スキンケア大学 メンズスキンケア大学

スキンケア大学タイアップ企画 [PR] 提供:株式会社ナノエッグ

自分に合う化粧品が見つからない人必見!肌タイプ別・化粧品の選び方

更新日:2019/05/29

自分の肌に合った化粧品とは?

化粧品が肌に合わない

新しい化粧品を試して、肌の調子が良くなった!と感じる人がいれば、特に肌の調子が良いとは思わないけど使っているという人、むしろ肌荒れが起こった…なんて人も。自分の肌に合った理想の化粧品と出会うためには、どのようなポイントを押さえておく必要があるのでしょうか?

この「自分の肌に合った」というラインは人によって変わりますが、化粧品を使って肌の調子が崩れないことやトラブルが起こらなければ、それは自分の肌に合った化粧品ということができます。

また、いくら肌に合った化粧品を使っていても、スキンケア方法が間違っている場合は、肌トラブルにつながることも。基礎化粧品を使った保湿ケアは、肌に対して水分と油分をバランスよく与えて、肌の様子を見ながらケアする必要があります。

そのため、肌の調子が崩れたときは正しいスキンケアができていたか?という点も、注意して見るようにしたいところ。ただし、新しい化粧品を使って肌にピリピリと刺激を感じたり、調子が悪くなった場合はすぐに使用を止めましょう。

これらの点をふまえ、肌タイプ別での化粧品選びについて見ていきます。

肌タイプ別!化粧品の選び方

肌タイプに合わせた化粧品の選び方を学んだ習慣性敏感肌の女性

化粧品は配合成分の量や種類によって肌との相性があるため、自分の肌質に合ったものを選ぶことが大切です。

カサつく「乾燥肌」

カサつきがちな肌は、皮脂が少ないため、水分だけでなく油分もしっかり与えましょう。セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸など、うるおいをキープする成分をとり入れながら、乳液やクリームなど油分を含んだ化粧品で肌をカバー。洗顔後、皮脂が失われて肌から皮脂が分泌されるまでの間を油分で補うイメージで、肌を観察しながら使う量を調節していきましょう。

ベタつきがちな「脂性肌(オイリー肌)」

脂性肌の方は、十分に皮脂が出ている状態なので、油分が少ないサッパリ系の化粧品で保湿しましょう。人によっては、化粧水と保湿美容液だけでスキンケアを終えるのも◎。部分的に乾燥する場合は、そこだけ油分を気持ち多めに塗るなどで調節してくださいね。

一時的に肌の調子が悪い「敏感肌」

肌が外部刺激に反応しやすくなっている敏感肌の方は、季節の変わり目や体調変化によって一時的に化粧品でピリピリとした刺激を感じたり、赤くなったりすることがあります。そんなときは、肌に刺激を与えないよう丁寧なスキンケアで、敏感になっている状態を元に戻すことを優先しましょう。

普段は刺激を感じない化粧品でも反応する場合があるので、できるだけシンプルな成分で作られた化粧品に切り替えるのがおすすめ。配合成分が少ないほど、肌に刺激となる成分が入っている確率は低くなります。

また、敏感肌の中でも、さらに気をつけたいのが敏感肌の状態が長く続いている「習慣性敏感肌」の場合です。

長年続く敏感肌…それは「習慣性敏感肌」かも

肌タイプに合わせた化粧品の選び方を学んだ習慣性敏感肌の女性

長年にわたって肌が敏感な状態が続いている方は、一時的な敏感肌よりも症状が重くなりがち。たとえば、肌が乾燥しやすく、肌荒れを起こすことが多く、汗をかいたときもムズムズして無意識に手でかいてしまうことも。

また、化粧品を使うとピリピリと刺激を感じることが多いため、化粧品選びも慎重になります。このように、バリアが低下して日常的に肌トラブルをくり返しがちな肌を、一般的に「習慣性敏感肌」と呼びます。

習慣性敏感肌はさらに慎重な化粧品選びを

習慣性敏感肌の方が優先すべきケアは、敏感肌と同様に肌に適度な水分を維持してバリア機能を取り戻すこと。ただし、一時的な敏感肌よりも症状が重い傾向があるため、肌に合わない化粧品の幅は多くなるので、より慎重な化粧品選びが重要になってきます。

添加成分や目新しい成分よりも「肌と相性の良い成分」に注目

化粧品の使いやすさや使用感を向上するために配合する香料やアルコール、着色料などは、敏感肌にとって刺激になる場合があります。また、天然由来や植物由来の成分であっても同様です。

むしろ、肌の角層に存在するセラミドやアミノ酸などを配合した成分の方が、親和性が高いといえます。はじめは、成分から見極めるのは難しいので、どのようなこだわりをもって作られているのかをメーカーのコンセプト等をチェックしてみましょう。

また、どんな化粧品であっても肌が反応してしまう可能性があることを忘れてはいけません、習慣性敏感肌の方は特に、新しい化粧品を使うときにいきなり顔に塗るのではなく、腕などの目立たない部分でパッチテストを行って自分の肌に合うかチェックしてくださいね。

肌のことだけを考えた!編集部おすすめ化粧品

肌タイプに合わせた化粧品の選び方を学んだ習慣性敏感肌の女性

化粧品選びで重要なのは、自分の肌質に合った化粧品を選ぶこと。特に習慣性敏感肌の場合、肌に刺激となりそうな成分を避けるのはもちろん、肌のバリア機能をサポートする化粧品を見つけたいですよね。

そこで!スキンケア大学編集部がおすすめするのが「MediQOL(メディコル)」。習慣性敏感肌に悩む方が、負担や刺激なく使える化粧品をとことん追求した化粧品ブランドです。

低刺激をコンセプトにした化粧品はたくさんありますが、メディコルのこだわりは類を見ないレベルと言えます。アルコール・防腐剤・界面活性剤*・香料・着色料・鉱物油など、少しでも刺激になりうる成分を避けるのはもちろん、敏感肌用化粧品のあるべき姿として「肌にある成分」「肌にあるべき成分」を一つひとつ厳選した化粧品を開発しています。

ウォッシングパウダー(パウダー洗顔料)

MediQOL ウォッシングパウダー

通常、洗顔料はすすいだ後も微量の成分が肌に残るため、習慣性敏感肌の方はそれが刺激になる場合があります。そこで、ウォッシングパウダーは皮膚から分泌される皮脂に近い成分で皮膚の洗浄を可能に!さらに、洗浄後の残る成分は皮脂と同様に肌のバリアとして働くことが期待できます。肌に必要な成分だからこそできる新しい発想の低刺激な洗顔料です。

スキンウォーター 35/54(化粧水)

 MediQOL スキンウォーター 35/54

失われた角層のうるおいを「補充する」という発想で、皮膚内のうるおいを構成する成分をベースに開発。肌には不要な界面活性剤や防腐剤、香料など刺激になりうる添加成分を排除するため、1回分を1本ずつにパックされているので、毎回フレッシュな状態の化粧水ならぬ「補充水」という位置づけ。また製品名にある「35/54」とは、角層を構成する54の成分のうち、肌に刺激となる成分を抜いた35種類を配合していることの証です。

スキンリピッド 15/33 タイプⅠ・Ⅱ

スキンリピッド 15/33 タイプⅠ・Ⅱ

化粧品におけるクリームは、皮膚の保護膜である皮脂の役割を補うのが本来の目的。しかし、スキンリピッドはただの油性成分ではなく、皮脂を構成する成分を分析して、それを高いレベルで再現しています。さらに角層の肌バリアを担うセラミドは、疑似成分ではなく、実際に肌に含まれている質の高いものを採用。皮脂を構成する33種の成分のうち、化粧品原料として使用できる15種類を配合したクリームです。

タイプⅠは季節や体調変化で敏感になった方向け。タイプⅡは肌バリアが弱く頻繁に肌トラブルに悩む方向けとして、セラミドを多く配合しています。

詳しくはこちら

肌にやさしいだけでなく、低下した肌バリアをサポートし、日常的に長く使える化粧品を目指すメディコル。何を使っても肌に刺激を感じる…という習慣性敏感肌でお悩みに方は、ぜひお試しください!

*ウォッシングパウダーは合成界面活性剤不使用

習慣性敏感肌のためのベーシックスキンケア

関連記事

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート

カテゴリー