スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

スキンケア大学タイアップ企画 [PR] 提供:株式会社ナノエッグ

常に乾燥、肌トラブルが絶えない!「習慣性敏感肌」と化粧品の選び方

更新日:2019/05/29

自分の肌に合った化粧品が見つからない!

習慣性敏感肌の方の化粧品

新しい化粧品を試すとウキウキする一方で、化粧品を使うことで肌があれてしまうことが多く、基本的なスキンケアすらままならない…という方もいます。そんな日常的に肌が敏感になっている方のための化粧品選びについて見ていきましょう。

自分にとってのベストな化粧品は、誰もが探し求めるところ。「もっと効果のある化粧品がほしい」や「話題の成分をとり入れたい」など、いろいろな理由があります。

しかし、中には化粧品を肌に塗るとピリピリと刺激を感じたり、肌が荒れてしまうことが多い…という方も。こうなると、もっとキレイな肌のために!という前向きな気持ちではなく、とにかく自分の肌でも使える化粧品が欲しいという気持ちになりますよね。

特に、子ども頃から肌が弱く肌トラブルが絶えない方にとっては深刻な問題で、自分の肌に合った化粧品がなかなか見つからないことも。

もしかしたら「習慣性敏感肌」かも!?

習慣性敏感肌の方の化粧品

みなさんは習慣性敏感肌という言葉をご存知ですか?ストレスや過剰なケアによって、一時的に肌が敏感になることはよくあります。しかし、バリアが低下して日常的にトラブルをくり返しがちな肌を習慣性敏感肌と言います。

個人差はありますが、以下のような特徴があげられます。

  • カサカサと乾燥した状態が続く
  • ムズムズして無意識に肌をかいてしまう
  • 衣類が肌に触れるだけでも刺激になってしまう
  • 新しい化粧品を積極的に試すときに「刺激になるかも」と不安になってしまう
  • 大丈夫だと思っていた化粧品でも、しばらく使うと刺激を感じる

習慣性敏感肌のスキンケアは「肌バリア」が重要

習慣性敏感肌の方の化粧品

肌が敏感な状態になってしまう大きな原因は「肌バリアの低下」です。肌を形成する細胞には、さまざまな刺激から守るための「バリア機能」が備わっています。その要となっているのが皮膚表面で分泌される皮脂、そして角層にある「細胞間脂質」。この2つが働くことで、角質細胞が十分な水分を維持し、肌バリアを発揮することができるのです。

習慣性敏感肌の場合、バリア機能が低下しているため角質細胞の水分が蒸発している状態のため、水分を補給して、バリアをサポートする皮脂と細胞脂質を補うためのスキンケアが必要になります。しかし、スキンケアに使う化粧品によっては肌に刺激を与えてしまうことも…。

刺激リスクを避けるための化粧品を選ぶ3つのポイント

習慣性敏感肌の方の化粧品

化粧品で刺激を感じるのは、配合されている何らかの成分が肌に合っていないからです。しかし、化粧品に配合される成分は非常に多く、どの成分によって刺激を感じているか判別するのは難しいところ。そこで押さえておきたいのが以下のポイント!

1:肌に存在する成分は親和性が高い

肌や皮脂に存在している成分は親和性が高く、刺激を与える心配はほとんどありません。たとえば、肌にはセラミドやアミノ酸、脂質、ビタミン類、糖類などが存在しています。つまり、肌に存在する成分は肌に合ったものなので、化粧品から与えることによる刺激になりにくいと言うことができます。

2:添加成分を避ける

化粧品に配合されるすべての成分が肌に働きかけるものではありません。品質を保ったり、使いやすさ、感触などを調節するための成分も添加されています。

しかし、習慣性敏感肌の方は、そういった添加成分が肌に刺激となる可能性も。特に、使い心地の向上を目的に配合される合成香料や着色料、清涼感を与えるエタノールなどが多く含まれているものは、刺激になりやすいので避けたいところ。

3:シンプルなケアを目標に

化粧品は機能性を求めるほど配合される成分も多くなる傾向に。これにより、化粧品による肌トラブルの可能性も高くなると考えられます。

習慣性敏感肌の方は、まず肌バリアを取り戻すケアを優先する必要があるので、シンプルな成分が配合された化粧品がおすすめ。洗顔料の場合も、肌に刺激を与えず汚れを落とすことを目的としたシンプル製品が望ましいですね。

低刺激な化粧品選びで間違えやすいポイント

習慣性敏感肌の方の化粧品

化粧品を選ぶときは、製品の種類やイメージだけで肌に低刺激なものであるかを判断することはできません。以下のような化粧品でも、肌の様子を伺いながら使うようにしましょう。

オーガニック化粧品

オーガニックやナチュラルなコンセプトで作られた化粧品は「肌にやさしい」というイメージがあります。しかし、敏感肌の場合は植物エキスや天然成分であっても刺激になる場合があるので、肌の様子を見ながら使用しましょう。

美白化粧品

習慣性敏感肌は肌がガサガサになり、くすんでいる場合があるため白い肌には憧れるもの。だからといって、敏感になっている肌に美白化粧品を使うと他の化粧品と同様に、刺激になる場合があります。肌に塗って刺激がないのであれば、しばらく様子を見ても良いと思いますが、まずは肌のバリアを維持することを優先させましょう。

肌の状態を細かく把握することも化粧品選びの参考になる

敏感肌は肌のバリア機能が低下している状態ですが、その度合いは人によって違いがあります。その目安となるのが「皮脂」の分泌量。肌表面の保護膜である皮脂の分泌量には個人差がありますが、分泌量が少ないほど乾燥しやすく、外部からの刺激を受けやすい敏感な状態です。たとえば、皮脂が少ない方は刺激が少ない保湿重視のもので肌を土台から整える化粧品を選ぶことがポイントになります。

このように、化粧品を選ぶ前に自分の肌がどういった状態なのかを把握することで、肌に合った化粧品選びの参考にもなります。

パッチテストや皮膚科で相談するのも◎

新しい化粧品を使う場合は、やはり刺激を感じないかを事前に確認したいですよね。化粧品を店頭で購入する場合は、パッチテストができるかをお店に確認をとりましょう。

通販で化粧品を購入した場合は、手元に届いて 使用する前に、腕の目立たない部分につけてしばらく置いてみましょう。赤くなったり反応がなければ、実際に使用してみて様子を見ます。また、使用する化粧品について、皮膚科で相談してみるのも良いでしょう。

皮膚を構成する成分をもとに作った化粧品シリーズ「MediQOL」に注目!

習慣性敏感肌の方の化粧品

肌に存在する成分を化粧品ブランド「MediQOL(メディコル)」は、皮膚を構成する成分をベースにした化粧品開発を追求しています。さらに、アルコール・防腐剤・界面活性剤*・香料・着色料・鉱物油など、刺激になる可能性がある成分は不使用。「肌にあるべき成分」を厳選したこだわりの化粧品を実現しています。

皮脂と水分蒸散量を測定して、肌のバリアレベルがわかる

さらに、メディコルには敏感肌の状態を判定するための「スキンチェッカー」というキットがあり、皮脂量と水分の蒸発具合を判定して肌バリアの状態をチェック。そして、その結果から、使用すべき化粧品を導き出すことができます。肌の状態に合わせたケアは、スキンケアの大原則。これを手軽に実践できるのは習慣性敏感肌の方には嬉しいポイント!

ウォッシングパウダー(洗顔料)

習慣性敏感肌の方の化粧品

洗顔は肌の汚れを落とすことが目的ですが、必要な皮脂まで落としすぎると肌は無防備な状態になります。洗顔料の洗浄成分や洗浄力によっても変わりますが、メディコルのウォッシングパウダーは皮脂に近い成分だけを配合。そして、肌をやさしく洗いながら、皮脂のように保護膜を形成してカバーしてくれます。

スキンウォーター 35/54

習慣性敏感肌の方の化粧品

一回使い切りの化粧水。名前の後につく「35/54」とは、肌に必要な水分に含まれる成分の数が54種類ある中で、このうち少しでも刺激を招く可能性がある成分を抜いた35成分を配合していることを表しています。また、乾燥しがちな肌に必要なものを補うことから「補充水」の役割をしてくれます。

スキンリピッド 15/33 Ⅰ・Ⅱ

スキンリピッド 15/33 Ⅰ・Ⅱ

こちらの補湿クリームも、肌が持つ水分を保つための機能をサポートすることを目的としています。「15/33」とは、肌が持つバリア機能を司る「細胞間脂質」と「皮脂膜」が33種類で構成され、このうち化粧品原料として使用できる15種類を配合したという意味が込められています。

詳しくはこちら

習慣性敏感肌で悩んでいる方でも使える化粧品として開発されているので、肌に合った化粧品が見つからない!という方は、一度試してほしい化粧品です。

*ウォッシングパウダーは合成界面活性剤不使用

習慣性敏感肌のためのベーシックスキンケア

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート

カテゴリー