スキンケア大学 メンズスキンケア大学

唇のくすみを改善するリップケアの方法!美容家オススメの化粧品も紹介

更新日:2018/09/13 公開日:2018/01/31

リップ専用のコンシーラーや口紅などで、唇のくすみを隠すことは可能ですが、根本的な改善にはつながっていません。だからこそ、唇のくすみを改善してくれるリップを使用して、リップケアを行いましょう。そこで今回は、唇のくすみを改善するのにおすすめのリップを美容家・船山葵さんご紹介してもらいます。

唇がくすむ原因

唇がくすむ原因

唇にくすみを発生させる原因は、いくつかのことが考えられます。大きく分けると「刺激」と「メーキャップ化粧品による影響」の2点です。

唇への刺激

皮膚は刺激を受けることで角質を厚くしたり、メラニン色素を作りだします。これらは、肌による防衛反応になるので、これらを引き起こしている原因をしっかり見極め、対応していかなくてはいけません。では、具体的にどのようなことが唇への刺激になっているのかを見ていきましょう。

乾燥
唇には角質層や皮脂腺がなく、外的刺激から肌を守ってくれるようなバリア機能もありません。さらに唇の皮膚はとても薄いことから、非常に乾燥しやすい部分なのです。唇が乾燥すると、表面がガザガサになったり、皮がむけてしまったり、見た目に大きな影響を与えてしまいます。
また、乾燥した状態は外部からの刺激を受けやすくなります。ただでさえ影響を受けやすい唇が、さらにトラブルを起こしやすくなってしまいます。そのため、唇を乾燥させないことが、何よりも重要になってきます。
紫外線
肌の紫外線対策には気をつけている方が多いですが、唇も肌と同様に日焼けをします。つまり、紫外線によって肌荒れを起こすのはもちろん、黒ずみやシミとなって残ることもあります。特に唇の皮膚は薄いので、紫外線による影響が出やすい部分と思って、紫外線対策を行いましょう。
摩擦
口紅を落とす際、ついつい唇に対してゴシゴシと落としていませんか?これは唇への負担となってしまい、活性酸素が発生し、メラニン色素が作られることも。これがくすみの原因になる場合もあります。

リップカラーの色素沈着

リップカラーにはタール色素という着色料が使用されており、このタール色素が、色素沈着を引き起こす可能性があります。だからこそリップカラーは、唇に対して優しくも、しっかり落とすように心がけましょう。
特に最近では口紅よりも発色の良い「リップティント」というものがあります。この発色の良さは、使用されている「染料」です。口紅で使用するのは「顔料」で、いわゆる唇の表面をコーティングしています。しかし染料となると、皮膚に色を沈着させていることになります。メーカーによってもどんな染料や顔料が使われているのか、種類や量もさまざまです。

唇のくすみを改善するリップケアの方法

唇のくすみを改善させるためには、日頃のケアが大切です。具体的なくすみの改善方法をご紹介していきます。

【方法1】リップスクラブ

【方法1】リップスクラブ

唇にある古い角質を放置していると、くすみや唇の表面が硬くなってしまいます。そこでリップスクラブを使用して、古い角質を除去しましょう。

  1. 唇を水で湿らせます。これで、スクラブの滑りを良くしてくれたり、古い角質を落としやすくします
  2. スクラブを、薬指にのるくらい取ったら、クルクルと円を描くように優しくつけていきます。このときゴシゴシとつけてしまうと、唇の粘膜に対して刺激になりますので注意
  3. 全体的にスクラブをクルクルさせたら、ぬるま湯で優しくすすぎます

リップスクラブは、頻繁にやりすぎると唇への負担となってしまいますので、週に1回程度がおすすめです。

【方法2】リップパック

唇にワセリンやはちみつを塗ったあと、ラップでパックをすることによって、しっかりと保湿ケアができます。しかし、リップパックは乾燥した唇がひどい場合に行いましょう。化粧品による保湿ケアで十分なときに、あえてやる必要はありません。

【方法2】リップパック

ワセリンパック
ワセリンにもいくつか種類がありますが、基本的にはプチプラなのに、保湿効果が高いとのことで人気の高いアイテムとなります。
  1. まずはお湯に浸したタオルを、口元に優しくあてます。唇をうるおしてくれるだけではなく、スチーム効果も期待できますので、ワセリンが塗りやすくなります
  2. 上唇の中央から口角に向かってワセリンをたっぷり塗っていきます。下唇も同様に行います
  3. 力加減を調節しやすい薬指の腹を使って、上唇、下唇それぞれの中心から口角に向かって、小さな円を描くようにクルクルと優しくマッサージしていきます
  4. 唇のサイズにカットしたラップを、ワセリンを塗った唇へのせていき、2分放置します
  5. 1分経ったら取り外します

保湿効果が期待できるという点から、そのまま放置してもいいですが、付けすぎてベタベタ感が気になる場合は、ティッシュで軽くオフしてください。

【方法2】リップパック

はちみつパック
はちみつは保湿効果と唇の荒れを改善してくれる、ビタミンB群、ナイアシンを含んでいます。しかし、注意したいのが食用として販売されているはちみつの使用です。できるだけはちみつをベースとしたスキンケア化粧品や薬局で販売されているものを使用するようにしましょう。
  1. 小さめのスプーンではちみつを取ったら、唇全体につけていきます。はちみつはとろみがありますので、唇へつけにくいかと思いますので、素手ではなく、スプーンを活用することをおすすめします
  2. 唇のサイズにカットしたラップをのせます。そのまま5~10分間、放置しましょう。置く時間は様子を見ながら調節していきましょう
  3. ラップを外し、お湯に浸したタオルなどで軽く拭きましょう

リップケアにおすすめの化粧品

今回は美容家・船山葵さんが推奨する、唇のケアに最適なリップケアアイテムをご紹介します。

リップモイストエッセンス(d プログラム)

リップモイストエッセンス(d プログラム)

販売価格(編集部調べ):1,620円(税込)
内容量:10g
医薬部外品

詳しくはこちら

おすすめの理由
有効成分によって、唇の荒れや乾燥を防いでしっかり保湿してくれます。また、乾燥による縦ジワを目立ちにくくしてくれますよ。パラベン・アルコール・鉱物油フリーなので、使用することができます。

監修者の写真美容家 船山葵

使ってみた感想
こっくりとしたテクスチャーなのに、ベタつきが気になりません。また、チューブタイプなので、唇にスルスルと塗りやすいのも嬉しいところです。つけたあと、ティッシュで軽くオフすれば、口紅下地としても活用できますよ。

V/Cホワイトスティック(DHC)

V/Cホワイトスティック(DHC)

販売価格(編集部調べ):2,160円(税込)
内容量:1.7g

おすすめの理由
高濃度ビタミンCを配合していますので、唇の荒れや乾燥をしっかりケア。オリーブオイルやオリーブスクワランを配合していますので、かさつきが気になる唇をしっかり保湿します。パラベンフリーなので、敏感な肌の方にもお使いいただけます。

監修者の写真美容家 船山葵

使ってみた感想
唇へスルスルと滑らせることができるのに、たったのひと塗りで、しっかり保湿をしてくれるような感じがします。ベタつき感も一切ないので、リップクリームとしてはもちろん、口紅下地としても使用していますよ。これを使用し続けていると、カサつき知らずな唇になるような気がします。

フルーツ リップバーム N(ジル スチュアート)

フルーツ リップバーム N(ジル スチュアート)

販売価格(編集部調べ):1,620円(税込)
内容量:7g

おすすめの理由
ストロベリーエキスやハチミツエキスと保湿効果が期待できる成分はもちろん、シアバター、カカオバター、アプリコットオイルを配合。これによって、カサつきが気になる唇の皮膚を柔らかくしてくれます。乾燥による縦ジワが気にならない、ぷっくりとやわからな唇を叶えます。

監修者の写真美容家 船山葵

使ってみた感想
かなりとろみのあるテクスチャーなので、唇への保湿力は抜群だと思います。少量でもしっかり唇へ伸ばすことができますよ。中指の腹で優しく塗るのもよし、綿棒を使って、細かい部分まで塗っていくのもいいなと思いました。

LIP8(EsLucy)

LIP8(EsLucy)

販売価格(編集部調べ):1,944円(税込)
内容量:10g

詳しくはこちら

おすすめの理由
アルガンオイル、ホホバオイル、ココナッツオイル(ヤシ油)、シアバター(シア脂)を配合していますので、高い保湿力が期待できます。また唇のくすみにも効果的なビタミンC誘導体とレスベラトールを配合。乾燥する季節はもちろん、唇の紫外線ケアとしても使えます。

監修者の写真美容家 船山葵

使ってみた感想
こっくりとしたテクスチャーなのに、サッと唇になじんでくれます。チューブタイプなので、そのまま唇へ塗ってもいいですが、ベタベタした感じもありませんので、手にとってマッサージするように唇へつけるのもオススメです。

リップセラムエッセンス(リフトプラセンタ)

リップセラムエッセンス(リフトプラセンタ)

販売価格(編集部調べ):1,620円(税込)
内容量:8g

おすすめの理由
日本では約9%しか存在しないといわれている、SPF豚のプラセンタから、油溶性成分をオリーブオイルで抽出して作られました。さらにこれにプラスして、15種類もの美容成分を配合していますので、エイジングケアはもちろん、保湿効果が期待できます。

監修者の写真美容家 船山葵

使ってみた感想
唇ケアとして使いたいときは、朝と夜にたっぷり塗ると、カサカサ感がなくなった感じがします。また、口紅下地として使用するときはかなり薄めに塗ると、唇へスルスルと塗ることができました。

まとめ

唇のくすみを改善するリップケアの方法!美容家オススメの化粧品も紹介のまとめ

唇は皮膚が薄く、とても敏感なパーツ。だからこそ、日頃からしっかりとリップケアを取り入れて、乾燥知らずな唇を目指しましょう。

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

カテゴリー