スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

日焼けのアフターケアに!おすすめのクリーム・乳液6選

更新日:2018/09/26 公開日:2018/09/12

日焼けで肌が真っ赤になり、ヒリヒリとした痛みまであったりすると「とにかく早くアフターケアしなきゃ!」と焦ってしまいますよね。

クリームや乳液は、肌の油分が不足して乾燥しやすいときに活躍するスキンケアアイテム。中には、日焼けのアフターケアにとり入れたい成分を配合したクリームも多く見られるため、肌の状態によってはスキンケアに積極的にとり入れたいアイテムなのです。

日焼けのヒリヒリとした痛みや、黒くなった日焼けの色をできるだけ早くなんとかしたいときに、正しく選べば心強い味方になることもあるクリームや乳液について解説します。

日焼けのアフターケアに使うクリームの選び方

日焼けのアフターケアにクリームでとり入れたいのが、肌の状態に合わせた成分です。普段使用している乳液やクリームを、肌の状態に合わせたクリームや乳液に置き換えてみましょう。

ただし、中にはクリームや乳液と肌の相性が悪いケースも見られます。まずは、どのような肌の状態のときにクリームや乳液を使うべきか、ご紹介しましょう。

クリームや乳液は肌の油分が足りない方におすすめ

スキンケアでは必須と思っている方も多い乳液やクリームですが、実は必ず使わなければいけないというわけではありません。もともと皮脂が多く、肌が乾燥しにくい脂性肌の方は、乳液やクリームを使うと肌に過剰な油分を与えることになってしまいます。そのため、かえってニキビなどの肌トラブルを招く可能性も考えられるのです。

簡単に、自分が脂性肌かどうかをチェックするポイントをご紹介します。洗顔やスキンケアをしてから数時間経過した日中の肌の状態をチェックするのです。

日中に肌のつっぱりを感じず、皮脂でTゾーンや頬がテカる場合は、脂性肌の可能性が高いでしょう。そのような場合は、化粧水とオイルが少な目の美容液で保湿ケアをしてみることをおすすめします。

一方、洗顔直後や日中に肌のつっぱりを感じる方は、肌が乾燥している可能性が考えられます。中には「日中は肌がつっぱるけどテカる」という混合肌の方もいると思いますが、そのような方は肌の乾燥が原因で皮脂が過剰分泌されている可能性も考えられます。

混合肌や乾燥肌の場合は、化粧水や美容液とあわせて乳液もしくはクリームをとり入れることをおすすめします。

肌の乾燥があまりひどくない場合や混合肌の方は、油分が比較的少ない乳液で様子を見ましょう。一方、肌が明らかに乾燥していると感じる場合や、乳液では肌の乾燥を感じる場合はクリームをとり入れてみるとよいでしょう。

日焼け直後は炎症をおさえるクリーム

日焼け直後の肌は、やけどを負っているのと同じです。肌は紫外線のダメージで炎症を起こし、赤くなったりヒリヒリ感が出たりすることもあります。このような状態をサンバーンと言い、日焼けしたときから24時間以内にピークを迎え、2,3日以内に消失するのが一般的です。

肌が炎症を起こしているときは、炎症をおさえる成分をクリームや乳液でとり入れたいところです。グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)などの消炎作用のある成分を配合したクリームをケアに活用しましょう。

なお、日焼け直後から2~3日ほどは、肌にできるだけ刺激を与えないことが大切です。普段からエタノール配合の化粧品や美白化粧品、スクラブ入りの洗顔料などを使用している場合は、肌に刺激となることがあるので、いったん使用をやめたほうがよいでしょう。

黒くなってからは美白成分配合の乳液やクリームがおすすめ

肌の炎症がおさまり、赤みやヒリヒリ感が引いて肌が黒くなってきてからは、美白化粧品などでしっかりケアしてもよいタイミングです。

美白成分とは、厚生労働省に日焼けによるシミやそばかすへの効果が認可された(薬用化粧品)医薬部外品成分のことです。通常の化粧品とは違い、肌に対しておだやかに作用する効果が認められています。

現在は20種類ほどの成分が認可を受けています。以下が代表的な美白成分です。

  • ビタミンC誘導体
  • アルブチン
  • 4MSK
  • トラネキサム酸
  • コウジ酸 など

いずれもメラニン色素の生成過程にアプローチし、メラニンの生成をおさえる効果があるとされています。また、ビタミンC誘導体にはすでにできているメラニン色素の還元作用が、4MSKにはシミができている部分のターンオーバーの乱れを整えるアプローチが期待されます。

日焼けによって黒くなった肌のケアには、このようなメラニン色素にアプローチできる美白化粧品がおすすめです。

おすすめ美白乳液・クリーム6選

ホワイトショット RX(POLA)

  ホワイトショット RX POLA

販売価格(編集部調べ):12,960円(税込)
内容量:50g
医薬部外品

おすすめの理由
ひんやりとした使い心地が特徴的な美白ジェルクリームです。紫外線を浴びてゴワツキが気になる肌を、やさしくほぐしてくれるような効果も期待できます。ポーラオリジナル成分である「エンメイソウRX」や「エクストラSCリキッド」を配合していて、本格的な美白ケアを手軽に始めたい人にもおすすめです。

監修者の写真 一般社団法人 時短美容協会 代表理事 並木まき

使ってみた感想
うるっとしたテクスチャが特徴的で、紫外線を浴びてほてり気味な肌もやさしく癒してくれる実感があります。ぷるぷるの肌触りなので、疲れを感じているときの肌にも使いやすく、使い続けているうちに肌がよみがえるような感覚があります。

HAKU|インナーメラノディフェンサー(資生堂)

 HAKU インナーメラノディフェンサー 資生堂

販売価格(編集部調べ):5,400円(税込)
内容量:120ml
医薬部外品

詳しくはこちら

おすすめの理由
美白有効成分「4MSK」を配合し、メラニンの生成を抑止する働きが期待できる美白乳液です。美白効果以外にも、使い続けていくうちに肌のキメが細かくなったように感じられるなど、肌の力を底上げしてくれる乳液。トータル的にお肌の質を上げたい方にもおすすめします。

監修者の写真 一般社団法人 時短美容協会 代表理事 並木まき

使ってみた感想
つるんとしたテクスチャで、少量でもよく伸びます。刺激も少なく、お肌が疲れているときでも使いやすい乳液タイプなので、紫外線を浴びた後の肌をやさしくお手入れできます。塗った後の肌は、しっとりとした触り心地に。

アクアレーベル|ホワイトアップ エマルジョン(資生堂)

 アクアレーベル ホワイトアップ エマルジョン 資生堂

販売価格(編集部調べ):1,620円(税込)
内容量:130ml
医薬部外品

詳しくはこちら

おすすめの理由
プチプラコスメながらも、美白力だけでなくうるおい力にもアプローチする成分が配合されている化粧水です。「ベビーアミノ酸」や「m-トラネキサム酸」、「エーデルワイスGL」など本格的な成分を配合しているコスパのいい美白コスメです。

監修者の写真 一般社団法人 時短美容協会 代表理事 並木まき

使ってみた感想
しっとりとしたテクスチャで、化粧水をつけるとピリピリしやすいときの肌もやさしくうるおしてくれる使用感です。シミができそうな箇所に重点的に塗っておくと、その後の肌トラブルを感じずに済みました。

ホワイトニング 乳液 I さっぱり(ファンケル)

  ホワイトニング 乳液 I さっぱり ファンケル

販売価格(編集部調べ):1,836円(税込)
内容量:30ml
医薬部外品

おすすめの理由
角層に浸透した美白有効成分を、閉じ込めてキープする仕様の薬用美白乳液です。さっぱりとした使用感なので、肌の脂っぽさを感じている方に使いやすいコスメだと思います。

監修者の写真 一般社団法人 時短美容協会 代表理事 並木まき

使ってみた感想
やわらかいテクスチャながらも、ベタつきを感じにくく、気温や湿度が高い時期にも使いやすい美白乳液です。普段テカりやすい箇所にも使いやすく、さっぱりとした肌触りへと導いてくれます。

トランシーノ|薬用ホワイトニングクリアミルク(第一三共ヘルスケア)

 トランシーノ 薬用ホワイトニングクリアミルク 第一三共ヘルスケア

販売価格(編集部調べ):3,888円(税込)
内容量:120ml
医薬部外品

詳しくはこちら

おすすめの理由
美白有効成分である「トラネキサム酸」を配合した美白乳液で、製薬会社が作っているロングセラーブランドの商品です。くすみがちな肌を明るくする即効性を目指して作られているので、エイジングによるくすみが気になっている方にもおすすめできます。

監修者の写真 一般社団法人 時短美容協会 代表理事 並木まき

使ってみた感想
伸びがよく、しっとりとした使い心地ですがベタつきを感じさせない乳液だと思います。疲れているときの肌にも使いやすく、紫外線を浴びたあとの肌でもやさしくなじんでくれそうな使用感です。

NOV|L&W エンリッチクリーム(常盤薬品工業)

 NOV L&W エンリッチクリーム 常盤薬品工業

販売価格(編集部調べ):5,616円(税込)
内容量:48g
医薬部外品

おすすめの理由
コクのあるテクスチャが特徴的な美白クリームです。エイジングによる乾燥や肌荒れにもアプローチする仕様で、年齢を重ねた大人肌にも安心して使えるリッチな使い心地です。

監修者の写真 一般社団法人 時短美容協会 代表理事 並木まき

使ってみた感想
クリームながらも重すぎないテクスチャで、気温や湿度が高い時期に紫外線を浴びたあとにも、手に取りやすいクリームだと思います。伸びも良く、やわらかい質感なので、敏感になっているときの肌にも塗りやすい低刺激仕様でつくられています。

クリームを使った日焼け後のアフターケア方法

数ある美白化粧品の中からクリームや乳液を選んだら、使い方や日焼け直後からのアフターケアもチェックしましょう。

日焼け直後のアフターケア

日焼け直後のアフターケアには、美白化粧品は使用しません。肌が大きなダメージを受けているため、よかれと思ってつけている美白化粧品の成分すら刺激になってしまうことがあるためです。

日焼けしたときにサンバーンが出ている場合は、まず流水で冷やします。水道の水や冷たいシャワーなどを当て、患部にこもった熱を取るのです。ある程度流水で冷やしたら、氷水をビニール袋に入れたものや保冷剤をタオルで包んだものを当てて冷やすのもよいでしょう。

また、日焼けから3日間ほどはできるだけ低刺激の化粧水で水分を補います。あわせて消炎作用のあるクリームがあれば、活用しましょう。

なお、敏感肌用の化粧水でもしみるのは、日焼けの程度がひどいときです。場合によっては、皮膚科を受診しましょう。

赤み・痛みがおさまってからのケア

赤みやヒリヒリ感がおさまったら、保湿とあわせて美白ケアも始めます。ご紹介したものを含め、実は美白化粧品の効果は、1~2週間使ったからといってすぐ実感できるものではありません。1か月、2か月と使い続け、かつ後からご紹介する紫外線対策などもしっかり行うことで効果を実感できるようになるものです。つまり、日焼けで黒くなった肌の色を短期間で戻すといった効果は、美白化粧品には期待できません。

ただし、美白化粧品は使い続けることで日焼けした肌の色を戻すサポートになるとともに、将来できるかもしれないシミの予防になるというメリットがあります。日焼けによるシミやそばかすは、30代を過ぎたくらいから徐々に目立ち始めます。早いうちから美白ケアを続けることで、このようなシミやそばかすができにくい肌を目指せるのです。

美白ケアをしてみたときに、肌にピリピリ感や赤みといった異常が出なければ、美白ケアを続けてみましょう。なお、化粧品を使用するときは、化粧水で水分を与えてから乳液やクリームなどの油分の多い化粧品をなじませましょう。

紫外線対策は常に必要

毎日の紫外線対策は面倒で、ついサボりがちになるという方も多いかもしれません。しかし、日焼けの色を早く元に戻すためにも、肌を紫外線のダメージから守るためにも、紫外線対策は非常に重要です。

紫外線には、日焼けや色が黒くなるといったすぐに現れる肌への影響のほか、くりかえし紫外線を浴びることでシミやしわといった影響も考えられます。また、紫外線の影響からがんを発症する可能性も知られています。このようなリスクをできるだけ減らすためにも、毎日降り注いでいる紫外線を防ぐ対策はぜひ行いたいものです。

日焼け止めが肌に合わない場合や日焼け止めで痛みを感じるような場合は、UVカット機能のある服や日傘、帽子などを適切に使って紫外線対策を行いましょう。化粧下地やファンデーションでもUVカット機能のあるものが増えているので、顔の紫外線対策はこのようなものを頼るのもおすすめです。

なお、日焼け止めを塗って屋外で長時間活動する場合は、日焼け止めの効果が落ちるのを防ぐため、2~3時間に一度ほど日焼け止めを塗りなおしましょう。

まとめ

日焼け直後のアフターケアの方法と、長期的な美白ケアについて解説しました。

シミを残さないための美白ケアは、長期的に行うことで効果を期待できます。美白ケアは、肌トラブルがあったときの対処というよりは、普段からとり入れてトラブルの起きにくい肌を目指すためのものなのです。

今回紹介した美白乳液やクリームも参考に、美白化粧品を普段のケアにとり入れてみましょう。使用したときに肌に赤みやかゆみ、ピリピリ感などの変化がみられなければ、そのまま使い続けてみることをおすすめします。

美白化粧品の効果をしっかり引き出すため、また、肌を紫外線ダメージから守るためにも、日焼け止めや日傘などによる紫外線対策は常に行うのが理想的です。薄ぐもりの日などは紫外線対策いらないかなと思いがちですが、そのような日も紫外線の一部は雲を通り抜けて地表に届いています。

美白ケアとあわせて行うお出かけ前の紫外線対策と、外出中の適度な日焼け止めの塗りなおしで、紫外線ダメージを寄せつけない肌を目指しましょう。

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

カテゴリー