スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

短期間で勝負!1か月で腹筋を割るトレーニング方法

更新日:2016/08/05 公開日:2015/06/25

シックスパック・腹筋を割る方法

シックスパックを手に入れるには長期間のトレーニングが必要ですが、できるだけ短期間で腹筋を割るにはどのような方法があるのでしょうか。ここでは、短期間で腹筋を割るためのトレーニングのポイントを紹介していきます。

腹筋を割る(割れた腹筋を見える状態にする)ためには、筋肉を強化するとともに体脂肪を減らすことも必要となってきます。そのため、基本的にはある程度の期間が必要ですが、できるだけ短期間で理想の腹筋を手に入れたい!という方のための、トレーニングのポイントを紹介します。

短期間で腹筋を割るためのポイント

短期間で効果を得るには、より効率的に筋肉に負荷をかけるトレーニング法が有効です。そこでおすすめなのが、チューブトレーニング。簡単な調整で、自分の身体の重さだけでは得られない負荷をかけることができます。また、腹筋トレーニングは単調な動きをくりかえすうえに、非常につらいので、挫折してしまいがちですが、トレーニングにチューブをとり入れることで、動きに変化を出すことができるので、楽しみながらトレーニングを行うことができます。

※チューブトレーニングの詳しい方法については『腹筋を鍛えるチューブトレーニングの方法』をご参照ください。

仕事が忙しくて思うようにスポーツジムに通えない、収納場所がないためトレーニング器具を使ったトレーニングができない…などの悩みを抱えている人にもチューブトレーニングはおすすめです。使う器具はチューブのみなので、持ち運びもしやすく、どこでもトレーニングができるというメリットもあります。

正面だけでなくわきの腹斜筋も鍛える

割れた腹筋、いわゆる「シックスパック」は、お腹の正面に広がる腹直筋のことを指します。見た目でもわかりやすいため、どうしても腹直筋のみを鍛えるトレーニングばかりしてしまいがちですが、正面ばかり鍛えていても、実は即効性が低く効率的ではありません。身体のわきにある腹斜筋も同時に鍛えることで、より効率的に理想の腹筋に近づくことができます。以下で、腹斜筋を鍛えるトレーニング法をご紹介します。

腹斜筋を鍛えるトレーニング

(1)仰向けになりひざをたてて両腕は頭の上に伸ばす

(2)状態をゆっくりと起こし、左腕を、ひじを伸ばした状態で反対側の太ももの外側に振り下ろす

(3)ゆっくりとセットポジションに戻る

(4)右側の腕でも同じ動きを行う

(5)左右交互に10回続けて行う

また、上で紹介した『腹筋を鍛えるチューブトレーニングの方法』でも、トレーニングチューブを使った腹斜筋のトレーニング方法を紹介していますので、試してみてください。

ヘルスケア本