スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

一緒に摂ると効果的?グルコサミンとMSM

更新日:2016/12/09 公開日:2015/08/31

グルコサミンの基礎知識

グルコサミンと一緒に摂取するとよいとされる「MSM」という成分について、ドクター監修の記事でお伝えします。グルコサミンとMSMを組み合わせて摂取することでどのような効果が期待できるのでしょうか。

グルコサミンと一緒に摂取するとよいといわれている「MSM」という成分があります。ここでは、MSMの特徴をお伝えするとともに、グルコサミンとMSMを組み合わせて摂取することで期待できる効果をご紹介します。

MSM(メチルサルフォニルメタン)とは

MSMの正式名称は「メチルサルフォニルメタン(Methyl Sulfonyl Methane)」といい、天然の有機硫黄化合物の一種です。聞きなれない言葉かもしれませんが、自然界に広く存在しています。

私たち人間の身体においても、軟骨や筋肉、皮膚、髪の毛、爪などに含まれています。自然界の中では、非常に少ない量であるとはいわれていますが、新鮮な果物や野菜、牛乳、穀物や豆類にも、MSMは含まれています。

MSMに関する研究は数多く行われており、特に炎症を抑える作用と鎮痛作用に関して早くから注目されていました。現在では、関節炎、腱炎、腰痛、椎間板ヘルニア、関節リウマチ、筋肉のけいれん、コラーゲンやエラスチンの合成の活性化、髪や爪の強度向上、傷の治癒速度の向上といった幅広い効果が報告されています。

また、変形性関節症患者を対象に行われたある研究において、患者にグルコサミン500mg とMSM 500mgのいずれか、もしくは両方を12週間に渡って摂取させた結果、全てのケースで痛みや歩行能力の改善が見られたとされており、MSMは関節痛予防に効果が期待できると考えられています。

グルコサミンとMSMの組み合わせは関節痛に効果的

グルコサミンは、軟骨に働きかけ、関節部分の新陳代謝を活性化させて軟骨のクッション部分を修復する働きがあります。それによって、関節軟骨を衝撃や摩擦から守り、関節炎や痛みに効果をきたすとされています。MSMの場合は、関節構成成分のひとつであるイオウ成分を供給し、軟骨などを強化することで関節の破壊を抑えるといった効果があるとされています。

つまり、このふたつは異なるメカニズムからも関節を保護しているので、組み合わせて摂取したほうが関節痛に有効と考えられます。実際に、前述した変形性関節症患者を対象とした試験では、グルコサミンとMSMの両方を摂取していた患者は、より改善が見られたと報告されています。