スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

目元のたるみを予防したい!おすすめのハリ肌ケア美容液7選

更新日:2018/02/19 公開日:2017/12/26

まぶたや目の下など、目元の皮膚のたるみは老け顔の原因のひとつ。そこで今回は目元のたるみの原因や解消方法、さらに美容家の宮島香奈子さんがおすすめする、目元のたるみ改善に効果的な美容液をご紹介します。

目元にたるみができる原因

目元にたるみができる原因

まぶたや目の下のたるみを引きこす原因は、ひとつではなく、さまざまなことが複合的に重なって引き起こしていいます。

紫外線によるダメージ

晴れの日だけでなく、雨や曇りでも日々降り注いでいる紫外線。実は私たちの肌にダメージを与える要因のひとつなんです。紫外線によって真皮層の線維芽細胞が破壊されることにより、目元のたるみを生じさせます。

筋肉の衰え

目の周りをぐるっと囲んでいる「眼輪筋(がんりんきん)」という筋肉の衰えや、眼球を支えるロックウッド靭帯が緩んでくることによって眼球の下にある「眼窩脂肪」が突出することが目の下にたるみを発生させます。

コラーゲンの低下

目元のたるみの鍵を握る成分は、肌の弾力を保つ役割を持つ「コラーゲン」です。真皮層のおよそ70%はコラーゲンが占めており、ネットのように規則正しく並んだコラーゲンが肌のハリや弾力を支えています。しかし、コラーゲンは加齢や紫外線が原因で線維芽細胞が老化すると生産量が低下。特に、顔の中でも最も皮膚が薄い目の周りは、刺激に弱く乾燥しやすいためコラーゲンの絡みも乱れがちな場所なのです。

形が細くなったり途中で切れるなどしたコラーゲンは表皮をきちんと支えられなくなり、ハリを失った肌がシワやたるみを引き起こしてしまいます。

肌の乾燥

皮膚の表面にある表皮が乾燥を引き起こすと、紫外線をはじめとする外部からの刺激や負担を受けやすくなります。この状態では、皮膚を内側から支える真皮層へのダメージを与えることにもなり、たるみを引き起こしやすくなるので、基礎化粧品でしっかりと保湿ケアをする必要があります。

まばたきの減少

まばたきの減少

近年ではオフィスワークやゲームなど、仕事でもプライベートでも毎日のようにパソコンやスマートフォンを長時間使用している人が多く見られます。パソコンやスマートフォンの画面を見ている時は、気付かない間にまばたきの回数が減少しています。まばたきをしないことは目の周囲の筋肉の衰えに繋がり、それがたるみの原因となることも。また、目の疲れによって血流が悪くなったり老廃物が溜まることもたるみの一因と考えられます。

目元への強い刺激

メイクやスキンケアなどの際に目元を強く摩擦することもたるみの原因のひとつと考えられています。他にも目をこするクセや、間違った自己流マッサージなども結果として悪い刺激を与えてしまいます。

クレンジングや洗顔時の洗いすぎ、洗浄効果の強いクレンジング剤

メイクを落とすときに使用するクレンジング剤や洗顔料に関しては、種類によっても異なりますが、洗浄力が強すぎるものは皮膚が薄い目元には負担を与えがちです。濃いメイクをしている場合は、高い洗浄力があるものを使用しますが、自分のメイクの濃さと、それに対するクレンジング剤の強さのバランスが保たれていることが大切です。また、洗い上げるときに手でこするような方法は、肌に負担を与えてしまうので、やさしく洗い上げるようにしましょう。

目元のたるみに使う美容液の選び方

目元のたるみに使う美容液の選び方

目元のたるみは化粧品だけで完全に解消することは難しいのが現状です。しかし、日ごろのスキンケアで皮膚を健やかな状態に保つことは、たるみ対策として重要なポイントになるので、しっかりと保湿ケアを行い、美容液などを使ってたるみにくい状態をサポートしましょう。

保湿成分が配合されているもの

スキンケアで肌をふっくら美しく見せるためには、一般的に「キメ」と呼ばれる表皮層の溝が整っていることもポイントです。肌がキレイに見えるのは、肌の表面にある溝(皮溝)の幅が狭く、その溝で仕切られた部分の肌(皮丘)が平らで均一な三角形に揃っている状態の時です。このキメを整えるためには、何といっても保湿が欠かせません。保湿成分が高く、肌のバリア機能を担う「セラミド」や「スフィンゴ糖脂質」、「ヒアルロン酸」などの保湿成分が含まれているものがおすすめです。

低刺激で使い続けられるもの

目元の皮膚は薄く、ちょっとした刺激にも敏感に反応しやすい部位といえます。せっかく効果が高い美容液でも、肌に合わず使用を停止せざるを得ない…などということがないよう、成分に気をつけて自分の肌に合ったものを選びましょう。普段は特に敏感肌ではない人でも、目元のスキンケアは慎重に選ぶことが大切です。

目元のハリ不足におすすめの美容液

こちらでは、美容家の宮島香奈子さんおすすめの美容液をご紹介します。

ドライゾーンリペアエッセンス(d プログラム)

ドライゾーンリペアエッセンス(d プログラム)

販売価格(編集部調べ):4,536円(税込)
内容量:30g
医薬部外品

詳しくはこちら

おすすめの理由
保湿成分のグリセリン、シミのケアに良いトラキサム酸を配合した薬用保湿美容液。dプログラムは、全アイテム無香料、アルコールフリー、パラベン不使用なので、刺激に弱い目元にオススメです。
使ってみた感想
テクスチャーは柔らかく、伸びがとても良かったです。敏感肌に向けたメーカーさんの商品らしく、刺激は感じませんでした。塗った時はさっぱりとした感じですが、翌朝はしっとり感が持続していて、しっかりうるおっていると感じました。

B.A セラム レブアップ(B.A)

B.A セラム レブアップ(B.A)

販売価格(編集部調べ):14,580円(税込)
内容量:40mL

詳しくはこちら

おすすめの理由
肌にみずみずしいうるおいを与えてフレッシュな肌印象を目指す濃密美容液。使いはじめは濃密でとろみがあり、肌に伸ばすと弾力のある美容液がすっと広がります。目元の重ねづけにもオススメです。
使ってみた感想
少しとろみがあり、肌にのせるとつるつると滑るように広がります。肌なじみも早く、香りもよく、リラックス効果があるという声が多いです。他のアイテムの邪魔をしないのでプラスワンアイテムとして使うのもOK!

アイ エクストラ セラム(アテニア)

アイ エクストラ セラム(アテニア)

販売価格(編集部調べ):3,291円(税込)
内容量:15g

おすすめの理由
年齢を重ねるごとに「緩みやすい目元」にもピタッと密着。うるおいとハリを与え、まぶたの落ちくぼみを防ぎ、老廃物による目の下のたるみもケア。筋肉をほぐし、目尻の表情ジワを和らげます。「まぶた」のやせ、「目の下」のたまり、「目尻」のこわばりの3つのエイジングサインにアプローチするセラムです。エイジングサインを効率よくケアする成分を配合。ほのかに香るローズマリー・ゼラニウム・オレンジのアロマの香りもGOOD。
使ってみた感想
使用感が良く、乾燥をきっちり防いでくれます。肌なじみがよいので朝のメイク前でも使え、秋冬の乾燥小ジワを抑えてくれてます。乾燥が目立つ唇の輪郭や口角、ほうれい線、乾燥で毛穴が目立つ頬にもつけちゃってます。特に口の周りの乾燥には効果てきめんでした!

ハリ美容液 EX(ソフィーナ リフトプロフェッショナル)

ハリ美容液 EX(ソフィーナ リフトプロフェッショナル)

販売価格(編集部調べ):5,940円(税込)
内容量:40g

詳しくはこちら

おすすめの理由
年齢とともに気になる目もと・口もとにうるおいに満ちたハリを与えます。独自の保湿成分である、月下香培養エッセンスEX、モイストリフト成分が、角層の最深部までたっぷり浸透。約6週間分、朝と夜に使用する美容液として活用できます。
使ってみた感想
濃密でしっとり、 なめらかな使い心地です。もっちりとしてコーティングされたような感じがします。「最近、肌の調子が悪いな」と感じている人や、「加齢で肌にハリが失われたような感じがする」という人にはぴったりです。

ダーマパワーX アイスペシャリスト(オバジ)

ダーマパワーX アイスペシャリスト(オバジ)

販売価格(編集部調べ):6,480円(税込)
内容量:20g

詳しくはこちら

おすすめの理由
乾燥によって目立つ小ジワ、ハリのなさなど、エイジングサインが気になりやすいアイゾーンのケアに取り入れたい高機能アイクリーム。濃厚なクリームが肌に「フタ」をして角質層にうるおいを閉じ込め、はじき返すような「ハリ肌」へと導きます。目元以外にも、口元部分に使っても効果的。使用するときはフワッと目じりを引き上げながら、形状を記憶させるようになじませるのがポイントです。
使ってみた感想
ベタつくことなく肌に浸透していく感じがとても良く、毎晩使用していると、少しずつハリが戻ってきたような気がします。そのおかげか、明るい目元になりました。ハイライトを入れる手間も要りません。

グラシュープラス(Belle Eau)

グラシュープラス(Belle Eau)

販売価格(編集部調べ):9,800円(税込)
内容量:20g
医薬部外品

おすすめの理由
目元などの気になる部分を目立たなくする美容クリーム。セラミド、パルミチン酸レチノール、真珠エキスなどを配合しています。乾燥による小ジワを目立たなくし、古い角質などによる汚れ、日焼けによるシミ、メラニンによるシミ・そばかすを防ぎます。
使ってみた感想
コクのあるテクスチャーなのに、重すぎず嫌なベタつきもなく油膜感も感じません。滑らかに伸びてくれるのでゆっくり丁寧にマッサージしています。しっとりして内側まで浸透してく感じで、メイク前に塗ると夕方まで目元ふっくらして乾燥小ジワが目立ちにくくなります。最近は少しずつハリが出てきました。

リプラスティ R.C. アイ ストラップ(ヘレナ ルビンスタイン)

リプラスティ R.C. アイ ストラップ(ヘレナ ルビンスタイン)

販売価格(編集部調べ):24,840円(税込)
内容量:14.88g

おすすめの理由
目元の疲れや老けを一掃してくれるリッチなアイクリーム。目元を支える栄養補給のクリームなので、瞼の上までしっかりつけます。値段は少々はりますが、目元が生き返り若がえります。シートマスクと合わせて使うと更なる効果が期待できます。
使ってみた感想
片目につけただけでも、鈍感な方でも一目瞭然!即効性が期待できます。目頭から目尻に向かって一方方向につけていくのを数回繰り返し、目尻で指を抑える感じでつけると良いみたいです。自然なつけ心地も魅力です。

目元のたるみを改善するエクササイズ

目元のたるみを改善するエクササイズ

目元のたるみは、美容液と併せてエクササイズやつぼ押しマッサージを行うことで改善が期待できます。

こちらでは、目元のたるみに効果的なセルフケア方法をご紹介します。

眼輪筋トレーニング

目の周りを囲む筋肉「眼輪筋」を鍛える「眼輪筋トレーニング」が、特に目の下のたるみに効果を発揮するということで注目されています。

様々な手順が紹介されていますが、一番手軽にできるのがこちらの方法です。

《手順》

  1. 目をぎゅっとかたく閉じて5秒間キープします。
  2. その後、目を思いっきり開いて再び5秒間キープします。

つぼ押しマッサージ

目元を引き締める方法のひとつに「つぼ押しマッサージ」があります。目の下のたるみ解消には、「球後(きゅうご)」というつぼを刺激すると良いといわれています。

《手順》

  1. 目頭に人差し指の腹を当てます。
  2. 目尻方向に指を滑らせて、目尻の斜め下の骨のくぼみにある「球後(きゅうご)」というつぼを通り目尻に向かい軽く押します。

これを5回程くり返します。この他に、目の周りにある骨の縁、瞳孔の真下に位置する「承泣(しょうきゅう)」も目をスッキリさせることが期待できるつぼです。承泣を押す際は顎の方向に向かって力を加え、眼球を押さないように気をつけましょう。

まとめ

目元のたるみを予防したい!おすすめのハリ肌ケア美容液7選のまとめ

顔の印象を大きく左右する目元は、年齢サインがでやすい場所でもあります。紫外線対策やスキンケアの際には、目元の皮膚が弱いことを常に意識し、擦らないようにするなどの注意を払うことが必要です。たるんだ目元をすっきりさせて、いつまでも若々しい素顔を手に入れましょう。

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

カテゴリー