スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

インフルエンザの症状(3)咳の症状と対処法

更新日:2018/05/14 公開日:2015/03/05

インフルエンザの症状

インフルエンザでも風邪のように激しい咳が出る症状もありますが、風邪とは異なり通常の咳止め薬を飲んでも効果はほとんどありません。ここでは、インフルエンザによる咳の症状と咳をやわらげる対処法について解説します。

喉が痛い女性

インフルエンザの症状は風邪と似たような症状が多く、特に初期症状が咳だけの場合は見分けがつきにくいものです。しかし、インフルエンザウイルスからくる咳の症状は、 通常の咳止め薬では効果がなく、放置すると悪化して治りにくくなることがあります。

インフルエンザにおける咳の症状

インフルエンザは風邪と同 じく、喉の痛みや激しい咳が出るのに加え、38℃以上の高熱、関節痛、呼吸困難など全身に症状が出ることが特徴です。

また、咳の症状は長引くことが多く体力を消耗します。そのような状態に加えて、インフ ルエンザの感染で抵抗力が弱まると、気管支炎や肺炎、心不全などの重い合併症を引き起 こす可能性もあります。

急な高熱、咳やたん、息苦しさ、関節痛、倦怠感などの全身症状が出た場合は、早めに医 療機関を受診しましょう。

インフルエンザによる咳の対処法

インフルエンザへの対処法として、咳止めや解熱剤、くしゃみや鼻づまりに抗ヒスタミン 薬などの市販薬を用いる方もいますが、市販されている薬を自己判断で使用するとかえっ て良くならない場合もあります。38度以上の高熱、全身の関節痛、筋肉痛、のどの痛みなどの症状が出てきたら、早めに医療機関を受診し、ドクターの指示に従いましょう。

辛い咳を和らげる方法

インフルエンザウイルスは高温多湿に弱いため、室内は加湿器などを使用して50~60%の適度な湿度を保ち、出来るだけ多くの水分を摂るようにしましょう。 咳がつらいときは、以下の方法も試してみてください。

・マスクをして横向きに寝る

マスクをすることで湿度を保ったり、喉への刺激を減らすことが出来ます。また、 横向きに寝ることで気管が広がりやすくなるため、咳が出にくくなります。また、インフルエンザは咳やくしゃみによってウイルスが飛び散り、それを周囲の人が吸い込むことにより感染していきます。他の人への感染を避けるためにもできる限りマスクを着用しましょう。

・温かい飲み物を飲む

冷たい飲み物は気管を刺激するので、出来るだけ温かい飲み物を飲むようにしましょう。 体が温まると咳が出にくくなります。温かい飲み物にはちみつを入れて飲んでもよいでしょう。

・抗インフルエンザ薬を飲む

抗インフルエンザ薬は処方が必要ですが、服用しない場合と比べて早く症状を抑えることができます。インフルエンザの症状は、だいたい10日前後で治まります。それと同じように、咳も徐々に治まってくることがほとんどですが、咳の症状だけ継続 して長引く場合は、他の病気を併発している可能性があります。放置せず、ドクターに相談しましょう。

ヘルスケア本