スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

すそわきがとは?その原因や治療法

更新日:2017/11/26 公開日:2017/11/26

デリケートゾーンからニオイがでてしまうすそわきがですが、基本的な原因は、わきがと同じくアポクリン腺からの汗といわれています。ここでは、すそわきがの原因や治療法について見てみましょう。

すそわきがとは?その原因は何か

すそわきがとは、デリケートゾーンからわきがのようなニオイが発生する症状をいいます。医学的には、外陰部臭症ともよばれ、特に女性に多く見られるのが特徴です。そして、このすそわきがには、アポクリン腺という汗腺が関係しているといわれています。人間には、エクリン腺アポクリン腺という2つの汗腺がありますが、エクリン腺は全身に存在しており、体温調節などの役割を持っています。そして、このエクリン腺の汗はほとんどが水分と塩分からできており、基本的に無臭です。

一方、アポクリン腺から出る汗には、脂肪分やアンモニア、尿素などが含まれています。これが皮脂腺からの分泌物と混ざり合い、さらにそれが皮膚の常在菌によって分解されてしまうことで、ニオイを発生させてしまうといわれています。

アポクリン腺は、わきに多く存在しており、わきからニオイが発生するのが、いわゆる「わきが」となります。しかし、このアポクリン腺はわき以外でも、

  • 耳の中
  • 股間

などにも多く存在しており、特に股間のアポクリン腺が活発なことでニオイが発生してしまうのが「すそわきが」なのです。

すそわきがの特徴

すそわきがの特徴は、性行為時にニオイが強くなってしまうということです。もともと、人間が進化する以前には、ニオイが異性を惹きつけるための重要な要素であったといわれていました。つまり、アポクリン腺によって発せられる独特なニオイは、フェロモン的な役割を担っていたのです。しかし、その名残からか、現代においても興奮状態に入るとアポクリン腺の働きも活発になってしまい、ニオイがきつくなってしまうことがあります。

すそわきがになりやすい人の特徴

わきがや、すそわきがの原因には多くの共通点があります。先天的要因後天的要因があり、発症しやすい人には特徴があるのです。

わきが体質は遺伝する

アポクリン腺は、誰の身体にも存在します。しかし、その数が多くなるほど、わきがを発症する可能性は高くなります。アポクリン腺の数は、遺伝的要因が大きく関わっており、両親がわきがなら75%親のどちらかがわきがなら50%で子供もわきがになるといわれています。アポクリン腺の量が多ければ必ずわきがになるというわけではありませんが、もっとも大きな要因であることには間違いないでしょう。

ただし、わきがが遺伝しているかどうかは、子供が生まれてからすぐにわかるわけではありません。アポクリン腺は、思春期以降に発達していくため、幼い頃からわきがのニオイがするということはあまり考えられないからです。小学校高学年以降になってくると、徐々にアポクリン腺の働きも活発になっていき、ニオイも強くなっていくといわれています。

後天的要因では食生活がもっとも大きい

後天的要因によって、すそわきがが強められてしまう可能性もあります。特に影響が大きいといわれているのは食生活です。アポクリン腺から出る汗には、脂肪分やたんぱくが含まれているうえ、そのアポクリン腺からの汗が皮脂腺からの分泌物が混ざり合ったものがわきがの原因となります。そのため、普段から油分の多い食事ばかりとっていると、汗や分泌物の濃度も高くなってしまい、よりニオイも強くなってしまうのです。

すそわきがの治療法

すそわきがの治療法には、わきがと同じくアポクリン腺を取り除く手術や、ボトックス注射などがあります。ただし、デリケートな場所ゆえ、メスを使って切開する方法はそれほど主流ではありません。

電気凝固法

電気凝固法は、電気によってアポクリン腺を凝固させた後、焼却する方法です。毛穴に針を刺し、そこから電気を流すという方法で施術していきます。切開するわけではないため、傷口が浅くてすみ、痛みもほとんどありません。また、その後のダウンタイムも短くてすむのもメリットです。以前のすそわきが治療法では、この方法が主流でした。一度の治療ではなく、3か月ごとに数回の治療を行うことで、徐々にニオイを抑えていきます。

ビューホット

ビューホットは比較的最近登場した、すそわきが治療専用の機器を使った治療法です。毛穴に針を通し、そこから高周波の電気を流し込むことによってアポクリン腺を破壊していくのは電気凝固法と同じなのですが、ビューホットには器具自体に針がついているので、より広範囲への施術が可能となりました。そのため、何度も治療を受ける必要がなく、一度の治療で終わることが多いのもポイントです。治療時間も比較的短く、平均で20~30分、長くても60分ほどですみます。術後も安静にする必要はなく、翌日にはシャワーを浴びることも可能といわれています。

ボトックス治療

ボトックスは、ボツリヌス菌という毒を、人体に悪影響が出ないほどまでに薄めた薬です。筋肉を麻痺させる働きがあり、美容整形などでもシミやシワを目立たなくさせるために使われます。そして、すそわきがの治療では、アポクリン腺を麻痺させることでニオイを抑えていくという方法で使用されます。非常に手軽に行うことができる治療で、軽度のすそわきがなら十分に対応することができますが、重度のすそわきがの場合は、ニオイを抑えきれない可能性もあるのがデメリットです。また、ボトックスの効果は半年ほどで切れてしまうので、定期的な注射が必要となります。

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

カテゴリー