スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

セラミド配合美容液の正しい選び方・使い方

更新日:2016/12/15 公開日:2014/05/01

セラミド

セラミド配合化粧品の正しい選び方』ではセラミド化粧品の選ぶポイントについて解説していますが、今回はセラミド配合美容液の選び方を再確認し、さらにその使い方を紹介していきます。セラミド配合美容液は使い方によって保湿効果に差が出ることもあります。スキンケアに関する知識を深めて、上手な保湿ケアを行いましょう。

セラミド配合美容液の正しい選び方

セラミド配合美容液を選ぶポイントは、「種類」、「配合量」、「テクスチャー」などがあります。まずは含まれているセラミドの種類から見ていきましょう。

セラミドには大きく分けて「ヒト型セラミド(バイオセラミド)」「擬似セラミド」「植物性セラミド」「ミルクセラミド」などの種類があります。このなかで美容液は、保湿力が高く刺激の少ない「ヒト型セラミド(バイオセラミド)」が配合されているものはオススメですね。

特に最近ではナノ化され細かい粒子になったセラミドが開発されているので、より浸透力を重視したい場合にはそういったものを試してみましょう。

続いてセラミドの配合量についてです。セラミドは比較的高価な原料ということもあり、値段の安いものにはセラミドが微量しか含まれていないことがあります。

最後にテクスチャーについてです。毎日のケアで使うものなので自分好みのテクスチャーを選んで良いですが、肌荒れや敏感肌でしみる場合は水っぽいものよりも柔らかいクリームタイプが良いでしょう。

またセラミド単体で配合されているものよりも、肌のハリや弾力の強化、シワ対策に効果の期待できる「ヒアルロン酸」や、肌の酸化を防いでくれる「ビタミンC」が一緒に配合されているものを選ぶと良いでしょう。

セラミド配合美容液の正しい使い方

セラミド配合美容液は、次のように使うと効果的です。

化粧水をなじませた後、美容液を適量手にとり頬や額など顔全体にまんべんなくつけ、顔の中心から外側へと向かって顔全体になじませます。最後に手の平で30秒ほど顔を包み込むように当てて温めると、より浸透しやすくなるでしょう。ただし、くれぐれも必要以上に肌をこすらないようにしましょう。

またセラミド配合美容液は比較的高価であることが多いため、使うのがもったいなくて少なめに使いたくなります。しかし化粧品というものは、説明書に書かれている規定量をしっかりと守ってつけることで初めて効果が出るものです。正しく使うことで、セラミド配合美容液の保湿効果を最大限に高めることができます。

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

カテゴリー