スキンケア大学 メンズスキンケア大学

コンシーラーを使った目元のクマのタイプ別の隠し方

更新日:2018/09/03 公開日:2017/12/12

老け顔&疲れ顔にみえてしまう目元のクマ。コンシーラーは、そんなお悩みを解決してくれる頼もしいアイテムです。しかし、コンシーラー選びを間違えると不自然な肌色になり、かえって目立つことがあるので注意が必要。この記事では、複数あるクマの原因と、原因別のコンシーラーの選び方について解説します。さらに、美容家の近藤さやかさんおすすめのコンシーラーもご紹介します!

目のクマのタイプ

目のクマのタイプ

目のクマは、大きく分けて「茶クマ」「青クマ」「黒クマ」の3タイプがあります。まずは自分がどのタイプのクマなのか、どんな対策があるのかを知りましょう。

茶クマタイプ

クマの色が茶色い人は、メラニンの色素沈着が原因の可能性があります。紫外線対策を怠っていた人はもちろん、目をこするクセがある人によくみられます。摩擦によってメラノサイトが刺激を受けると、メラニン色素が生成されることがあるためです。また、摩擦刺激により角質層が厚くなり、茶色くくすんでみえることもあります。

茶クマの見分け方
上を向いたり、目元を軽く引っぱったりしても色が変わらない場合は、茶クマの可能性があります。
茶クマの対策
メラニンの生成を抑える美白化粧品でのケアで、少しずつ目立たなくすることが期待できます。古い角質によるくすみは、ふき取り化粧水でやさしく角質を取り去るとよいでしょう。また、スキンケアのときは肌をこすらないようにやさしいタッチで行うことも大切です。

青クマタイプ

目の下のクマが青や紫っぽい場合は、血行不良が原因として考えられます。顔のなかでも目の下は皮膚が薄く、血のめぐりが悪くなると目立ちやすくなるパーツです。色白の人は特に目立ちやすいので注意。体の冷えや寝不足、目の酷使が血行不良へとつながります。

青クマの見分け方
目の下を軽くひっぱってみて多少薄くなる場合は、青クマの可能性があります。
青クマの対策
ホットタオルなどで目のまわりを温めるのが効果的。冷え性の人は、体全体を冷やさないようにすることが大切です。

黒クマタイプ

黒クマタイプ

クマが黒い場合は、顔のむくみやたるみによる影が原因として考えられます。また、年齢を重ねることによって目のまわりが痩せ、影をつくると黒クマにつながります。

黒クマの見分け方
上を向いて目立たなくなる場合は、黒クマの可能性があります。たるみにより下がっていた皮膚が、上を向くことで元に戻るためです。
黒クマの対策
黒クマタイプの人は、目のツボ(目尻の端にあるくぼみ)を押してむくみをとると、目立たなくなるケースがあります。たるみが気になる人は、レチノールが配合されたシワ改善美容液がおすすめ。

タイプ別のコンシーラーの選び方

タイプ別のコンシーラーの選び方

スキンケアと生活習慣の見直しは大切ですが、すぐにクマが改善されるわけではありません。すばやくクマを隠すなら、コンシーラーの力を借りましょう。コンシーラーを選ぶときは、自分のクマの種類に合わせてカラーをセレクトすることがポイントです。

茶クマタイプ
イエロー系で、自分の肌に近い明るさのコンシーラーでカバーします。明るすぎる色を選んでしまうと、コンシーラーが浮いて逆効果になるので注意しましょう。
青クマタイプ
オレンジ系のコンシーラーを選びます。肌の色によってはピンク系のほうが合う場合もあるので、いくつか試してみることをおすすめします。
黒クマタイプ
ベージュやオークル系のコンシーラーを。それだけではカバー力が弱いと感じたら、明るいベージュ系や、パール系のカラーもおすすめです。目元に光を集めてつややかさを出すことで、明るく見えるようになります。

おすすめのコンシーラー

色も形状もたくさんの種類が販売されているコンシーラー。どれを選んだらいいか、迷ってしまいますよね。ここからは、コスメに詳しい美容家の近藤さやかさんが、クマのカバーにおすすめのコンシーラーを紹介!すべてご自身の肌で試した厳選の6アイテムです。

dプログラム|薬用 スキンケア&カバーチューブ(資生堂)

資生堂 dプログラム 薬用 スキンケア&カバーチューブ

販売価格(編集部調べ):1,944円(税込)
内容量:15g
医薬部外品

詳しくはこちら

おすすめの理由
敏感肌のことを考えてつくられた、低刺激設計のコンシーラー。ニキビ跡などの肌悩みをしっかりカバーしながら、つけていることでニキビや肌あれを防いでくれます。顔全体にも使えて、化粧のりや化粧もちを高める効果も。パラベン(防腐剤)フリー、アルコール(エチルアルコール)フリー、鉱物油フリー、無香料です。

監修者の写真ヘアメイクアップアーティスト 望月光

使ってみた感想
化粧下地とは別に新しくできたコンシーラー。 少しくすんだニキビ跡、現在進行形の赤みのあるニキビもキレイに隠れました。そして目の下のクマも完全にではありませんが、程よく自然にカバーしてくれます。 一回では隠れない所もちゃんと筆で薄く重ねていけば隠れるかと思いました。 薄づきなので重ね過ぎないようにしたらキレイな肌になります。 ファンデーションの代わりとして使うのもありかなと思いました。 そしてニキビ予防成分肌荒れ予防成分も入っているのでメイクをしながら予防もできる優れものです。

クレ・ド・ポー ボーテ|コレクチュールヴィサージュ(資生堂)

クレ・ド・ポー ボーテ コレクチュールヴィサージュ

販売価格(編集部調べ):6,480円(税込)
内容量:5g
カラー:全5色
SPF25 ・ PA+++

詳しくはこちら

おすすめの理由
独自処方で悩みを隠したことを忘れるほどの高いカバー力でありながら、肌にとけこむような一体感のある仕上がりを実現。なめらかな使い心地で、肌色補正だけでなく、ハイライト効果や輪郭補正にも使えます。シミ・ソバカスや目のまわりのくまなどの色むらを的確にカバーし、その仕上がりが長時間持続します。日中の紫外線から肌を守る日焼け止め成分も入っていてSPF25・PA+++です。

監修者の写真ヘアメイクアップアーティスト 望月光

使ってみた感想
ファンデーションでも評価の高いこのブランド、実際に使ってみると驚くほどの肌なじみのよさを感じますね。私の場合、くすみ・茶グマをカバーしたい時に使っています。カバー力が高いのに厚くならず、肌との境目が目立ちにくいし肌と一体化してなめらかにカバーしてくれました。ファンデーションとミックスして使うと伸ばしやすく、使いやすさも増すと思いました。長時間のスタジオ撮影でも中々崩れにくく、とても重宝しています。

ローラ メルシエ|フローレス フュージョン ウルトラ ロングウェア コンシーラー (資生堂)

ローラ メルシエ フローレス フュージョン ウルトラ ロングウェア コンシーラー

販売価格(編集部調べ):3,456円(税込)
内容量:7ml
カラー:全6色

詳しくはこちら

おすすめの理由
保湿してくれるのに、皮脂や汗に強いので、乾燥しがちな肌やオイリーな肌にも両立できる機能を備えたコンシーラー。肌にのせた瞬間に、ピタッと密着。気になる部分をしっかりとカバーしてくれます。美容成分配合のため、潤いに満ちたナチュラルな仕上がりを実現してくれます。

監修者の写真ヘアメイクアップアーティスト 望月光

使ってみた感想
実際に使ってみて、まず驚いたのが伸びの良さですね。肌の上でピタッとキレイになじんでくれました。自然な仕上がりになるのにカバー力もあり、とにかく優秀ですね。それに、少量で大体の物がちゃんとカバーできるコンシーラーです。 また、くすみにくく乾燥しにくい処方なので、シワや毛穴、目元の気になる部分にも最適。夏場など汗をかく時期にはベースメイクとして、これ一本で気になるところをカバーするくらいのメイクでも良いと思いました。

M・A・C|スタジオ コンシール アンド コレクト パレット(ELGC)

ブライトアップ ファンデーション(カバーマーク)

販売価格(編集部調べ):5,292円(税込)
内容量:6g
カラー:全2色

おすすめの理由
「肌なじみ抜群で美肌に欠かせない。使いやすいスクエア型のパレットです。水や皮脂に強いウォーターレジスタント処方を採用し、つけたての美しさを長時間キープ。そしてライトとミディアム2種類のパレットがあり、1つのパレットに4色のコンシーラーと、2色の補整色が入っていて左側にはイエロー系、右側にはピンク系がセットされており、メイクのイメージや肌の色調に合わせてチョイスできます。また、デリケートな肌や、敏感な目元のことも考えてつくられています。

監修者の写真ヘアメイクアップアーティスト 望月光

使ってみた感想
少量でもカバー力の高いクリームタイプ。塗った感じは、ツヤ肌というよりナチュラルマットになります。クリームタイプなので乾燥しがちの肌にも使いやすいです。このコンシーラーは肌の色に対して絶妙に色味を変えることができますし、この6色パレットは男性にも対応できました。ライブの時に使っても持ちは良かったです。 6色もセットインされているのは、他のブランドでもあまり見ません。色を混ぜることによって、幅広い肌色に使えるよいコンシーラーです。リキッドファンデーションと混ぜて使うのもおすすめ。立体感をだす「コントアーメイク」や、ハイライトにも使えるのが高ポイントです。

クリエイティブコンシーラー EX(イプサ)

ハイカバーコンシーラー(フェルム)

販売価格(編集部調べ):3,780円(税込)
内容量:4.5g
SPF25・PA+++

詳しくはこちら

おすすめの理由
昔からヘアメイクさん御用達のコンシーラー。シミ、ニキビ跡、赤み、くすみのカバーに力を入れています。メーカーの研究によりシミやクマがくすんで見えるのは、肌の「赤み」が不足していることに着目していて、こだわりの赤み設計で3色すべてに独自の赤みをプラス。血色感のないくまやシミを周りの素肌と“同化”させて周りの肌色に溶け込ませます。厚く重ねる必要がなく、かなり薄づきでカバーできるのが特徴です。赤みをプラスし同時に透明感を与えることで、より完璧な仕上がりを実現。どんな色ムラも素肌と同化させ、自然にカバーしてくれます。

監修者の写真ヘアメイクアップアーティスト 望月光

使ってみた感想
質感は柔らかめのコンシーラー。ツヤもあり、アディクション同様に、固めのリキッドファンデーションという感じです。他のコンシーラーに比べ、色補正効果は高いです。赤みが配合してあるということで、クマなどに使いましたがちゃんとよく消えました。重ねなくてもカバー力はありますが、どうしても一回で消えない場合は筆で薄く重ねていくのがよいかと思います。ニキビなどの赤みもキレイに消えるので、これ1つで大体のトラブルはカバーできます。

アンダーアイブライトナー(ケサランパサラン)

アンダーアイブライトナー ケサランパサラン

販売価格(編集部調べ):3,240円(税込)
内容量:1.4g

おすすめの理由
密着性と保湿力に優れたオイル、3つの植物エキス(ローズマリー・ユウガオ果実・トウニン)で作られた保湿成分などを配合。これにより、乾燥を防ぎながら肌表面をカバーしてくれるので、一日中ヨレにくいのが特徴です。そして、目の下のクマやくすみは、血行不良により 血色感がなくなったり、色素沈着などで角質層に透明感がなくなり暗くなっているのが原因なので、オレンジで血色、イエローで健康的な角質の色を再現しています。オレンジとイエローの2色の レフ板効果で顔色まで明るく見せるコンシーラーです。

監修者の写真ヘアメイクアップアーティスト 望月光

使ってみた感想
昔からこのブランドのチューブタイプのファンなので、こちらの仕様はどうかなと思いましたが実際に試してみると非常に使い勝手が良くて気に入りました。 2色を重ねて使うことによって見事にクマが消えました。さすが昔からヘアメイクさんの御用達ブランドです。 この商品は顔全体と言うよりかは、目の周りのクマ専門のコンシーラーとして活躍しますね。黄色を強くしたら赤みとかも隠れやすいと思いますし、ファンデーションに混ぜても使いやすいかなと思いました。

目元のクマを隠すコンシーラーの使い方

目元のクマを隠すコンシーラーの使い方

目元はよく動かす部分なので、コンシーラーを厚塗りするとヨレてしまう場合があります。自然に美しくクマをカバーする、基本の使い方を覚えておきましょう。

  1. クマのある部分に、コンシーラーを点置きします。目頭から目尻にかけて4点を目安にするとよいでしょう。点は太めでOKです。
  2. 薬指でコンシーラーを塗った部分をつなげていきます。一気に伸ばすとヨレやすいので注意。
  3. つなげたコンシーラーの上下のアウトラインを、薬指でトントンと優しく叩いてなじませます。コンシーラーを塗っている部分と塗っていない部分の境目を目立たなくするのがポイント。
  4. スポンジでスジになった部分をなじませ、余分な油分をとります。

コンシーラーは、リキッドファンデーションの後、パウダーファンデーションの前に使うのが基本です。商品によっては順番が異なるものもあるので、確認してから使用しましょう。

まとめ

コンシーラーを使った目元のクマのタイプ別の隠し方のまとめ

疲れた印象を与えがちなクマは、コンシーラーでササッとカバー。そのうえで、日々のスキンケアや生活習慣を見直して、少しずつ改善していきましょう。慢性的にクマがある人だけではなく、夕方になるとクマが出てしまう人にもコンシーラーはおすすめです!

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

カテゴリー