スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

体の中から紫外線対策!ビタミンACEレシピでインナーケアを

更新日:2017/05/17 公開日:2017/04/29

日常の悩み

紫外線対策にUVカット機能をもつアイテムをとり入れている方が多いのではないでしょうか。食べ物でも紫外線対策ができるようですので、インナーケアとしておすすめのビタミンACEを含む食材を使ったレシピをご紹介します。

紫外線対策や美肌作りにおすすめの栄養素はビタミンACEだといわれています。ビタミンをよりよく摂取するためにも、特徴を知っておきましょう。

ビタミンACEの特徴とは?

それぞれのビタミンには、水や熱に弱いもの、油を使用することで吸収がUPするといわれているものなど身体への吸収を効率よくするために適した調理方法があるようです。

それぞれの特徴は、ビタミンCは水溶性なので、水に溶けやすく熱に弱い性質を持っています。このため摂りすぎても、水に流れて排出されるのでマメに摂ることをおすすめします。また、AとEは、脂溶性なので油に溶けやすく熱に強い性質のため油を使った加熱調理に向いています。

引用:スキンケア大学

ビタミンACEを多く含むピーマン

ピーマンとピーナッツで作る1品です。ビタミンACEが豊富な食材のひとつであるピーマンは、料理にとり入れやすい食材ではないでしょうか?抗酸化力の高いビタミンEが含まれるピーナッツとの組み合わせると相性がよいようです。さっと茹でてあえるだけと手軽です。

材料

ピーマン…5個

ピーナツ…大さじ2

醤油…小さじ2

みりん…小さじ2

引用:スキンケア大学

作り方

1.ピーマンの種をとり、縦に千切りにする。

2.ボウルに砕いたピーナツ、醤油・みりんを入れよく混ぜる。(ピーナツは厚手のビニール袋に入れてすりこぎなどで叩くとよい。)

3.1のピーマンを熱湯にさっとくぐらせ、水気を切り、2に加え混ぜる。

引用:スキンケア大学

ビタミンACEを多く含むかぼちゃ

かぼちゃと豚挽肉で作るそぼろ煮です。かぼちゃはビタミンACEはもちろん、食物繊維や他の栄養バランスがよいといわれています。新陳代謝をよくし老化防止に適していることから、旬の夏に積極的に摂るとよいでしょう。

材料(2人分)

かぼちゃ1/4カット

豚挽肉150g

醤油小さじ2

酒大さじ2

みりん大さじ2

塩小さじ1/2

片栗粉小さじ2

引用:スキンケア大学

作り方

1.かぼちゃは皮を ところどころ剥いて、乱切りにする。

2.鍋に、水1カップ、豚ひき肉、醤油・酒・みりん・塩を入れてよく混ぜ、中火にかける。(※アクは丁寧に取る)

ほぐれたら、水1/2カップとかぼちゃを加え、落し蓋をして中火で10分ほど煮る。

3.かぼちゃがやわらかくなったら、水溶き片栗粉を加え、ひと煮立ちさせ、とろみをつける。

引用:スキンケア大学

旬の食材を意識して摂取しましょう

紫外線対策や日焼け後のケアとしてしっかり摂りたいビタミンACEは、美肌づくりにおすすめの栄養素だといわれています。年間を通して入手できる食材でも旬の時期には栄養素が高めのようですので、意識して摂取してみてはいかがでしょうか。

今すぐ読みたい

ヘルスケア本