スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

グルコサミンとは違う?「N-アセチルグルコサミン」とは

更新日:2016/12/09 公開日:2015/08/31

グルコサミンの基礎知識

「N-アセチルグルコサミン」の特徴と効果について、ドクター監修の記事でお伝えします。名前が似ている「グルコサミン」とは、どのような点が違うのでしょうか。加齢により減少する成分の生成を促すN-アセチルグルコサミンに注目です。

一般的によく知られている「グルコサミン」と似た名前の「N-アセチルグルコサミン」という成分があります。このふたつの成分には、どのような違いがあるのでしょうか。

「N-アセチルグルコサミン」と「グルコサミン」の違い

N-アセチルグルコサミンはアミノ酸の一種で、天然型グルコサミンと呼ばれるアミノ糖という単糖類のひとつ。分子構造の違いから、一般的なグルコサミンと区別されています。

N-アセチルグルコサミンは私たちの体内にも存在し、関節部分の軟骨や皮膚、目などに多くあります。

N-アセチルグルコサミンを多く含む食品としては、グルコサミンと同様に、カニやエビなどがあげられます。カニの甲羅(こうら)やエビの殻などに含まれている「キチン」という成分を酵素分解させることで得られます。牛乳にも100mlあたり11mgのN-アセチルグルコサミンが含まれています。

グルコサミンは、摂取後に体内でN-アセチルグルコサミンに変換されることがわかっています。そのため、N-アセチルグルコサミンそのものを摂取したほうが体内で効率よく利用できると考えられるでしょう。

また、N-アセチルグルコサミンの場合は、腸で吸収されてから各組織に受け入れられる割合がグルコサミンを上回っていることも研究によって確認されています。

N-アセチルグルコサミンの効果

N-アセチルグルコサミンにはグルコサミンと同じく、関節痛緩和に役立つ働きがあります。さらに、肌のうるおいを保つ効果にも注目です。

コンドロイチンの生成を促す

コンドロイチンは、関節や軟骨を構成する成分のひとつです。N-アセチルグルコサミンには、このコンドロイチンの生成を促す作用があります。加齢により、体内での生産量が低下するコンドロイチンの生成を促すことで、関節をスムーズに動かすために欠かせない関節液の生成や、摩擦から骨を守っている軟骨の修復に繋がります。

変形性膝関節症患者に1日1,000mgのN-アセチルグルコサミンを8週間摂取してもらった実験では、痛みや階段昇降動作の改善が見られたという報告があります。

ヒアルロン酸の生成を促す

N-アセチルグルコサミンは、ヒアルロン酸のもととなる成分です。加齢によるヒアルロン酸の減少は肌老化の原因のひとつとなるため、ヒアルロン酸の生成を促すN-アセチルグルコサミンを摂取することで肌のうるおいを保つ効果が期待できます。実際に、乾燥肌に悩む女性に1日1,000mgのN-アセチルグルコサミンを摂取してもらったところ、乾燥肌が改善したという報告もあります。

また、ヒアルロン酸は関節の動きをスムーズにする潤滑油のような働きを担っており、不足すると関節痛を引き起こしやすくなります。

このように、N-アセチルグルコサミンは、関節と肌の健康に有効とされています。