スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

足のニオイが気になる!原因と対策は?

更新日:2017/09/14 公開日:2013/05/01

1日たっぷり働いたあとの飲み会や、お家デートでブーツを脱がなくてはならなくなったとき、どうしても気になるのが「足のニオイ」ですよね。20~30代の女性をターゲットにしたある調査によると、約9割の女性がなんらかの足の悩みを抱えていると回答。さらに、足の悩みにまつわるトラブルとしては「火傷」や「水虫」と並んで「足のニオイ」をあげる方が多くみられたそうです。

このように、足のニオイに悩む人は多くいます。自身でも不快に思うくらいですから、公共の場で恥ずかしい思いをしてしまった経験を持つ方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ここでは、そんな人に相談できない足のニオイについて、原因から対処法までをご紹介していきます。

足のニオイの原因

(1)汗と雑菌

足の裏には、汗を分泌する汗腺が多く分布しています。そして、人は1日に足の裏からおよそコップ一杯分の汗を排出しているといわれています。汗腺には、「エクリン腺」と「アポクリン腺」の二種類があります。「エクリン腺」から分泌される汗は体温を調節するための汗で、足の裏からも多く分泌されますが、汗自体は無臭です。一方で、「アポクリン腺」から分泌される汗にはニオイがあり、体臭の原因ともなります。このように、足の裏から分泌される汗は、大量ではありますが、それ自体が臭っているわけではありません。では、どうして足のニオイが発生するのでしょうか?

通気性の悪いブーツや革靴は、長時間履くことで内部が高温多湿になり、雑菌が繁殖しやすい環境になります。ここで大量の汗や角質をエサに雑菌が繁殖し、その代謝物が悪臭の原因となっているのです。

(2)食生活

食生活も足のニオイの原因となっていることがあります。脂っこい食事や刺激物、アルコール、ニラやニンニクなどを好んで食べる方は、体臭が強くなりやすく、足のニオイも強くなるようです。

(3)靴

靴自体に原因がある場合もあります。革製の靴など通気性の悪い靴では、分泌された汗が放出されずに内部にとどまり、常時雑菌が繁殖してニオイがこびりついてしまいます。靴のお手入れの一環として、靴の乾燥、消臭や殺菌が必要でしょう。

(4)自律神経失調症や水虫などの病気

自律神経失調症や、水虫などの病気が原因の場合もあります。自律神経失調症は、あがり症の方や、神経質な方は要注意です。

水虫(白癬菌)自体がニオイを発するわけではありません。しかし、足のニオイを発するほど高温多湿な状態は、同時に水虫も発症しやすい環境です。病気が疑われる場合は、ドクターに相談してみてください。

疲労やストレスも原因に?

体内から発生する「疲労臭」も原因の一つです。疲労臭は、不規則な生活やストレスから生まれるニオイです。それを防ぐには、十分な睡眠を取り、過食・過剰飲酒に注意するなど、生活習慣を見直しましょう。また入浴をゆっくり楽しむなど、リラックスし、ストレスを溜めないよう心がけてください。

足のニオイ対策

これらの原因を踏まえ、すぐにできる対策をご紹介します。

足の汗のニオイを抑える

足に制汗剤や足専用デオドラント剤を使用すると、ニオイを抑えることができます。

さらに、屋内であればスリッパやサンダルに履き替え、できるだけ靴を脱いだ状態を続け、足と靴を乾燥させるのもよいでしょう。

また、雑菌は酢のような酸性の環境に弱いため、殺菌効果のある木酢液入りの足湯を外出前と帰宅後に15分程度行うのも効果的です。

角質・足の爪のケア

足の裏のケアでは、ニオイの原因になる細菌の好物、古い角質を除去することが大切です。

  • 定期的に角質を落とす
  • 足の裏、指の間まで毎日きれいに洗う
  • 爪を短く整え、ブラシで優しく汚れを落とす

などのケアで、足のニオイの原因となる雑菌の繁殖を防ぐことができます。

足の裏と爪のケアについては『足の裏・足の爪の臭いを解消するフットケア方法』で詳しく解説しています。

靴下選び

足のムレを防ぐ対策として、足に直接触れる靴下の選び方がとても大切です。

まずは、ムレにくい靴下を選びましょう。綿にシルクやウールなどの天然繊維を混紡した素材は、吸湿・発散性のバランスに優れています。

また、ストッキングをはくときは、デオドラント効果のあるものを選び、外出先では1日に2~3回、ストッキングを履き替えることをおすすめします。これにより靴の中の湿度が下がり、防臭効果が高くなります。

靴の手入れ

(1)靴はローテーションさせ、陰干しを

靴の湿気を取り除き、清潔に保つことをも重要です。

普段履きの靴を2、3足用意し、毎日履き替えます。履かない日は、屋外の風通しがいい場所で靴を陰干ししてください。

(2)中敷を入れる

中敷きは、汗を吸収してくれます。特に「へちま」でできた速乾性に優れているものや、抗菌加工や緑茶成分が含まれるインソールを使用すると効果的です。中敷も靴と同様に日々ローテーションして使います。

(3)脱臭剤を使う

市販の脱臭剤を靴の中に入れるのもよいでしょう。また、自宅にある下記の物をガーゼや不要なストッキングなどで包み、靴の中に入れるだけで脱臭することができます。

防臭効果のあるおすすめアイテム

以下の素材には防臭効果があるといわれています。靴の中に入れておくのもおすすめです。

  • コーヒー(消臭作用)や緑茶(殺菌効果)の茶殻をレンジで乾燥させたもの
  • 重曹(消臭と除湿)
  • 10円玉(銅には防臭効果があるため)

足のニオイを防ぐ方法については

『靴を脱げない!足の臭いの原因と対策』もご覧ください。

足のニオイを対策しましょう

足のニオイがすると恥ずかしい思いをすることが多いです。足のニオイ対策にはさまざまな方法があります。もし、足のニオイが気になるのであれば対策をとり入れるといいでしょう。

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

カテゴリー