スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

電車内で吹き出る汗、ニオイが気になるときの対策

更新日:2018/05/01 公開日:2018/04/27

通勤・お出かけ・移動など、多くの人が利用する電車は、特に都心部て?はなくてはならない交通手段です。しかし、電車内は人が多くて、冬でもムシムシしていることがあります。暑くて顔に流れる汗やワキの汗じみ、そして気になるニオイ…。汗かきやワキガの人は気が気ではありません。この記事では、そんな電車内の困った汗を抑える方法や、汗をかかないための対策をご紹介します。

電車内は汗をかきやすい環境 よくある汗エピソード

電車内は適温が保たれていて快適かと思いきや、実はとても汗をかきやすい環境なのです。ここでは電車内でありがちな汗で困ったエピソードを見ていきましょう。

【A子さんの場合】

寒くてコートの下にヒートテックとセーターを着こんでいましたが、電車内は人が多くて思ったよりも暑い…。暖房も効いているので、顔から汗がジワジワ出てきました。混んでいてハンカチを取り出して拭くこともできず、結局電車を降りたときにはメイクがドロドロに崩れて最悪でした。

【N子さんの場合】

仕事に遅刻しそうだったので、走って駅の階段を降りて電車に乗ったら、急に全身から汗がドッと吹き出してきたんです。自分ではよくわからないけど、周りの人達に「この人臭いな」と思われているんじゃないかとヒヤヒヤしました。

【K美さんの場合】

雨の日に電車に乗ったら、車内は湿度が高くてジメジメしていました。ムワッとした熱気でワキから汗がしたたり落ちているのが分かりましたが、つり革を持っているので隠せない。目の前の男性に脇汗を見られているような気がして余計に汗をかいてしまいました。

こんな状況になったこと、あなたもありませんか?電車に乗る前は急いで走ったり、階段を下りたりと身体を動かすことが多い上に、時間帯によっては電車内は人でいっぱいです。夏は冷房が効かずに電車内がムシムシ、冬は厚着をしている上に暖房がついているので、季節を問わず電車での汗対策は必須だと言えます。

電車内で汗をかくと困る、気になるトラブル

電車内では着替えはもちろん、混んでいると自由に動くこともできない状況です。それによって、こんな汗トラブルに見舞われることも。

汗じみ

電車内での汗じみは人目があって恥ずかしいだけでなく、つり革を持っていると目の前の人に脇汗をバッチリ見られてしまう危険も。

汗によるニオイ

人と距離が近い電車内は、汗のニオイで周りの人に迷惑をかけているのではないかと気になってしまうものです。密室でニオイもこもるので、「臭いと思われてるかも」という緊張感で、余計に汗をかいてしまう悪循環を招きます。

汗でメイクが崩れる

顔や額に汗をかいているからといって、電車内ではメイク直しもできません。これから仕事や約束があるのに、電車を降りる頃にはメイクが崩れてドロドロに…なんてこともあります。

電車内で実践!おすすめの汗止め対策

電車内の汗対策は人目があるだけに難しいですが、効果的で手軽にできる方法をご紹介します。

汗対策グッズやデオドラント製品を活用する

気になる汗じみに効果のあるインナーなどの汗対策グッズや、外出先でも使えるデオドラントを活用しましょう。ドラッグストアなどで気軽に購入できる汗ワキパットは、汗が気になる人の必需品といってもいいでしょう。今は色々な種類があるので、自分に合ったものを見つけてください。

使い捨てタイプ
衣服に粘着テープで貼るだけで、気軽に使える使い捨ての汗ワキパットです。付けているのがバレないように、ベージュや白など服に合わせて色が選べます。また、コンパクトなのでバックの中に入れておいて、汗をかいたらすぐに付け替えられるので、便利で衛生的です。
洗って何度も使うタイプ
布でできているので、洗って何度も使える経済的な汗ワキパットです。下着の肩ひもに装着して固定するものが多く、使い捨ての紙タイプよりも肌にやさしくズレにくいのが特徴です。
肌に直接貼るタイプ
汗が気になるところに専用のシールを直接貼り、汗が流れるのを防ぎます。自分の好きな大きさにカットして使うタイプのものもあるので、広範囲でカバーしたいときに便利です。肌に直接貼るので動きの邪魔をせず、ズレる心配もありません。

汗を吸収するインナーを活用する

また、「もっと広い範囲で汗をケアしたい」というときは、汗吸収インナーがおすすめ。ワキだけでなく、上半身全体の汗を防ぐのにぴったりです。さらに、最近の汗吸収インナーは、プラスαでさまざまな機能が付いている優秀なものがたくさんあります。

  • 抗菌・防臭効果
  • ワキに厚手のパット付き
  • ヒンヤリする冷感タイプ
  • 紫外線カット効果

このような機能が付いていて、手頃な値段のインナーが色々なメーカーから出ているので、汗が気になる人はぜひ試してみてください。

そして、汗をかいてしまったときは、そのまま放置すると雑菌と汗が混じり、ニオイを発するようになります。電車内でも手軽に使える汗拭きシートを使って、汗をぬぐうようにしましょう。さすがにワキや胸の汗は人前で拭くことはできませんが、クールタイプの汗拭きシートを使えば、ヒンヤリとした感覚が身体を冷やしてくれます。

特に大きな血管がある首の後ろを冷やすと、効率よく全身の熱を取ることができます。ただ、制汗剤といっても、スプレータイプのものは電車内ではおすすめできません。パウダーが周りに飛び散って迷惑をかけることもあるので、もし使用する場合は電車に乗る前にしましょう。

その他こんな汗対策も

汗が気になったときに電車内ですぐできるちょっとした対策法もあわせてご紹介します。

新鮮な空気が入って来るドアの近くを確保する
電車内がジメジメしているときでも、ドアの近くは新鮮な風や空気が入ってくるので、汗が乾きやすくなります。
弱冷房車を避ける
基本的に、弱冷房車は普通の車両よりもプラス2度の温度に冷房が設定されています。汗をかきそうなときは通常車両に乗るようにしましょう。
リラックスして心を落ち着ける
汗は体温の上昇だけでなく、精神的な緊張でも量が増えます。深呼吸をして気持ちを落ち着かせることも、汗を止めるために必要なことです。

車内が暑い場合、乗車前にホームで上着を脱いでおく

電車内での汗対策も大切ですが、「今日は汗をかきそうだな」というときは、まず乗車する前にコートやジャケットを脱いでおくようにしましょう。冬でも通勤ラッシュときなどは人が密集していて、電車内の温度が上がります。乗車してから混んでいる車内で上着を脱ぐのは難しいので、前もって脱いでおくと服の中で汗が蒸れるのを防げます。

電車の汗対策に!デオドラント&おすすめアイテム

電車や出先での汗対策にも活用できる!美容家がおすすめする制汗&デオドラント商品を紹介します。

デオナチュレ|ソフトストーンW(シービック)

デオドラント&おすすめアイテム デオナチュレ ソフトストーンW シービック

販売価格(編集部調べ):880円(税込み)
内容量:20g

詳しくはこちら

おすすめの理由
肌に直塗りできる、スティックタイプの制汗剤です。テクスチャーはかためのスティックのりのような感じです。塗ったあとべとつくことはなくさらっとしています。白くのこらないところも良いですね。手を汚さずに塗れて、密着度も良いのでとれにくく、ニオイや汗を抑える効果が長持ちすると思います。

監修者の写真 Ema鍼灸マッサージ治療院 院長 江波戸恵美

使ってみた感想
ロールオンの液状タイプと違って、アルコール分があまり入っていないので、肌が赤くなる心配が少ないです。ただ、メンソール系のスースーする感じが結構ありました。肌に塗ったあとの乾きはとても早く、肌表面もサラサラしています。ミョウバンと呼ばれる天然アルム石成分が、毛穴から汗をおさえて いやなニオイの元となる菌を殺菌してくれます。朝一度使えば一日中、汗が全くでないということはありませんが、塗らないときより出にくくはなると思います。いやなニオイもしないで済みました。

セレンシュア|ロールオンNB(資生堂)

デオドラント&おすすめアイテム セレンシュア ロールオンNB 資生堂

販売価格(編集部調べ):486円(税込み)
内容量:30mL
医薬部外品

詳しくはこちら

おすすめの理由
手のひらにすっぽりおさまるコンパクトサイズのロールオン制汗剤だから、気になるときにいつでも、カバンから取り出してさっと塗ることができます。塗った後もすぐに乾いて肌がさらっとするところもポイント高いです。冷涼感が続くので、顔から汗が吹き出しそうな暑い時に使うと気持ち良いですよ。

監修者の写真 Ema鍼灸マッサージ治療院 院長 江波戸恵美

使ってみた感想
肌につけたあと、すぐに肌表面がサラサラになり制汗剤の粉っぽさも全く残りません。リキッドタイプの虫刺され薬にテクスチャーは似ていると思います。肌はヒリヒリはしません。刺激はないですが、スーッとした冷涼感は割と持続します。汗を全くかかないということはありませんが、汗の量を軽減できる気がします。朝つければイヤなニオイは、長時間しないで済みました。ワンコイン(500円)でお釣りがくる価格で、実力があるのでコスパも良いと思います。

エージーデオ24|デオドラントスティック EX(資生堂)

デオドラント&おすすめアイテム エージーデオ24 デオドラントスティック EX 資生堂

販売価格(編集部調べ):1,166円(税込み)
内容量:180g
医薬部外品

詳しくはこちら

おすすめの理由
大きなリップクリームのようなテクスチャーです。汗をおさえるパウダー成分と、ニオイの元となる菌を殺菌する有効成分IPMP入り。肌につけるとぺたっと密着し塗り残し感がありません。塗ったあとの肌表面はさらっとしてるので不快感もありません。ワキに塗ってもすぐ洋服を着ることができることも良いですね。

監修者の写真 Ema鍼灸マッサージ治療院 院長 江波戸恵美

使ってみた感想
スティックのりのようなテクスチャーで、肌にのせると粘性の高いリップクリームのような感触がします。汗でとれないためなのか、肌の上にしっかり膜を張るような感じです。エージーデオシリーズなだけあって、汗のイヤなニオイは一日しないですみました。刺激はそこまで強くはありませんが、スーッとするのと、肌からとれにくいというのもあって敏感肌の人は、少量まず試してみると良いかもしれませんね。量の減りが早いので、もう少しお手頃価格になるとリピートしやすいなと思いました。

リフレア|デオボール(ロート製薬)

デオドラント&おすすめアイテム リフレア デオボール ロート製薬

販売価格(編集部調べ):496円(税込み)
内容量:15g
医薬部外品

詳しくはこちら

おすすめの理由
コロコロしたボールの形をした、およそ制汗剤とは思えない可愛い容器で、周りの目を気にすることなくどこへでも持ち歩けて良いです。汗がイヤなニオイになる前に良い香りに変えてくれるフレグランスセンサー機能がはらたき、香りもローズ系の良い香りがして、汗のニオイは気になりませんでした。

監修者の写真 Ema鍼灸マッサージ治療院 院長 江波戸恵美

使ってみた感想
フタを開けると、ゆで卵を半分に切ったような制汗剤のかたまりが球状にあります。ローズ系の良い香りが、汗をかいたあとイヤなニオイになる前に良い香りに変えてくれます。ニオイに対しての働きは優秀だと思いました。ただ、汗はかきます。肌につけるとサラサラした感じなのですが、濃い色の服を着ると白いパウダーが残ってしまいました。15gと量が少ない点と、半分以上使った後、容器の内側に制汗剤が存在することになり、どうしても直塗りはできなくなるのでその点を改善してほしいなと思いました。

withCOSME|ラポマイン(ハーバーリンクスジャパン)

デオドラント&おすすめアイテム withCOSME ラポマイン ハーバーリンクスジャパン

販売価格(編集部調べ):8,560円(税抜)
内容量:30g

おすすめの理由
主に、ニオイをケアするためのクリームタイプの制汗剤で、とても珍しいと思います。ハンドクリームのように持ち歩け、汗のニオイが気になったときにはトイレや更衣室などでさっと塗ることができて便利だと思います。ただかなり良いお値段がするのでリピートは難しいかなと思いました。

監修者の写真 Ema鍼灸マッサージ治療院 院長 江波戸恵美

使ってみた感想
ややかためなクリームのようなテクスチャーで、肌につけたときの伸びは割と良かったです。つけたあとはサラサラしています。有効成分のイソプロピルメチルフェノールでイヤなニオイを抑え、薬用成分のフェノールスルホン酸亜鉛が皮膚の毛穴を引き締め、汗が出るのを抑えるとのこと。たしかにつけたあと肌表面はさらっといい感じになり、ニオイを抑えられるのですが、汗はやはり出ました。制汗剤でこの値段はかなり高価なので、ちびちび使ってしまいがちですが、ニオイをしっかり抑えるためには、たっぷり塗ることが大切みたいですね。あの汗のイヤなニオイはしないで過ごせました。

汗を止めるツボ、その効果は期待できない

ネット上では、汗を止めるためにはツボ押しが効果的との情報もあります。ここでは、代表的なツボをご紹介します。

神門(しんもん)

小指の先から付け根、そのまま手首へたどっていくと神門のツボがあります。手首の小指側にあたるこのツボは、緊張した状態をやわらげて気持ちを落ち着かせる効果が期待できます。

内関(ないかん)

手首のシワの部分から三本指(人差し指、中指、薬指)分ほど下がり、腕の真ん中にあたる部分。親指でゆっくり押し込むことで、気分を落ち着かせてリラックスさせる効果が期待できます。

合谷(ごうこく)

人差し指と親指の骨が合流するところから、やや人差し指よりのくぼみにあります。全身の気を整えることで、心を落ち着かせます。

実はツボ押しは、はっきりとした効果が認められているわけではありません。ただ、汗を抑えるツボを押すことで、精神的に安心できるという効果はありますね。すでに紹介した、汗対策グッズなどの対処法でも効果が無いときは試してみるのもいいかもしれません。

ワキガが気になる人は特に汗によるニオイ対策をとってみましょう

汗がにおってしまうかもしれない…とは誰もが思いますが、ワキガの人は人一倍心配なのではないでしょうか?汗のニオイの種類はただの汗かきの人とワキガの人では違うため、人が密着する電車内ではニオイがしていないか気が気ではないと思います。

今までにご紹介した汗取りグッズや対策法を試してほしいのはもちろんですが、精神性の発汗を抑えるためにも気持ちを落ち着けることが大切です。

実はワキガの人でも、汗そのものにニオイはなく無臭です。電車内で汗をかいた瞬間からにおうわけではなく、放置して皮膚の常在菌と混ざるとニオイを発するのです。そのため汗が出たからといって、すぐに気にしなくても問題ありません。

まとめ

電車内は、実は汗をかきやすく、汗じみやニオイに悩んでいる人が多いことが分かりましたね。人目があるので汗対策は難しい部分もありますが、汗ワキパットや汗吸収インナーなどを使ってあらかじめ対策をしたり、かいてしまった汗は汗拭きシートなどのデオドラントですぐに拭いたりすることで、ニオイを防ぐことができます。毎日の通勤やお出かけを快適なものにするように、この記事を参考に汗対策をしてみてくださいね。

今すぐ読みたい

カテゴリー