています。誰にでも感染する可能性があるため、水虫を正しく治療し、できるかぎり早く完治できるように努めるようにしてください。

水虫の治療

水虫が完治するためには、正しい治療を行わなければなりません。正しい治療を行う方法として2つのポイントをあげます。まず、1つ目は専門のドクターに診察してもらい、指示通りに治療を行うこと、2つ目は、殺真菌作用がある薬を正しく使用するようにしてください。

今すぐ読みたい

ヘルスケア本