スキンケア大学 メンズスキンケア大学

スキンケア大学タイアップ企画 [PR] 提供:株式会社ニッピコラーゲン化粧品

この冬は「コラーゲン鍋」でヘルシーにキレイを目指そう!

更新日:2019/11/27

鍋の蓋を開ける女性イメージ

飲食店のメニューでよく見かける「コラーゲン鍋」。コラーゲンと聞くと、食べるだけでお肌がプルプルになりそうなイメージがありますよね。

一方で、「コラーゲンを食べても意味がない」といった意見もちらほら。実際のところ、どちらが本当なのでしょうか。

また、「コラーゲン鍋」はどれも同じなのでしょうか?コラーゲンを詳しく調べていくと、美肌を目指せるコラーゲン鍋には条件があるようです。編集部がおすすめするコラーゲン鍋とその理由を解説します!

食べる「コラーゲン」は効果があるの?

コラーゲンたっぷり魚介鍋イメージ

コラーゲンが肌や体の健康を保つために必要な成分であることは有名ですよね。また、「コラーゲンは年齢とともに減少する」ということをご存じの方もいるでしょう。では、コラーゲンを食べ物として摂取するのは正解なのでしょうか?

確かに食べたコラーゲンはアミノ酸に分解され吸収されるため、そのまま肌のコラーゲンになるわけではありません。

しかし、近年の研究では、アミノ酸のみならず「コラーゲンペプチド」という複数のアミノ酸がつながった状態でも吸収され、そのコラーゲンペプチドが体内でコラーゲンの生成を促す信号を出していると考えられています。そのため、コラーゲンはいかにコラーゲンペプチドの形で摂るか、が大切だと言えます。

コラーゲンを多く含む食材

コラーゲンは魚や肉の皮の部分や、軟骨の多い部分に多く含まれ、コラーゲンを含有する代表的な食材として、手羽先や豚足、牛スジなどが挙げられます。

しかし、このような食べ物は脂肪分が多く、また、コラーゲンを摂取しようと思うと大量に食べなければいけないということから、カロリー面に配慮する必要があります。

お店やレシピで見かける「コラーゲン鍋」

お店やレシピで見かけるコラーゲン鍋の中には、手羽先や手羽元、豚足や豚骨などの皮や軟骨が多い部分で出汁をとったものがあります。スープにエキスが溶け出したスープは濃厚な味が楽しめますが、お肉もスープもカロリーが高くなりがちなのが難点。

そこで、コラーゲンがヘルシーに摂れるよう工夫されたのが、ゼラチンを固めた「コラーゲンボール」をヘルシーな鍋に入れるというメニュー。コラーゲンを加熱し分子を小さくしたものがゼラチン、それをさらに小さくしたものがコラーゲンペプチドです。

ゼラチンには脂肪分がないので、カロリーを気にせずコラーゲンを摂るのには適していますが、さらに分子が小さいコラーゲンペプチドの方が体に負担なく高い吸収性が期待できます。

この冬は「鍋」でキレイを目指しませんか?

家で鍋を楽しむ女性イメージ

最近は1人用の土鍋なども多く販売されており、鍋=大人数での食事というイメージも薄れてきました。鍋は冷蔵庫にある余った野菜で簡単に作ることができ、お財布にもやさしい時短メニューなので、1人で食事をするときにもぴったり。

メリットが詰まった鍋料理

鍋料理は、油も使わず、焼いて食べるよりもたくさんの野菜を摂取できるヘルシーなメニュー。また、温かい食べ物は消化吸収が良いため体の負担が少なく、体が温まって代謝が高まるというメリットも。

女性にとって嬉しいことばかりの鍋料理ですが、美容を意識するならコラーゲンをプラスしてみませんか。

カロリーを気にせずにコラーゲンを摂取するなら、どんな料理にも使えるパウダータイプのものがおすすめです。ゼラチンでできたコラーゲンボールよりもコラーゲンの吸収率が高く、手間がかからないのも嬉しいポイント。

コラーゲンをふだんの料理に!「ニッピ コラーゲン100」

ニッピ コラーゲン100商品画像

「ニッピ コラーゲン100」は、食品などさまざまな分野で多くの国内シェアを誇る株式会社ニッピから販売されているコラーゲンペプチドを100%使用した粉末です。体に吸収されやすい低分子コラーゲンで、年齢とともに減少するコラーゲンをサポートしてくれます。

サッと溶けて無味無臭

「ニッピ コラーゲン100」は、飲み物や食べ物にサッと溶かして使える粉末タイプ。

においも味もしないので、合わせる食べ物の味を邪魔しません。そのため、お味噌汁や煮物、鍋などの料理にはもちろん、毎日飲むお茶やコーヒーに混ぜて摂取することも可能です。

カロリーオーバーの心配なし

食材でコラーゲンを取り入れるとなると、やはりカロリーが気になるところ。その点「ニッピ コラーゲン100」なら、1日のコラーゲンペプチド摂取目安量である専用スプーン1杯(5,000mg)で17.2kcalと、カロリーを抑えながら十分な量を摂取することができます。

サプリが苦手な方でも続けやすい

「サプリメントがなかなか続かない」といった経験がある方でも、毎日習慣的に食べるものや飲むものと合わせることで継続が簡単に。

年齢を重ねるにつれて減少してしまうコラーゲン。美と健康を支えるコラーゲンを補うには、とにかく続けることが大切です。自分のライフスタイルに合った方法で効率よくコラーゲンを摂取し、毎日の習慣にしましょう。

詳しくはこちら

詳しくはこちら

カロリーを抑えながら手軽にコラーゲンがとれるサプリ

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート

カテゴリー