スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

崩れないベースメイクの基本!順番とアイテム選びが大切!?

更新日:2018/06/29 公開日:2018/02/27

化粧下地、ファンデーション、そしてフェイスパウダー。肌の素地づくりともいうべきベースメイクは、すべてのメイクの基礎中の基礎。ここが崩れてしまうと、せっかくの化粧をしても、なんだかくすんだ顔つきに見えてしまいます。どうすれば、ベースメイクが崩れることなく、きれいなメイクを長時間保持できるのでしょうか。美容家の益子克彦さんがおすすめする化粧下地とともに、メイク崩れの原因や、崩れないためのテクニックをご紹介します。

ベースメイクが崩れる原因は?

ベースメイクが崩れる原因は?

メイクが崩れる原因はさまざまですが、その原因の多くは「肌の乾燥」にあります。肌が本来持っている水分を保持できなくなり、皮脂のバリア機能が低下してしまって肌が乾燥してしまうと、肌がカサつき、せっかく塗り重ねたメイクがヨレたりハゲたりしてしまうのです。また、肌が乾燥してくると、これ以上乾燥させないようにと、過剰に皮脂が分泌されてしまいます。この皮脂により、Tゾーンや頬のベースメイクがドロドロになり、さらなるメイク崩れにつながってしまいます。

ずばり、メイクの崩れを防ぎたいのであれば、肌を絶対に乾燥させないのがコツ。"メイク仕立てのきれいな私"を維持するために、使っている化粧下地やコスメを見直してみましょう。

基本のベースメイク

まずは、ベースメイクに使う3品から見直しましょう。

化粧下地

ベースメイクの基本ともいえる化粧下地には、リキッドタイプとクリームタイプの、おおむねふたつのタイプがあり、コスメによる刺激を肌に伝えないようにする、お肌のガードの役目をはたしてくれます。

乾燥肌の人は、保湿力の強いタイプを。敏感肌の人は紫外線吸収剤が入っていないナチュラルなタイプを。オイリー肌の人は、皮脂ケアができるタイプを選んで使うようにすると、メイクの崩れも防ぎやすくなります。

ファンデーション

ファンデーション

肌の色をコントロールし、シミ、ソバカス、傷跡といった肌のトラブルをカバー。なめらかで美しい肌作りに欠かせないのがファンデーション。自身の肌の調子や質、使用感などを見極め、自分自身の肌に最も合ったファンデーションを選ぶことが大切です。パウダータイプ、リキッドタイプ、ジェルタイプと種類が豊富ですが、リキッド、クリーム、ジェル、エマルジョンといった液体タイプのものの方が、油分が多く含まれるため、肌の乾燥を防ぐ効果が高くなります。

フェイスパウダー

毛穴を隠したり、肌表面をつややかにしたり、ファンデーションだけではカバーしきれなかった部分を隠してくれるコスメ、それがフェイスパウダーです。紫外線を反射し、肌を守る役割を持つほか、皮脂や汗を吸収する性質を使って、メイクを長持ちさせる効果も期待できます。フェイスパウダーを丁寧に、ムラなくしっかり付けることが、メイクヨレを防ぐコツにもなります。

使いこなしたいコスメと使用上のポイント

続いては、メイク崩れをなくすため、そして、美しい肌に導くために使いこなしたいコスメアイテムについて解説。上手に使うことで、メイクヨレを防ぐことができます。

コンシーラー

コンシーラーはシミやソバカス、ホクロといったお肌の問題点を効果的に隠すコスメです。隠したい部位により、自身の肌よりやや明るいもの、またはやや暗めのものを選ぶのがポイントになりますので、複数の色が入っているパレットタイプのコンシーラーを選ぶと便利です。こうして問題点を隠すことで、メイクが多少ヨレても、美しく見える肌をキープしやすくなります。

コントロールカラー

緑や青、黄色、紫、ピンクといった色付きのファンデーション。それがコントロールカラーです。顔のくすみを消したり、赤ら顔を補正したり、コントロールカラーはさまざまに役立ってくれます。伸びがよく、肌への密着度が高いものを選ぶと、メイク崩れを防ぐことができます。肌質や、実際の肌色によって使うべき色が変わるので、購入時に美容部員さんにアドバイスを受けることをおすすめします。

ハイライト

ハイライト

顔の一部分に明るい色をのせることで、立体感やつや感をもたらす効果があるハイライト。人気の「透明感メイク」をするなら、ぜひ活用したいコスメアイテムです。血色が悪い場合はピンクやベージュを。肌のくすみが気になる場合はパープル系を。ニキビや赤みを隠したい場合はイエロー系を使うと、気になる肌色を隠すことができます。また、肌に透明感が出るので、多少のメイク崩れなら隠すこともできます。

シェーディング

顔に陰影を付けることで、メリハリ感と小顔感をもたらすコスメ。それがシェーディングです。自分の肌色よりも暗めの色を選び、わざとらしくならない程度に暗くするのが、失敗メイクにならないコツ。エラやあご下のたるみ、おでこなど、気になる部分に入れることで、目立たなくすることができるので、鏡を見ながらじっくりと、自分に似合う効果的なシェーディングを研究する時間を作ることをおすすめします。ハイライトと同様に、メイク崩れを目立たせない役割も果たしてくれます。

ベースメイクの順番

では、上記で紹介したコスメを、どのような順番で使えばメイク崩れしにくい美肌が出来上がるのでしょうか。

1.化粧下地から開始!

肌を外的刺激や紫外線から守るためにもまずは化粧下地を塗ります。下地だから…と適当に塗ってしまうのは大間違い。ムラなく丁寧に、細かい部分にもしっかりと均一に塗るようにしましょう。このひと手間が、メイク崩れを防ぐために大切なんです。

2.コントロールカラーで基礎固め!

続いて、なりたい肌色に沿って、コントロールカラーを塗ります。コントロールカラーはポイント使いすることもできますが、全体に塗ったほうがムラなく、均一な仕上がりになります。

3.ファンデーションでお肌をカバー!

3.ファンデーションでお肌をカバー!

続いてはファンデーション。均一にムラなく塗り、なめらかな肌に仕上げます。

4.コンシーラーはここで登場!

ファンデーションで隠しきれなかった部分を、コンシーラーで塗り、サポートします。ファンデーションの前にコンシーラーを塗ってしまうと、そこだけ厚塗り感が出てしまう上に、均等にファンデーションが塗れず、そこからメイク崩れが広がってしまうのでご用心を。

5.フェイスパウダーをなじませる

ここでフェイスパウダーの登場です。ファンデやコンシーラーの水分が蒸発しきる前に、フェイスパウダーを少量とったパフで、肌になじませるように付けていきます。厚塗りしるぎないよう、少量ずつなじませましょう。

6.仕上げは、ハイライト&シェーディング

アイシャドウやアイブロウ、マスカラ、リップといったカラーコスメを付けたら、鏡で顔全体をよく見て、メリハリが足りないかも?と思った部分にハイライトやシェーディングを施します。その日のむくみ具合や肌色によって、施す量や場所を変えるのが上手にメリハリを付けるコツ。流れで適当に入れるのではなく、必ず鏡で顔全体を確認してから入れるようにしましょう。

崩れないベースメイクのためのおすす化粧下地

ここでは美容家の益子克彦さんがおすすめする、崩れないベースメイクのための化粧下地をご紹介します。

B.A デイセラムM シルキーグロー(B.A)

B.A デイセラムM シルキーグロー(B.A)

販売価格(編集部調べ):9,720円(税込)
内容量:25g
SPF30・PA+++

おすすめの理由
肌をうるおわせながら、凹凸やくすみをしっかりカバーしてくれる化粧下地です。肌にもファンデーションにもピタッとフィットするので、化粧崩れもほとんどなく、おすすめ。ピンクゴールドのカラーが肌になじんで血色感をアップ。その名の通りシルクのように上質な光沢に仕上がり、発酵したような輝きを与えてくれます。

監修者の写真メイクアップアーティスト・メイク講師・スキンケアアドバイザー 益子克彦

使ってみた感想
毛穴もくすみもしっかりカバー。薄づきファンデーションとセットで使うと素肌っぽくキレイに見えて、透明感が作れます。内側からぷるんとみずみずしいツヤが出ます。乾燥したオフィスでも乾かないし、化粧崩れがないので重宝すると思います。

SK-II アトモスフィア CC クリーム(SK-II)

SK-II アトモスフィア CC クリーム(SK-II)

販売価格(編集部調べ):9,180円(税込)
内容量:30g
SPF50・PA++++

詳しくはこちら

おすすめの理由
スキンケア成分アトモスフィア シールド コンプレックス Pを配合するSK-II アトモスフィア CC クリームは、保湿効果のある化粧下地で、うるおいを与え、キメを整えてくれます。また、微細なパールで肌がトーンアップし、内側からふんわり輝くような肌になるのが魅力。また、SPF50 PA++++の高い日焼け止め効果もあり、有害な紫外線や赤外線、大気汚染からも肌を守ってくれます。肌色コントロール効果もあるので、肌のくすみがちな40代、50代にもおすすめ。化粧崩れもしにくく、長時間キープしてくれるのがうれしいところ!

監修者の写真メイクアップアーティスト・メイク講師・スキンケアアドバイザー 益子克彦

使ってみた感想
伸びが良く軽いつけ心地で、肌にピタッと密着。化粧崩れもしにくく、モデルの撮影時など、長時間過酷な状況にあるようなときでも、しっかりと耐えてくれます。日常生活においても、化粧崩れを気にせずに安心して1日を過ごせるでしょう。商品に含まれる「微細パール」が、忙しいスケジュールの俳優・女優さんの肌を即座にいきいきとした肌に見せてくれるので、撮影にも役立っています。

ドラマティックスキンセンサーベース UV(マキアージュ)

ドラマティックスキンセンサーベース UV(マキアージュ)

販売価格(編集部調べ):2,808円(税込)
内容量:25mL
SPF25・PA+++

詳しくはこちら

おすすめの理由
肌の水分と皮脂を調整し、ずっと素肌感をキープ。透明なのに、肌をキレイに見せてくれます。肌の水分バランスと皮脂をコントロールするセンサー効果で、付けたての仕上がりよりも美肌に導いてくるのが魅力的。くずれのないさらりと美しい肌が1日続くのって、嬉しいですよね。

監修者の写真メイクアップアーティスト・メイク講師・スキンケアアドバイザー 益子克彦

使ってみた感想
夕方まで本当にくずれず、僕自身も何本もリピートしてます。夏にはこれがないと、撮影ではメイクできないというくらいの名品です。皮脂をコントロールするから、テカリはもちろんくすみもなく、時間が経ってもきれいなままです。

プライマーアディクション(アディクション)

プライマーアディクション(アディクション)

販売価格(編集部調べ):4,536円(税込)
内容量:30g
SPF12・PA+

おすすめの理由
どんな肌質も瞬時に整えてくれます。肌とファンデーションを引きよせるため、長時間仕上がりが持続するので、崩れないと太鼓判。カサつく肌にもベタつく肌にもスキンケアクリームのように心地良く馴染んで一体化します。膜感と厚みゼロで塗ったことを忘れてしまうほどなのに、肌感はしっとりと柔らかく、さらに肌表面はさらさらに。ファンデーションの実力を引き出し、夕方になっても乾かず、極上の仕上がりが続くところが、おすすめです。

監修者の写真メイクアップアーティスト・メイク講師・スキンケアアドバイザー 益子克彦

使ってみた感想
みずみずしくのびて肌にうるおいを充填するつけ心地は、まるで保湿クリームのようでした。ほんのりとツヤを与え、時間が経つほど表面はさらさらになります。さらに、肌の上で溶けてなくなるような柔らかなつけ心地で、厚みが出ないのが素晴らしいです。なので、ファンデーションで肌の質感が作りやすいです。

アンクル ド ポー オール アワーズ プライマー(イヴ・サンローラン・ボーテ)

アンクル ド ポー オール アワーズ プライマー(イヴ・サンローラン・ボーテ)

販売価格(編集部調べ):7,020円(税込)
内容量:40ml
SPF18・PA++

おすすめの理由
しっかりと水分や油分を吸着してテカリを抑え、スルッとした肌をキープします。その上、乾燥崩れさえも寄せ付けません。そのラスティング力もさることながら、僕らアーティストが絶賛するのは、肌表面をフラットに整え、ファンデーションのりを高める機能です。ピタリとフィットして毛穴やごわつきをなめらかにし、綺麗な素肌にしてくれます。メイク持ちもアップします。

監修者の写真メイクアップアーティスト・メイク講師・スキンケアアドバイザー 益子克彦

使ってみた感想
ゆるゆるのミルクタイプで、キープ下地ながらきしみ感はなく、するするさらさらと広がって肌と一体化。見ても触れてもばっちりな仕上がりになります。薄くしっかり毛穴を包んでうるおいも逃さず、くずれにくいです。ファンデーションの長所も引き出してくれますよ。

パンプリフティング ベース R PK100(エレガンス)

パンプリフティング ベース R PK100(エレガンス)

販売価格(編集部調べ):5,400円(税込)
内容量:30ml
SPF25・PA++

詳しくはこちら

おすすめの理由
弾力性の高いベースが肌をぐっと引き締める感覚があります。ふっくらとしたハリ肌に導き、さらに高いトーンアップ効果がくすみや色ムラにアプローチ。キメや毛穴の凹凸をならして、触れてもなめらかな肌に。塗るだけで均一な上質肌に仕上げる実力は、さすが下地に定評のあるエレガンスだと思いました。透明感をアップさせて、うるおいを長続きさせることができる。特に乾燥しがちな肌の人におすすめです。

監修者の写真メイクアップアーティスト・メイク講師・スキンケアアドバイザー 益子克彦

使ってみた感想
しっとりしたクリーム状で、PK100は血色感不足を補い、柔らかく女っぽい印象にしてくれます。自然に明るくするBE900はイエローベースの肌の方におすすめです。目立つ毛穴も色ムラも"なかったこと"のように、きれいにカバーしてくれます。ぬかりない端正な大人肌を生む威力はさすがです。見えないストッキングで顔全体が引き上げられたかのようでした。ピンク色のベースなので、肌の透明感が上がりました。うるおいもあり、ツヤ感もアップします。

モイスチャークリーム(アンブリオリス)

モイスチャークリーム(アンブリオリス)

販売価格(編集部調べ):1,620円(税込)/ 3,024円(税込)/ 円(税込)
内容量:30ml/ 75ml/

詳しくはこちら

おすすめの理由
世界中のメイクアップアーティストが愛用する、トリートメント効果と保湿効果に優れたモイスチャークリーム。男性、女性問わず乾燥肌のモデルさんをメイクする時に愛用しています。乾燥から肌を守ってくれるミツロウ、肌にうるおいを与えるダイズタンパクやアロエベラ、肌をしなやかに保つシアバターなどの保湿成分をふんだんに配合。エモリエント成分による軽いつけ心地で、朝晩のお手入れ時の保湿クリームや、メイク前の下地クリームとしておすすめです。化粧崩れでお悩みの方に、おすすめします。

監修者の写真メイクアップアーティスト・メイク講師・スキンケアアドバイザー 益子克彦

使ってみた感想
軽いつけ心地で、肌を柔らかくなめらかにします。うるおい成分が豊富に配合されているので、化粧下地としてだけでなく、美容液としても使うことができます。メイク後も長時間つややかな状態を保ち、長い時間の撮影にも耐えてくれるので重宝しています。

アレルバリア エッセンス(d プログラム)

アレルバリア エッセンス(d プログラム)

販売価格(編集部調べ):3,240円(税込)
内容量:40mL
SPF40・PA+++

詳しくはこちら

おすすめの理由
花粉やほこりで肌荒れする方、紫外線からも肌を守りたい方におすすめなのが、この日中用保護美容液。美容液でありながら、ファンデーションのつきやノリを良くする、化粧下地効果もあります。最初は化粧下地に?と半信半疑ではありましたが、使ってみると十分化粧もちも良く、化粧崩れにもいいのがおすすめです。「アレルバリア エッセンス BB」と併用していただいても良いでしょう。

監修者の写真メイクアップアーティスト・メイク講師・スキンケアアドバイザー 益子克彦

使ってみた感想
しっとりした感触でのびも良く、うるおいを持続してくれます。花粉やほこりが原因で肌が荒れている方には特におすすめ。「アレルバリア エッセンス」のように天然素材でできた低刺激のものを使えば、肌への負担も軽減することができます。また、クレンジングも肌への刺激になることがありますが、こちらの商品は洗顔料だけで落とせるので安心ですね。

メディケイテッド コンシーラーベース(d プログラム)

メディケイテッド コンシーラーベース(d プログラム)

販売価格(編集部調べ):2,700円(税込)
内容量:25g
医薬部外品
SPF16・PA++

詳しくはこちら

おすすめの理由
化粧のりや化粧もちを高めながら、つけていることでニキビや肌あれを防ぐ薬用化粧下地です。コンシーラー効果で、ニキビ跡や肌荒れもしっかりカバーします。まずこれだけでかなりカバー力あり、毛穴持ちの方や色ムラが気になる方、乾燥肌の方にお勧めです。時間が経ってもよれたりテカったりせず、むしろ時間が経つごとにフィットしているような気もします。

監修者の写真メイクアップアーティスト・メイク講師・スキンケアアドバイザー 益子克彦

使ってみた感想
薄く塗ると下地に、シミの部分に少し重ねるとコンシーラーに、とよく考えられた商品です。塗った後、数十秒おいて、よく馴染んだ後に、メイクアップすれば、崩れもよれもしません。肌色が均一になってこれにお粉だけでもいいくらい、つるんと滑らかなお肌を実現します。ぴったりとフィットするので、リキッドファンデーションのノリがかなり良かったです。色味は最初びっくり。でも、効果にもびっくりのベースでした。しっとりしていて乾燥しているTゾーンもしっとりです。よれない、崩れない、ファンデーションの色味がキレイに出る、色ムラカバー、毛穴カバー、ということなし。毛穴持ちの方や色ムラが気になる方、乾燥肌の方におすすめです。

クリーミィ ポリッシュト ベースN(RMK)

クリーミィ ポリッシュト ベースN(RMK)

販売価格(編集部調べ):3,780円(税込)
内容量:30g
SPF14・PA++

おすすめの理由
まるで1枚のフィルターをかけたように素肌をカバー。肌色にあわせて選べる3色。磨きあげたようにつややかで透き通る肌をつくり、肌への密着も高まり、毛穴などが目立たない、美しいベースメークへ導くのが魅力です。スキンケア効果を高め、日中の肌のうるおいもキープしてくれます。化粧崩れでお悩みの方にもおすすめです。

監修者の写真メイクアップアーティスト・メイク講師・スキンケアアドバイザー 益子克彦

使ってみた感想
過去に使っていましたが、伸びの良さと付けた時の心地よさが好きで、再び戻ってきてしまうくらいの化粧下地です。自分は02番を使っているのですが、薄付きでナチュラルに仕上がります。カバー力があるというよりは、ファンデーションをキレイにのせるために付けるという感じですね。ファンデーションも崩れにくいので、崩れ防止の下地におすすめです。ナチュラルに仕上げたい派なので手放せない商品となっています。

まとめ

崩れないベースメイクの基本!順番とアイテム選びが大切!?のまとめ

美しい肌を長時間キープするためには、肌質に合った化粧下地を選び、丁寧にメイクをすることが大切です。益子さんがおすすめする化粧下地を参考に、美しい肌作りを目指してみましょう。

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

カテゴリー