スキンケア大学 メンズスキンケア大学

編集部が注目!アンチエイジングを底上げする3つのキーワードとは?

更新日:2020/01/29 公開日:2020/01/29

鏡を見てエイジングサインを気にする女性イメージ

美容や健康にとっての大きな悩みの種「老化」。

老化(エイジング)に抗う「アンチエイジング」は、見た目だけでなく、健康寿命を延ばす観点からも重要視されており、さまざまな研究によって老化に関連する要因が明らかになりつつあります。加齢は抗いようがありませんが、加齢による老化を遅らせることは可能です!

編集部が注目するアンチエイジングのための、3つのキーワードについてお伝えします。

アンチエイジングのキーワード「酸化」と「糖化」とは?

ストレスを感じる女性イメージ

私たちの体が加齢によって衰えていくのは、体に「あるもの」が増えてしまうことが原因だと考えられています。その原因とされるのが「酸化」と「糖化」。これらについて、詳しく見ていきましょう。

活性酸素が増えすぎて起こる「酸化」

酸化は、体の中で増えすぎた活性酸素が健康な細胞を傷つけてしまうことで起きます。いわゆる「体のサビ」と呼ばれる現象で、老化を促進する原因です。美容面では主にシミやシワ、たるみ、くすみなどを引き起こします。

活性酸素そのものは体内に侵入した細菌やウイルスを撃退する役割を持っており、体にとって必要なものです。しかし、非常に強い殺菌力を持つため、人間の体は活性酸素が必要以上に増えないよう「抗酸化作用」を備えています。この作用が加齢により弱っていくため、活性酸素が過剰に増えてしまうのです。

活性酸素は、紫外線、ストレス、アルコールの過剰摂取、喫煙、激しすぎる運動などで増えると考えられています。近年は、活性酸素の消去が期待できるスキンケアアイテムも登場しています。

余分な糖質から老化を生み出す「糖化」

活性酸素による酸化が「体のサビ」にたとえられるのに対し、糖化は「体のコゲ」にたとえられます。

糖化とは、食事から摂った余分な糖質が体内のたんぱく質や脂質と結びつき「AGEs(エージス)」と呼ばれる老化促進物質が作られること。これが過剰に発生することで、年齢よりも老けた印象を加速させます。

肌への影響としては、主に肌のハリを保つコラーゲン線維を破壊して、肌の弾力を低下させてしまうこと。さらに糖化はたんぱく質を褐色に変化させるため、肌のくすみのを発生させる原因にもつながります。

AGEsは体内から排出されていきますが、年齢とともにその排出能力は落ちていき、体に溜まりやすくなっていきます。

老化を促進する「酸化」と「糖化」。よく知られる、アンチエイジングにつながるキーワードです。そして、編集部が注目している3つ目のキーワード…それは「コラーゲン」です!

編集部が注目する3つ目のキーワードは「コラーゲン」!

ハリの低下が気になる女性イメージ

「コラーゲン」と言えば、すでに多くの方がご存じの成分ですよね。加齢によって老化物質は増えますが、その一方で体内のコラーゲン量は減っていきます。コラーゲンが減少すると肌はハリを失い、目元・口元のスジが気になり始めます。さらに進行すると、フェイスライン全体のくずれにつながることも。

加齢とともにコラーゲンの量は低下してしまう

グラフ

 

肌だけではなく、私たちの体のさまざまな場所に存在しているコラーゲン。なんと体内のたんぱく質の約30%を占めています。コラーゲンは美しさだけではなく、すこやかな体づくりにも欠かせない成分です。

しかし、その健康的なコラーゲンは加齢とともに減少し、40代では20代の半分の量になってしまいます。そして、60代では3分の1にまで減少してしまうことが分かっています。そのため、コラーゲンは外から補う必要があるのです。

コラーゲンはどう補うのがベスト?

コラーゲンイメージ

これまでは、サプリなどでコラーゲンを摂取しても、消化酵素によってアミノ酸に分解されてしまうため、コラーゲンのまま肌へは届かないと考えられてきました。

しかし、近年の研究では経口摂取したコラーゲンの一部が「コラーゲンペプチド」という独自の形で、吸収されていることがわかってきています。そして、コラーゲンペプチドは全身をめぐりながら「コラーゲンが不足している箇所でコラーゲンの生成を促す信号となる」という考えも。これにより、コラーゲンを摂取することが美容面に大きなメリットをもたらすと、大きな期待が寄せられています。

「酸化」「糖化」に続き、老化現象と密接に関係している「コラーゲンの低下」についてお伝えしました。これらはすべて、美容だけではなくすこやかな体づくりにも関連が深いキーワードです。年齢とともに増えていく活性酸素とAGEsを抑える一方で、減少してしまうコラーゲンは積極的に摂る習慣をつけ、アンチエイジングに役立てていきましょう!

関連記事

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

カテゴリー