スキンケア大学 メンズスキンケア大学

スキンケア大学タイアップ企画 [PR] 提供:ヤーマン株式会社

サロン後のちょい残しムダ毛をキレイに!家庭用光美容器で効率的にケア

更新日:2019/09/26

サロンでムダ毛ケアしたのに残ってしまい、肌を気にしている女性

サロンの全身コースが完了して、脚も腕もツルツル!ムダ毛ケアから解放されたはずが、しばらく経って弱々しい毛がチラホラ出始めることがありますよね。ちょい残しのムダ毛ケアは、カミソリや毛抜きよりも家庭用光美容器が便利です。美肌を保ちながらオトクに根こそぎケアしましょう。

ちょい残しのムダ毛でもケアをくり返すのは大変!

女性がカミソリで足のムダ毛を剃っている様子

あまり広い面積じゃないし、それだけのために家庭用美容器を買うのはちょっと…と思うかもしれません。

でも「少しだけだから…」と毛抜きやカミソリで処理すると、埋没毛や肌の炎症の原因になることが…。また剃ったり抜いたりしても、毛周期によってまた同じ部位にムダ毛が生えてくるので、定期的なケアのくり返し。その都度、肌はダメージを受けることになります。

かといって少しのムダ毛のためにサロン通いを再開するのは、お金がかかるし予約も面倒ですよね。その点、肌のダメージをおさえながらケアする家庭用美容器は、ちょっとしたムダ毛もやさしくお手入れ可能。選び方を工夫すれば、コスパのよさを実感できますよ。

サロンであきらめた部位も家庭用光美容器でケア

家庭用光美容器で顔のムダ毛ケアができてうれしそうな女性

ほんの数本とはいっても、全身のムダ毛ケアは時間がかかります。でも家庭用光美容器なら、サロンのような予約確保や回数制限、追加料金の心配はナシ。いつでも自分のタイミングで、気長にケアを続けられます。家庭用光美容器にはさまざまな種類や機能がありますが、まずは2つのポイントをチェックしましょう。

ローラーつきのもの

脚や腕だけでなく、背中のムダ毛ケアでも肌の上をすーっと滑らせるだけなので、広い面積に点在するムダ毛をすばやくケアできます。初めての人でも簡単で使いやすいですよ。

顔・指にも使えるもの

口まわりのヒゲのようなうぶ毛や、手の指・手の甲のムダ毛は、伸びたことに気づきにくい部分ですよね。予算やコース内容の都合であきらめた部位も、しっかりお手入れできます。

自宅で全身つるすべに!おすすめ家庭用光美容器

ヤーマン レイボーテ Rフラッシュ ダブル

ヤーマン レイボーテ Rフラッシュ ダブル
69,000円(税抜)

ヤーマンの「レイボーテ Rフラッシュ ダブル」は、家庭でも本格的なムダ毛ケアができる光美容器。全身のケアが約3分*で完了します。

サロン級のお手入れが可能

サロンで使用する業務用の美容機器を販売してきたヤーマン。だからこそ、家庭用光美容器でも美しい仕上がりにこだわって作られています。サロンでも使用されるキセノンランプを使用し、ヤーマン独自の特殊な波長に。ムダ毛ケアと同時に美肌効果も期待できます。

照射パワー45%アップ

キセノンランプを2本搭載し、従来品**と比較して最大出力レベルが45%アップ。照射面積は従来品**の1.5倍になり、広い面積もラクにケアできます。

照射もれとオーバートリートメントを防ぐ

ローラーを肌の上に滑らせるだけで、最短0.2秒間隔で連続照射。移動距離を自動で測ってフラッシュが照射されるので、過剰照射を防ぎます。最大7連射するため、両腕は約21秒*、両脚は約80秒*でのケアが可能に。

1発ずつボタンを押して照射するシングルモードにすれば、ピンポイントケアもラクラク。顔、ワキ、ビキニライン、指にも照射できます。

最大60万回照射***

長寿ランプを使用しているので、ランプ切れを気にせず長く使えます。またカートリッジが交換できるので家族でシェアして使うのもおすすめ。

肌色に合わせて出力レベルを自動調整

フラッシュの出力レベルは5段階。手動調整はもちろん、肌色センサーで肌の色を読み取り、自動調整も可能です。面倒な設定をしなくてもスムーズにケアできるのは、ケアし続けるうえでうれしいポイントですね。

ちょっと残ったムダ毛も、サロンでケアしなかったパーツも、自宅でラクラクケア。レイボーテ Rフラッシュ ダブルで、いつでもスキのないつるすべ肌を目指しませんか?

詳しくはこちら

*各モードレベル1使用時。個人差があります。
**当社従来品レイボーテ Rフラッシュ PLUSとの比較
***ローラーヘッド、スポットヘッドともにレベル1使用時。ローラーヘッド、スポットヘッドの合計

全身ケア約3分で完了

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート

カテゴリー