スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

顔の脱毛・ムダ毛処理(4)鼻の下

更新日:2016/12/09 公開日:2014/07/01

顔の脱毛・ムダ毛処理(4)鼻の下

女性のオス化が起きている!

男性なみに働く女性が増えた現代、ストレスや環境ホルモンの影響によりホルモンバランスが乱れ、婦人科系の疾患を患う女性が増えたことが問題となっています。また、病気にまではならなくとも、ホルモンの乱れにより髪が薄くなったり産毛が濃くなってしまう、いわゆる“オス化(男性化)”現象が増えていることも話題となっています。

ストレスや環境ホルモンの影響以外にも、過度なダイエットや、更年期になって女性ホルモンの分泌が低下し男性ホルモンの働きが優位になることでも、ホルモンバランスは乱れてしまいます。

顔の中でも、とくに鼻の下などの口まわりは男性ホルモンの影響を受けやすい部分であるため、男性ホルモンの分泌が増えることで産毛(=髭)が濃くなりやすいのです。

鼻の下の産毛のお手入れ方法

鼻の下は凹凸があるため、T字型で大きめのカミソリだと剃りにくい部分です。そのため、カミソリでケアする場合は小さいヘッドのL字型カミソリが良いでしょう。しかし、慣れていないと肌を傷つけてしまう場合もあるので、心配な方には顔そり用の電気シェーバーをオススメします。軽く刃先を肌にあてて動かすだけでムダ毛が剃れるので、肌を傷つける心配はほとんどありません。眉のお手入れができるコームや眉カバー付きのものもあるので、眉毛のケアも一緒に行いたい人にはオススメです。

ただ、産毛はあまり頻繁に剃ると肌の角質層にダメージを与えてしまう心配があるので、3週間に1回ぐらいの頻度で行うのが良いでしょう。鼻の下の毛が濃くなりやすいため頻度を早めざるを得ないという方は、剃る前にクリームをしっかり塗り、剃った後も保湿をしっかり行うなど、肌のケアに気を使うようにしましょう。

クリニックでの脱毛

クリニックで、口まわりや鼻の下など、部位別に顔脱毛を受けるという方法もあります。とくに鼻の下だけが気になって永久脱毛したいという場合には、クリニックで施術してもらうのがいいでしょう。レーザー脱毛はメラニンの濃い部位に反応が強く出るので、痛みを感じやすいかもしれません。痛みを感じやすい方は、ドクターに相談して痛みを和らげる処置をしてもらうことをオススメします。

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

カテゴリー