スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

60種類以上の栄養素がぎゅっとつまったバランス食品!「タベルモ」

株式会社タベルモ
代表取締役社長 佐々木 俊弥さん

世界で初めての生スピルリナ!

taberumo1

「タベルモ」はどのような背景から生まれたブランドなのですか?

佐々木:

「タベルモ」は、スピルリナをもっと世の中に浸透させたい、という想いから生まれたブランドなんです。スピルリナは藻類の一種で、水中に生息する植物です。実に60種類以上の栄養成分が含まれていることに加え、栄養の消化吸収率も95%と非常に高いため、今スーパーフードとして注目されています。

私たちが「タベルモ」の開発を始めた当時は、スピルリナといえば、粉末や錠剤の健康食品かサプリメントしかありませんでした。スピルリナは、加熱して乾燥品にしてしまうと、どうしても独特のニオイが残ってしまい、栄養価も損なわれてしまいます。また、粉末や錠剤という位置づけでしたので、もちろん食材として食卓に並ぶこともありませんでした。

「これだけ多くの良さがあるスピルリナが、食材として使われないのはもったいない!」と考え、生で食べられる栽培方法を検討し、試行錯誤を繰り返しました。社員の努力が実を結び、2010年に生スピルリナの商品化のめどが立ちました。

静岡県掛川市にあるタベルモ農園では、ミネラルを豊富に含む地下水を使用して、無農薬・無添加・非加熱でタベルモを製造しています。「藻を食べることがあたり前の世の中になってほしい」という想いから、「食べる藻」にかけてブランド名を「タベルモ」と命名し、「世界初の新鮮な生スピルリナブランド」として2015年から正式に販売しています。

生だからこその高い栄養価を実現!

では、「タベルモ」はどのような特徴を持った食材なのですか?

佐々木:

「タベルモ」には、ビタミンやミネラル、タンパク質などの5大栄養素はもちろんのこと、食物繊維や植物性色素など、普段の食生活でバランスよく摂取するのが難しい栄養成分が詰まっています。たとえば「タベルモ」の1パック(50g)のなかには、トマト約7個分のβ-カロテンも含まれているんですよ。

また、「生」であることのメリットですが、抗酸化作用が強いと言われているフィコシアニンという成分も、乾燥タイプのスピルリナと比較すると、約1.4倍多く含まれています。人間の代謝活動に必要なビタミン群も豊富です。特にビタミンEは、乾燥タイプのスピルリナと比べて約5.8倍も多く含まれています。

多様なシーンにマッチする食材に!

taberumo2

冒頭に、「スピルリナをもっと世の中に浸透させたい」というお話がありましたが、実際にタベルモを、どのように世の中に浸透させていこうとされたのですか?

佐々木:

まずは食べていただくことが大事だと考えて、外食の店舗さんに対するアプローチから始めました。ちょうど「タベルモ」を発売した時期に、コールドプレスジュースとスーパーフードが人気になっていて、そうしたジュースショップのメニューに生スピルリナを採用していただき、カフェやレストランにも使っていただけるようになっていきました。生のスピルリナというのは味もないですし、ニオイもしません。栄養価が高い食材なのに、ジュースに入っているほかの食材の味を邪魔しないところが、コールドプレスジュースにすごくマッチしていたんだと思います。

しかし、一般的にはまだまだ知名度も低く、「タベルモ」やそもそもスピルリナのことを知らない方も多くいらっしゃいます。私たちとしてもできるだけ多くの方に「タベルモ」を知っていただけるよう、大型のフェスティバルやイベントなどに積極的に参加して、試食会を開催しています。一度食べていただかないと、「タベルモ」の良さはわからないものですし、そうした試食会を通じて食べ方の提案なども行っています。

朝やお風呂上がりにジュースやスムージーに混ぜて飲んだり、サラダをつくるときにドレッシングとあわせてみたり、ヨーグルトを食べるときにトッピングしたり、普段の生活スタイルを変えないまま、美味しく栄養バランスをアップしたいときの楽しみ方もさまざまです。

また、最近では生スピルリナをたっぷりと使用したヨーグルトアイス「タベルモ フローズンデザート」も人気です。夏場のヘルシーなデザートとしてご好評をいただいています。今後も、さまざまな食のシーンに合わせた新商品を開発し、より多くの方が「タベルモ」と出会えるような機会を増やしていきたいですね。

スピルリナを食文化にしたい!

今後、タベルモをどのようなブランドに育てていきたいとお考えですか?

佐々木:

栄養バランスがとれる食品として、今までの食生活に足りなかったものを補える食品ブランドに育てていきたいですね。皆さんの健康な食生活をサポートしていけたら、と考えています。

スピルリナは日本では認知度が低い食品ですが、世界的に見るとマヤ文明の時代からメキシコで食べられており、食文化としては長い歴史を持っています。日本でも、熊本で取れる「水前寺海苔」という食材があるのですが、実は、水前寺海苔というのは海苔ではなく、藻の一種なんです。この水前寺海苔は、江戸時代から続いており、地域に根づいた食文化になっています。タベルモも日本の食文化として定着し、長く残るブランドにしていきたいですね。

taberumo3

ブランド情報

タベルモは、60種類以上の栄養素を手軽に摂れる「スピルリナ」を、美味しく新鮮な「生」のままで提供し、崩しがちな栄養バランスを整えることで、バランスの取れた毎日をサポートします。添加剤や農薬を一切使わずに製品化したピュアな生スピルリナには味がないので、常温または冷たいフードやドリンクなどに混ぜて、食生活を変えることなく、手軽に楽しめます。

https://www.tavelmout.jp/