スキンケア大学 メンズスキンケア大学

スキンケア大学タイアップ企画 [PR] 提供:株式会社サラヤ

長引く肌荒れの意外な原因!?洗たく洗剤から見直すボディケア

更新日:2019/09/24

肌荒れを気にする女性

身に覚えのない肌トラブルが、デコルテや背中に…!そのうち治まると思って放っておいたけど、一向によくならないことってありますよね。

肌トラブルの原因は様々なので、何が原因かを突き止めるのは難しいもの。毎日のボディケアとあわせて注目してほしいのが「洗たく物」。

キレイに洗ったはずの洗たく物で、どうして肌トラブルが起こるのでしょうか。実は、「洗たく洗剤」が肌トラブルを引き起こしている可能性があるんです。

洗たく洗剤によって肌トラブルが起こる原因

洗濯粉洗剤

汚れた服を洗たくするときに洗たく洗剤を使うのは一般的ですが、この洗たく洗剤に使われる化学成分が、肌に刺激を与え、肌トラブルを招く場合があります。ただし、使われているすべての成分が悪いというわけではありません。

また、人によってどの成分が刺激となっているのかも変わるため、自分の肌に合った洗たく洗剤を使うことが重要なのです。

便利な成分ほど肌に悪影響を及ぼしやすい

現在の洗たく洗剤には、汚れを落とす以外にもさまざまな機能を持った製品が販売されています。強力に汚れを落とす酵素、白い衣類をキレイに維持する漂白剤、雑菌をとことん除去する抗菌剤、衣類をやわらかくする柔軟剤、香料…こういった洗浄以外にプラスの機能を持った成分を「添加物」と呼びます。

これらの成分は、それぞれに目的に沿って配合されますが、一回のすすぎでは十分に落とせない成分であったり、あえて衣類に残留させることで機能を発揮する成分もあります。これにより、衣類を着用した際に残留した成分が肌に触れ、反応を起こしてしまうのです。

今まで問題なかったはずの洗たく洗剤でも肌トラブルは起こる?

長年、同じ洗たく洗剤を使い続けてきた人の場合、急に洗剤の影響で肌トラブルが起こったとは考えにくいもの。もちろん、以前から使っていた洗剤が原因ではない可能性もあるため一概には言えません。

しかし、私たちの肌も年齢によって変化するため、使い続けいく中で肌に合わなくなることは十分にあり得ることです。また、タオルで顔をふくときに、添加物が残ったタオルを使うのは、あまり気持ちが良くはありませんね。

「無添加=肌にやさしい」と誤解していませんか?

タオルに顔を寄せる女性

肌に刺激を与えにくい洗たく洗剤とは、香料や抗菌剤、漂白剤などの添加物不使用の製品です。どの添加物が不使用であるかは製品によってさまざま。「無添加」という記載があっても、一部の添加物が使われているケースもあるので、製品を選ぶ際は「何が無添加なのか」という視点を持つことがポイント!

スキンケアの一環として「洗たく洗剤を替える美容」を!

鏡を見る女性

美容において「肌に刺激を与えない」というのは基本。これはボディにも同じことが言えます。いくら服で隠せるからといって放って置いたままでは、一向におさまらず、何度も繰り返したりする可能性も。

また、特にこれといって肌トラブルは見あたらない…という方であっても、洗たく洗剤を替えることで、前より調子が良くなったかも!?という嬉しい結果が期待できるかもしれません。

編集部の声!
実は、昔から洗剤と香りの強い柔軟剤を入れて洗たくするのがあたり前だったので、洗たく洗剤だけで洗うのは「服のニオイ、大丈夫かな…?」なんて、ちょっと抵抗がありました。でも、実際に試してみると無香料でも問題ないですね。
手触りは特に変わった感じがないので、これから様子を見ていきますが、柔軟剤は毎日使わなくてもいいのかもと思いました。
たまに原因がわからない肌荒れが起こることがあるので、化粧品によるボディケアだけでなく、洗たく洗剤からも美容にアプローチして様子を見てみようと思います。

監修者の写真 スキンケア大学編集部

とことん肌のことを考えた無添加!ヤシノミ洗たく洗剤 濃縮タイプ

ヤシノミ洗たく洗剤 濃縮タイプ

無添加系の洗たく洗剤は、ドラッグストアでもたくさん並んでいますが、スキンケア大学編集部がおすすめするのはサラヤの「ヤシノミ洗たく洗剤」。肌トラブルのリスクになり得る合成香料、着色料、抗菌剤、蛍光増白剤(蛍光剤)、漂白剤が無添加。

それでいて、しっかり汚れ落ちにもチカラを入れているのもポイント。1本で約60回分も使えるので、コストパフォーマンスも優秀です。

詳しくはこちら

考えたのは人と地球へのやさしさ。衣類の洗濯にも「無添加ヤシノミシリーズ」

関連記事

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート

カテゴリー