スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

「Q-1乳酸菌」が入ったキムチで、腸内環境の改善を期待/東海漬物

東海漬物株式会社
漬物機能研究所 要素技術開発課
主事 森下 美香 さん

独自の植物性乳酸菌が入った、オリジナルのキムチ

takuminokimuchi1

腸内環境を改善するといわれる、植物性乳酸菌が入った「匠乃キムチ」は、どのような背景からうまれた商品なのでしょうか?

森下:

キムチもそうですが、もともと漬物にはたくさんの乳酸菌が含まれているものが多いんです。乳酸菌の「乳」の字から、ヨーグルトやチーズなど乳発酵食品を思い浮かべる人も多いかもしれません。しかし、漬物やお酒、味噌などの発酵食品には、乳酸菌が含まれています。ヨーグルトやチーズに含まれている乳酸菌は、動物性乳酸菌といわれており、漬物などに含まれている乳酸菌は植物性乳酸菌といわれています。

以前から、漬物のなかに含まれている植物性乳酸菌で、健康をサポートできたらいいなと思い描いていたんです。そこで、それらを使って東海漬物ならではの商品をつくることを最終的なゴールにしました。開発をスタートするにあたって、「乳酸菌に何を求めているのか?」というお客さまアンケートを実施し、一番多かった答えが腸内環境の改善作用でした。

そこから、どのようにして「Q-1乳酸菌」にたどり着いたのですか?

森下:

まず、私たちの会社のなかにあるすべての乳酸菌を集めることからはじめました。全国にある漬物工場から1000株の乳酸菌を集め、機能性のテストを繰り返し、最終的に選び出された乳酸菌が「Q-1乳酸菌」でした。

「Q-1乳酸菌」は生きたまま腸に届き、善玉菌を増やすのが特徴です。腸内環境を改善することが報告されている乳酸菌なんですよ。東海漬物オリジナルの植物性乳酸菌として、特許も取得しています。

生きたまま乳酸菌が届き、腸内環境を改善する期待大!

「Q-1乳酸菌」を見つけ出したあとも、苦労されたことが多かったのではないですか?

森下:

はい。賞味期限日まで、生きた「Q-1乳酸菌」をしっかりと確保できることが、この商品の肝になります。乳酸菌は生きたまま高い菌数を保つ一方、味の変化が少なくおいしい商品をつくることは、私たちにとっても初めてのことで非常に難しかったですね。

キムチには、唐辛子やニンニクが入っていますが、実は、このふたつの材料には抗菌成分が含まれています。そのため、キムチをつくっても菌が死んでしまうんです。しかし、これまで蓄積してきた私たちの知識やノウハウを集結させることで、乳酸菌を生きたまま保つ新たな技術を開発することに成功しました。キムチとしては初となる機能性表示食品を生み出すことができたのです。

毎日食べられるように、まろやかな味に

takuminokimuchi6

「匠乃キムチ」を開発する際に、ほかにこだわったことはありますか?

森下:

「匠乃キムチ」には、1食(50g)当たり25億個の「Q-1乳酸菌」が入っています。私たちとしては、皆さんの腸内環境をサポートしていくため、毎日50gを目安にお召し上がりになっていただきたいと考えています。「匠乃キムチ」だと1パックには200g入っていますので、パックの1/4の量、小皿に盛りつけるとひと皿分くらいの分量ですね。

毎日食べていただきたい商品になりますので、やはり食べやすさにはこだわりました。私たちの主力商品でもある「こくうまキムチ」と同様に、国産白菜を使用しています。また、5種類の魚介エキス(かつお魚醤、イカごろ、アミエビ、ホタテ、カキ)を調合し、キムチ本来のおいしさであるコクと旨みも保持しています。さらに、唐辛子の辛さをおさえ、アカシアハチミツと塩こうじを使用することで、まろやかな味に仕上がっています。当社キムチ製品比で、塩分を30%カットしていますので、健康的な食生活を支えられる商品にもなっています。

「乳酸菌を毎日とるのは難しい」と考えている方もいらっしゃると思います。しかし、食事のなかで手軽に摂取できるのが「匠乃キムチ」の特徴です。ご飯と一緒に食べるだけで、簡単に乳酸菌を摂る機会が増やせる商品です。

食事で健康をサポートできるブランドに!

takuminokimuchi3

2018年3月の発売以来、これまでなかった商品として好調なスタートを切ったとお聞きしました。

森下:

キムチ初の機能性表示食品ということで、注目度は高いようです。「毎日の食事で、キムチを食べながらおなかの調子を整えたい」という40代以上の主婦の方を中心に商品を購入していただいています。

しかし、テレビCMなどを通じて皆さんに商品の特徴や良さをお伝えしようとしているのですが、まだまだ世の中に浸透しきれていないと感じています。キムチは、漬物市場のなかでも、浅漬けに次ぐ市場規模となっており、この10年の間でも存在感が高まっています。発売してから14年経つ「こくうまキムチ」は、冷蔵庫にストックが欠かせないと思っていただけるような定番の商品になっているのですが、その一方で、発売したばかりの「匠乃キムチ」は認知度が低いのが現状です。

今後、「匠乃キムチ」をどのような商品に育てていきたいと考えていますか?

森下:

まずは、「こくうまキムチ」のように、皆さんに愛される商品になっていけたらうれしいですね。キムチと腸内環境を改善する機能性表示食品が結びついてイメージできるように、皆さんにうまくアピールしていきたいと思っています。

そして、「匠乃キムチ」を皆さんに支持していただけるような商品にしっかりと育てあげたうえで、健康をテーマにした新たな商品を開発したいと思っています。キムチだけにとどまらず、第2弾、第3弾の商品をうみだしていきたいですね。

takuminokimuchi5-1

ブランド情報

「植物性乳酸菌 匠乃キムチ」は、生きて腸まで届き、善玉菌を増やすことで腸内環境を改善する「Q-1乳酸菌」を含有したキムチ業界初の機能性表示食品です。

おなかの調子を整えるだけでなく、毎日食べていただけるように、塩分控えめで、コクと旨みのある、まろやかな味に仕上げました。

これからも漬物由来乳酸菌の研究開発を通して、お客さまの健康的な食生活を応援してまいります。

http://www.kyuchan.co.jp/functional/