スキンケア大学 メンズスキンケア大学

化粧水は保湿に本当に必要?

更新日:2018/10/11 公開日:2018/10/11

インターネット上でスキンケア方法を調べると、さまざまな方法があふれています。中には、スキンケアのやりすぎが肌に悪影響を与えるという考え方のもと「引き算スキンケア」をおすすめしている方もいます。そのような情報を見ると、本当に化粧水を保湿ケアで使ったほうがいいのかと疑問を持つ方も多いのではないでしょうか。

化粧水は必須ではないが使ったほうがいい

洗顔後に化粧水を使うのは、必須のケアではありません。洗顔後にスキンケアをしなくても肌のコンディションがよければ、わざわざ化粧水や乳液などで保湿しなくてもよいのです。しかし、すべての人が洗顔後の保湿ケアを行わなかったり、アイテム数を減らせば肌の状態が改善するかといわれれば、それも違います。

引き算スキンケアが合わない人もいる

肌の状態は人によって違います。中には、洗顔後に化粧水や乳液などで保湿ケアをしなくてもよいコンディションを保てる方もいます。

一方で、化粧水だけで保湿ケアを終えたほうがコンディションがよい場合もあれば、化粧水とこっくりとしたクリームを使わないと肌が荒れるという方もいます。やみくもに基礎化粧品を減らせばよいのではなく、いろいろなスキンケアを試して自分の肌に合ったケア方法を見つけることが大切なのです。

洗顔後に化粧水などで保湿しないと肌がつっぱったり、少しでも乾燥を感じる場合は、化粧水も取り入れた保湿ケアをおすすめします。それは、化粧水に肌をやわらかくする作用があるためです。

化粧水の役割

化粧水の成分のほとんどは水で、水溶性の美容成分などが配合されています。美容成分は、ヒアルロン酸やアミノ酸などの保湿成分が中心ですが、毛穴の引き締め効果のある成分が配合されているものもあります。また、最近では水溶性の美白成分などを配合して、保湿だけに留まらない美肌へのアプローチをサポートする化粧水も増えています。

化粧水の大きな役割は、肌に水分を与えてやわらかくすることにあります。水分量が減って肌が固くなると、透明感が損なわれたりカサついたりと見た目が悪くなります。それだけではなく、乾燥することで肌のバリア機能が弱くなり、肌が外部刺激に敏感になります。

肌には、天然保湿因子などのうるおいを保つ成分が備わっています。しかし、うるおいを保つ能力は加齢とともに衰え、肌は乾燥しやすくなっていきます。そのため、保湿ケアは年齢を重ねるほど必要になる方が多いと考えられます。

乾燥肌・敏感肌の化粧水の選び方

肌質によっては化粧水を使わなくてもよいと解説しましたが、化粧水を使ったほうがよい場合でも、肌質に合わせて選ぶことが大切です。特に肌の乾燥が気になる方や敏感肌の傾向がある方は、化粧水を選ぶポイントがあります。

乾燥肌・敏感肌は保湿を最重視

肌の乾燥が気になる場合や敏感肌の場合、化粧水は低刺激かつ保湿力が高いものを選びたいところです。乾燥肌の方は、加齢や洗顔方法の間違いなどさまざまな要因で天然保湿因子が減少し、乾燥しやすくなっていると考えられます。また、敏感肌の原因の1つとして乾燥によるバリア機能の低下も考えられるため、肌が敏感で荒れやすい方も保湿を意識してみることをおすすめします。

保湿サポート成分であるセラミドやヒアルロン酸、グリセリンといった保湿成分がしっかり配合されている化粧水を選ぶとよいでしょう。また、乾燥による肌荒れが気になる場合は、抗炎症成分を配合した化粧水もおすすめです。

皮脂が出ていても肌が乾燥している場合もある

肌がカサカサと固くなっていると乾燥しているとわかりやすいのですが、少しわかりにくいのが肌が乾燥しているのに皮脂でテカっている場合です。肌が乾燥すると、それ以上乾燥するのを防ごうとして、皮脂が多く分泌される場合があります。そのため、肌がつっぱるのに皮脂でテカることがあるのです。

皮脂が多いと保湿は不要なのでは、と思うかもしれませんが、このような隠れ乾燥肌の場合は保湿ケアが非常に重要です。乾燥肌や敏感肌と同じく、セラミドやヒアルロン酸といった保湿ケアを目的とした化粧水を選ぶとよいでしょう。

乾燥肌・敏感肌におすすめの化粧水5選

エリクシール シュペリエル|リフトモイスト ローション W(資生堂)

 エリクシール シュペリエル リフトモイスト ローション W 資生堂

販売価格(編集部調べ):3,240円(税込)
内容量:170ml
医薬部外品

詳しくはこちら

おすすめの理由
さっぱり、しっとり、とてもしっとりの3つのタイプが揃った化粧水の名品。角層のすみずみまでうるおいで満たして、ハリと透明感のある肌に整えてくれます。内側からぐっと盛り上げるようなもちっとした弾力で、若々しい印象に。

監修者の写真 美容研究家 美容コメンテーター 上田祥子

使ってみた感想
シーズンや肌コンディションに合わせて濃度を選べるのが魅力。また、抗炎症化作用により肌荒れに効果があるm-トラネキサム酸が配合されている薬用化粧水なので、肌炎症によるトラブルにも効果的です。ベストコスメにも多数選ばれた人気の化粧水。

アベンヌ|ディープモイスト ローション D(ピエール ファーブル ジャポン)

 アベンヌ ディープモイスト ローション D ピエール ファーブル ジャポン

販売価格(編集部調べ):2,360円(税込)
内容量:125ml

詳しくはこちら

おすすめの理由
アベンヌ温泉水が肌の熱さを抑えながら、保護成分が肌表面に保護膜を作って乾燥から守ってくれる化粧水。ヒアルロン酸誘導体、シーロケットエキス、ムチンライクなどアベンヌ独自のうるおい成分が、肌をディープに保湿して、冬場の乾燥も防いでくれます。

監修者の写真 美容研究家 美容コメンテーター 上田祥子

使ってみた感想
コクのあるテクスチャが肌にすっきりと広がっていく、気持ちのいい化粧水。肌をディープなうるおいで満たしてくれるのに、肌表面はべとつかず、すっきりした使い心地です。肌あれを防いで、また荒れ気味の肌に対してもすみやかなケアが期待できます。

アヤナス|ローション コンセントレート(DECENCIA)

 アヤナス ローション コンセントレート DECENCIA

販売価格(編集部調べ):5,400円(税込)
内容量:125ml

詳しくはこちら

おすすめの理由
人体が持つセラミドと同じ構造のヒト型セラミドをナノサイズにしてカプセル化。通常のセラミドの4倍もの浸透力を実現し、優れた保湿効果で肌ダメージからも守ってくれます。センシティブな肌にも安心して使えるので、幅広い肌タイプにおすすめ。

監修者の写真 美容研究家 美容コメンテーター 上田祥子

使ってみた感想
角層をこの上なくリッチなうるおいで満たしてくれる珠玉の一本。とろみのあるテクスチャが肌に広がった瞬間に、肌が守られる実感を得られます。内側からハリのあるふっくら肌に。肌が敏感気味なときにも重宝しています。

米肌|肌潤化粧水(コーセープロビジョン)

 米肌 肌潤化粧水 コーセープロビジョン

販売価格(編集部調べ):5,400円(税込)
内容量:120ml

詳しくはこちら

おすすめの理由
角層柔軟オイル配合で、肌を柔らかくほぐしながら深いうるおいを与えてくれる化粧水。ライスパワーNo.11®をはじめとする美容成分が角層の奥まで浸透して、保湿し、発酵ポリマーがうるおいを密封するので、しっとり肌が長続きします。

監修者の写真 美容研究家 美容コメンテーター 上田祥子

使ってみた感想
たった一度の使用でも、ディープなうるおいで肌が満たされる化粧水。肌の乾燥が気になるときは、コットンパックすればスペシャルケアレベルのスキンケアが。肌が柔らかく、キメも整っていくのが実感できる名品です。

ヘーラールーノ 植物エキス醗酵美容水(大高酵素)

  ヘーラールーノ 大高酵素

販売価格(編集部調べ):2,808円(税込)
内容量:120ml

詳しくはこちら

おすすめの理由
植物エキスの発酵化粧水。50種類にもおよぶ自然素材を使って長期間発酵熟成させた化粧水は、分子が細かく、肌の角層に浸透しやすい状態になっています。肌の常在菌を整え、バリア機能も強化。肌が喜ぶ本当のうるおいを感じることができる逸品です。

監修者の写真 美容研究家 美容コメンテーター 上田祥子

使ってみた感想
個人的に10年以上使い続けて、この上をいく化粧水を見つけるのが難しいと思うほど愛してやまない一本。肌がみるみる健康を取り戻して、理想的なうるおいキメ肌になっていくのがわかります。浸透力が素晴らしく、深い保湿で肌が満たされます。

乳液やクリームもとり入れて

肌の乾燥が気になる方は、化粧水の後に乳液やクリームで油分を補うことも大切です。乳液やクリームに含まれる油分は肌の表面で皮脂膜の代わりとして働くため、水分が蒸発しにくくする働きを期待できます。

また、セラミドやスフィンゴ脂質といった保湿サポート成分は特に保湿力の高い成分ですが、脂に溶けやすい性質を持っています。そのため、クリームなどの油分が入った化粧品に配合しやすい成分です。

ただし、肌の乾燥によって皮脂が多くなっているような場合、クリームを使うと油分が多すぎて肌トラブルを起こす可能性も考えられます。その場合は、保湿力の高い化粧水と、油分がクリームよりは少ない乳液を使って様子を見てみるとよいでしょう。また、さっぱりとした化粧水にセミラドを高濃度で配合するのが難しい面がありますが、全く配合することができないというわけではありません。

まとめ

化粧水の必要性について解説しました。化粧水を使わなくてもしっかりうるおい、肌の調子もよい場合は化粧水を無理に使う必要はありません。しかし、肌の状態や肌質は人によって異なります。化粧水を使ったほうが肌の調子がよいかどうか、見てみることは大切です。

特に肌の乾燥やごわつきが気になるような場合、まずは化粧水で水分を与えて肌を柔らかくすることが大切です。また、グリセリンやヒアルロン酸、セラミドといった保湿成分がしっかり配合された化粧品を選ぶことも意識したいポイントです。

今回紹介した化粧水も参考に、ゆらぎやすい肌や乾燥肌にうるおいを与えましょう。

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

カテゴリー