スキンケア大学 メンズスキンケア大学

スキンケア大学タイアップ企画 [PR] 提供:ヤーマン株式会社

肩・腰の不快感は睡眠の見直しで対策!体にやさしい寝具の選び方

更新日:2019/06/26

肩こりと腰痛にはヤーマンのマットレスオクタスプリング

「朝起きたときに肩や腰が痛い」「充分寝てもスッキリ起きられない」

そんな経験がある人は、寝具が合っていないのかもしれません。疲れた体や脳を休ませて健康を保つには、快適な睡眠が不可欠です。睡眠環境を整えて、軽やかで気持ちのいい朝を迎えましょう。

柔らかすぎず硬すぎないベッドがおすすめ

肩こりと腰痛にはヤーマンのマットレスオクタスプリング

肩や腰などの全身を支えてくれるベッドや敷布団。硬さの好みは人によってそれぞれですが、柔らかすぎず適度な硬さのあるものがおすすめです。

人間の背骨は後頭部から首・胸、胸から腰にかけて2つのS字カーブを描いています。睡眠中はこのS 字カーブを崩さず、自然な立ち姿勢に近いのが理想的。柔らかすぎたり硬すぎたりするベッドや敷布団は、姿勢を崩してしまうことがあります。

柔らかすぎ

腰と胸のあたりが深く沈み、背骨が曲がってしまいます。腰が痛くなったり、寝返りが増えて眠りが浅くなったりすることも。

硬すぎ

首や肩、腰の骨を受け止めきれず、寝心地が悪くなったり痛みが生じたりすることがあります。

「適度な硬さがあるといい」とはいえ、寝具を買い替えるのはなかなか大変なもの。今使っているものが「体に合っていない」と思っていても、仕方なく使い続けている人もいますよね。そんな人は「マットレス」で調整するのがおすすめです。

心地いい眠りを誘うマットレス選びのポイント

肩こりと腰痛にはヤーマンのマットレスオクタスプリング

一般的なマットレスには、大きく分けて2つの製造方法があります。それぞれの長所と短所を抑えておきましょう。

メタルスプリングを使うもの

金属のバネでつくられているメタルスプリングタイプは、通気性がよく蒸れにくいメリットがあります。しかし金属の硬さゆえに、首や肩、腰などの疲れが気になることも。不快感で眠りが浅くなる可能性があります。

ウレタンフォームを使うもの

ポリウレタンでつくられたスポンジを使うウレタンフォームタイプは、体を包み込むようにやさしく支えてくれます。一方で通気性が悪く、熱や湿気がこもってしまうというデメリットも。

メタルスプリングとウレタンフォームの長所を活かし、短所を改善した新しいタイプのマットレスが、ヤーマンの「オクタスプリング」。肩や腰の不快感が気になる人にぴったりです。

やさしくしっかり支えてムレしらず!特許技術のオクタスプリング

オクタスプリング使用カップルイメージ

ヤーマン オクタスプリング
19,800円(税別)

オクタスプリングは、ウレタンフォーム素材の特殊なバネでつくられたマットレス。スプリング形状による通気性のよさと、ウレタンフォームのやさしいサポート力を両立し、快眠へと導いてくれます。

優れた通気性

オクタスプリング

筒状のスプリング形状に加え、側面にすき間をあけたハニカム(ハチの巣)構造を採用。ウレタン素材でありながら優れた通気性を保ち、蒸れを防ぎます。

睡眠時の姿勢をやさしくサポート

理想的な睡眠姿勢を保つために、1枚のマットレスに硬さの異なるウレタンスプリングを使用しています。最も体重がかかる腰の部分には、硬めのウレタンスプリングを配置。背骨のS字カーブを支えます。

厳しいテストをクリアした耐久性

6万回もの圧縮テストをクリアするほどの、高い耐久性を実現。長期的に使用できて機能性も高いのに、家計にやさしい価格設定なのもうれしいですね。

寝具は1日のうち、およそ3分の1もの時間を過ごす場所。快眠できる環境づくりが、体と心の健康に繋がります。オクタスプリングのある生活で毎日気持ちよく目覚め、イキイキと過ごしましょう!

詳しくはこちら

心地よく眠って軽やかな朝へ。ヤーマンのオクタスプリング

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート

カテゴリー