スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

グルコサミンとは?

更新日:2016/12/09 公開日:2015/08/31

グルコサミンの基礎知識

関節の痛みをやわらげる成分として耳にすることがある「グルコサミン」の働きについて、ドクター監修の記事でお伝えします。グルコサミンが関節炎や変形性関節症に効果があるといわれる理由を解説していきます。

グルコサミンは、関節の痛みをやわらげる成分として、サプリメントなどに用いられています。その具体的な働きについて解説します。

グルコサミンとは?

グルコサミンは、糖とアミノ酸が結びついた「アミノ糖」のひとつで、動物の皮膚や軟骨、甲殻類(エビやカニなど)の殻に含まれています。わたしたちの体では、皮膚と軟骨のほか、爪や靭帯(じんたい)、心臓弁などに糖タンパク質の成分として存在しており、細胞や組織を結びあわせる役割を担っています。

このように、もともと体内でつくられている成分なのですが、年齢を重ねていくにつれて減ってしまうという特徴があります。それにより、軟骨関節がすり減りやすくなり、関節の痛みが生じるといわれています。

そこで、不足しているグルコサミンを定期的に摂取することで関節軟骨を強化し、関節炎や変形性関節症の予防や改善を目指そうという理由から、グルコサミンを配合したサプリメントなどが数多く出回っています。

グルコサミンの働き

グルコサミンは、関節軟骨の損傷や老化に有効に働くといわれています。すり減った関節軟骨を補修するだけでなく、骨をつくりだす軟骨芽(なんこつが)細胞そのものを刺激して機能を高めて軟骨を強化する作用もあるのです。そのため、特に変形性膝関節症に対する効果が期待されています。

骨と骨の間にある軟骨は、骨同士がぶつかり合わないようにクッションの役目を果たしています。そのクッション性を高める働きをしているプロテオグリカンという成分があるのですが、この材料になるのがグルコサミンです。また、関節軟骨の主成分であるヒアルロン酸やコンドロイチンといったグルコサミノグリカンの材料でもあります。つまり、グルコサミンは関節軟骨に欠かせない存在というわけです。

加齢などによって関節軟骨が次第にすり減ると痛みを生じますが、グルコサミンが中心となって関節軟骨を修復すると考えられています。

最近の研究では「グルコサミンには炎症をしずめる作用もあるのではないか」という見解あり、今後もますます注目が高まる成分と言えるでしょう。