スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

ピーリングにスキンケア効果はある?ニキビ・シミ・くすみを自宅でケア

更新日:2018/03/02 公開日:2018/02/13

ピーリングとは、肌の表面に溜まった古い角質を取り除いてターンオーバーを促すことを目的としたケアです。シミ、ニキビなど、さまざまなトラブル改善で行ないます。ピーリングピーリングがもたらす美肌効果やピーリングの種類、また、ピーリングをする際の注意点などを押さえて、自分にあったケアを確認していきましょう。

ピーリングは古い角質をはがすスキンケア

ピーリングは古い角質をはがすスキンケア

化粧ノリが悪い、肌のくすみが気になる、ニキビを繰り返す、シミやシワが目立ち始めるなど、さまざまな肌の不調の裏には、古い角質が上手く排出されない状況が起こっています。

なぜ、肌に古い角質が残ってしまうのでしょうか。それには、肌の生まれ変わりのサイクルである「ターンオーバー」が関係しています。

私たちの皮膚は、角質細胞によって作られています。内側から新しい角質細胞が生まれ、古くなった角質は表面ではがれ落ちるというサイクルがあり、でこれを「ターンオーバー」と呼びます。新しい角質細胞がつくられ、表面ではがれ落ちるまでのサイクルは、年齢によっても変わりますが、約28日です。しかし、なんらかの要因でサイクルのスピードが早くなったり、遅くなったりするが場合があるのです。

ターンオーバーのサイクルが乱れる要因として、以下のものがあげられます。

〇乾燥

〇間違ったスキンケア(洗顔のしすぎなど)

〇日焼け

〇肌荒れ

このような肌トラブルによって、ターンオーバーのサイクルが遅くなると自然とはがれ落ちるはずの古い角質が肌表面にいつまでも残ってしまいます。

ピーリングで溜まった古い角質を落としてターンオーバーを促進

ピーリングには角質を除去する作用が期待されます。つまり、古い角質を除去することで肌の表面をきれいにし、古い角質が肌にたまることで起こっているトラブルの改善効果を期待できるケアと言えるのです。

ピーリングとケミカルピーリングの違い

ピーリングは、主に化粧品を使い自分で行うセルフピーリングとクリニックで行なうケピカルピーリングの2種類があります。

セルフピーリング

市販のピーリング化粧品を用いて自宅で行う方法です。主に化粧水や石けんタイプがあります。市販の化粧品のため、ピーリング効果も緩やかなものになっています。

ケミカルピーリング

医療用の医薬品を使って化学的に皮膚表面の角質を溶かして除去する医療施術。主に美容クリニックで行われています。AHAなどの薬品を使ったピーリング剤には市販のものもありますが、美容クリニックで受けるピーリングは市販のピーリング剤よりも薬品濃度が基本的に高く、高い効果を期待できます。

また、ピーリングの後のイオン導入は、ピーリングで古い角質を除去した後にイオン導入を行うため、より肌に美容成分を浸透させることができ、相乗効果が期待できます。

ピーリングによる美肌効果

ピーリングによって角質を除去することで、シミやくすみの除去、毛穴の開きの改善、ニキビやニキビ跡の改善などの効果が期待できます。

ニキビ

ニキビ

ニキビの大きな原因は、毛穴の入口が分厚くなった角質でふさがれ、毛穴の中に皮脂が詰まること。ピーリングは、毛穴をふさいでいる古い角質の除去することで、ニキビの原因となる毛穴の詰まりを解消する効果が期待されます。

ただし、ピーリングによる改善効果が期待できるのは、毛穴の中に皮脂が詰まって白っぽく見える「白ニキビ」や、毛穴に詰まった角栓の表面が酸化した「黒ニキビ」です。ピーリングに殺菌作用はないため、毛穴の中で炎症を起こしている「赤ニキビ」や、炎症が悪化して膿が出ている「黄ニキビ」への効果は期待できません。赤ニキビや黄ニキビができている場合は、普段のケアではできるだけやさしく洗顔することを心がけ、早めに皮膚科で相談しましょう。

ニキビ跡

ニキビ跡とは、悪化したニキビによって肌がダメージを受け、跡の残った状態です。メラニン色素が沈着してシミになったり、クレーター状に毛穴の周囲が陥没してしまったりします。

医療機関で受けられるケミカルピーリングには、肌のコラーゲンを作り出す働きを促進する作用もあるといわれており、ニキビ跡の改善に効果的という見解もあります。しかし、日本皮膚科学会が策定する「日本皮膚科学会ケミカルピーリングガイドライン(改訂第 3 版)」では、ニキビ跡へのケミカルピーリングの効果について十分な根拠がないため現時点では推奨できないと評価しています。

いずれにせよ、化粧品によるケアでの改善は難しいです。ニキビ跡の悩みに関しては、まず皮膚科で相談することをおすすめします。

シミ

シミ

シミは原因によって4種類に分けられます。

〇紫外線…肌の老化や紫外線の影響でできるシミ

〇肝斑(かんぱん)…女性ホルモンのバランスの乱れや紫外線の影響でできるシミ

〇雀卵斑(そばかす)…遺伝的な要因が大きい

〇炎症後色素沈着…皮膚の炎症が原因でできるシミ

この中で、日光性黒子はケミカルピーリングで色を薄くする効果が期待できるといわれています。反対に、そのほかのシミに関しては十分な根拠がないとされています。ただし、市販のピーリング剤は前述したように薬剤の濃度が低く効果もマイルドです。市販のピーリング剤でシミの対策を試みるよりは、クリニックで医師に相談することをおすすめします。

くすみ

ピーリングで効果を期待できるくすみの種類は、日焼けによって発生したメラニンによるくすみ、古い角質が重なったことによるくすみです。つまり、古い角質を除去することで改善できるくすみに効果があるといえます。しかし、ピーリングをした後、いわば一皮むけた状態の肌は肌表面の角質層の保湿機能やバリア機能が低下しており、極度に乾燥している状態です。肌に水分が少ないとくすんで見えるので、逆にピーリングをしたことで、乾燥してくすんでしまう場合もあります。ピーリング後の保湿はきっちりと行いましょう。

自宅でのピーリング効果

ピーリングに含まれる成分として有名な、AHA(アルファヒドロキシン酸)は、角質細胞同士の接着を弱めて、古い角質を取り除く効果があり、その刺激によって肌のターンオーバーが活性化される効果が期待できます。AHAは他のピーリング剤よりも肌に刺激が少ないといわれているので、ピーリングが初めての方や敏感肌の人も安心して使えます。

ピーリングは、市販のものを使って自宅でも気軽に行うことができます。一言でピーリング剤といっても、さまざまなタイプのものがありますので、ひと通り確認していきましょう。

洗顔料タイプのピーリング
石けんや洗顔フォームにピーリングの成分が含まれているもので、いつもの洗顔の感覚でピーリングができるので手間がかからず楽です。
塗って洗い流すタイプのピーリング
塗って洗い流すピーリング剤は、石鹸よりもピーリング効果が高いので週に1回お手入れとして取り入れてみましょう。
洗い流さないタイプのピーリング
洗顔後に、化粧水などと一緒に使う、洗い流さないタイプのピーリング。洗い流さないぶん物足りないかもしれませんが、刺激が弱く、敏感肌の人でも使いやすい傾向があります。
拭き取るタイプのピーリング
コットンにピーリング剤をなじませて、古い角質を拭き取るタイプのピーリング剤。
塗ってからこするタイプのピーリング
ジェルやクリームを肌に塗ってから優しくこすることで、消しゴムのカスのようなゴミがポロポロと落ちてくるタイプのピーリング剤もあります。ただし、消しゴムカスのような物質は、古い角質ではなく薬剤に配合されているゲル化剤が固まったものです。固まったゲル化剤で肌をこすることで、角質というよりは汚れを吸着させる効果が期待されます。使用するときは、ニキビがあるときや肌が乾燥しているときは控えることと、強い力でゴシゴシこすらず、なでるようにやさしくつかうことに注意してください。

自宅で使用できるピーリング剤は、基本的に薬剤の濃度が低く、作用もマイルドだといわれています。では、クリニックで受けるピーリングにはどのような効果が期待できるのでしょうか。

クリニックでのピーリング効果

クリニックでのピーリング効果

クリニックで受けるピーリングには、ケミカルピーリングやクリスタルピーリング、レーザーピーリングなど薬剤を使ったり自宅では使えない機械を用いたりと、さまざまなピーリングがあります。その中でも、特によく耳にするのが前述した「ケミカルピーリング」ではないでしょうか。

ケミカルピーリングとは、AHA(フルーツ酸)の一種であるグリコール酸などの酸を塗り古い角質を科学的に融解して剥離、除去することで肌の再生能力を高める治療法です。患者の肌に合わせた薬剤を使用し、医師の指導のもと安全性に配慮して行われます。

ピーリングの効果は何日で出てくる?

ピーリングで効果を期待する肌悩みや肌の状況、個人差もあるため、一概にどのくらいで効果を実感できるとは言えません。クリニックで行われるピーリングでは、1回行っただけでも肌の手触りやメイクのノリといった面で実感できる場合もあるようです。一方、ニキビやくすみなどへの効果を期待する場合、定期的に通院し、施術を受けることが多いでしょう。

病院での効果を実感するにも時間と回数がかかるので、自宅でのピーリングは、もう少し時間がかかると言えるかもしれません。

ピーリングの頻度

ピーリングを行う頻度の目安は、製品によって異なります。洗顔料などにピーリング効果があるものの中には毎日使用できるものもありますが、使用前に必ず説明書きを読み、使用頻度を厳守するようにしましょう。

ピーリングをし過ぎてしまうと、逆に肌を痛めてしまい、かえって以下のようなトラブルを招く可能性があります。

〇皮膚のバリア機能の定価

〇乾燥肌

〇ビニール肌(皮膚の菲薄化)

ピーリングを日ごろのケアにとり入れる場合は、その製品の使用方法を守るようにしましょう。

まとめ

ピーリングにスキンケア効果はある?ニキビ・シミ・くすみを自宅でケアのまとめ

肌のターンオーバーが正常に行われ、古い角質が肌表面に蓄積しないようにすることは美肌のポイントの1つ。その手助けをしてくれるのがピーリングです。

ただ、ピーリングをした後のお肌はいわば、ひと皮むいた状態でとてもデリケート。保湿はもちろんのこと、特に紫外線には注意をしてくださいね。また、ピーリングのしすぎは肌を痛めつけてしまうため、厳禁です。ピーリングを日々のスキンケアに正しくとり入れて、美肌を手に入れましょう。

今すぐ読みたい

カテゴリー