スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

小顔になれる!? 歯列矯正による顔の変化とは

更新日:2018/05/10 公開日:2014/10/01

タイプ別の歯列矯正・矯正歯科治療

バランスのよい小顔といえば、女性の憧れですよね。噛み合わせの悪い人などは、歯の矯正によって小顔効果も期待できると言います。そこで今回は、歯列矯正と小顔の関係について、ドクター監修の記事でお伝えします。

女性の憧れであるバランスのよい小顔。歯の矯正によって、小顔効果も期待できるということをご存知でしょうか。ここでは、歯列矯正と小顔の関係についてお伝えします。

矯正すると小顔になると言われるのはなぜ?

矯正中や矯正後にすっきりと痩せたような印象になる女性がいます。これには、いくつか要因が考えられるのですが、そのひとつは、矯正中に食事を摂りづらい時期があり、食事量が減ることでダイエット効果をもたらすということが言えると思います。もちろん矯正をされる方の全員がそのようになるわけではありませんが、装置の異物感と歯が移動するときの痛みで、若干、食欲が落ちるということがあるのかもしれません。また、あごの外科手術を行う際は、1か月ほど普通の食事が摂れなくなるので、この時期に体重が落ちる可能性があります。

また、矯正後は歯並びが整い、きちんと咀嚼ができるようになるので、かむ回数が増えて、満腹中枢に刺激が与えられるようになります。このことから、自然と食べ過ぎが抑えられるという可能性もあります。かみ合わせが整い、あごのラインがシャープになって、実際に小顔になる方もいるようです。

歯並びは早めのケアがおすすめ

歯列矯正は60歳になってからでもできますが、小顔にするなどの美容効果を求めるのであれば、回復力の高い若いうちに行うのがおすすめです。たとえば、肌のダメージも10代や20代前半の頃は回復が早いわけですが、これは口の中も同様です。とくに外科手術を伴う場合は、早いにこしたことはありません。

歯並びの悪さは、虫歯や歯周病などの原因になりますし、あごのバランスの悪さは肩こりや頭痛を引き起こします。これらはほうっておくと、ひどくなることはあっても、改善することはほぼありません。

現代の女性は仕事も忙しく、結婚したら子育てなどに追われ、自分自身の健康や美容にゆっくり目を向ける時間が持てなくなることも少なくありません。まずは、なりたい自分をイメージして、歯列矯正の効果が最大になるような治療をされることをおすすめします。

あなたの悩み、歯科医に質問してみませんか?

ヘルスケア本