スキンケア大学 メンズスキンケア大学

スキンケア大学タイアップ企画 [PR] 提供:株式会社ナノエッグ

習慣性敏感肌の人におすすめ!乾燥シーズンのスキンケア

更新日:2019/10/01

乾燥シーズンの保湿対策をする女性

「常に肌の調子があまりよくない」「特に季節の変わり目は肌が乾燥してカサカサになってしまう」など、日常的に肌のトラブルを抱える習慣性敏感肌の人は悩みがつきないもの。「どんなケアがいいの?」「自分に合う化粧品はどんなもの?」という人も多いのでは?

そんな、習慣性敏感肌の人は、秋冬に向けて高保湿なケアをしていく必要があります。

秋冬の高保湿ケアは「化粧品」と「スキンケア」の2点を意識

高保湿ケアに悩む女性

一言で高保湿ケアといっても、何をしたらいいかわからない…という人もいることでしょう。実は高保湿ケアの2本柱は「化粧品」と「スキンケア」。どちらか一方だけでは、乾燥を防いで肌の状態をよくすることは難しいのです。「たぶんこの化粧品ならいいだろう」「こういうケアをしておけばいいだろう」という"なんとなく保湿対策"では、NG。

季節や自分の肌の状態に合った化粧品をきちんと選び、正しくスキンケアすることで、肌の状態を健やかにしましょう。

乾燥をしっかりと防ぐ高保湿な化粧品とは?

高保湿な化粧品

保湿ケアの中でも特に難しいのは、化粧品の選び方。いくら正しいスキンケアをしていても、間違った化粧品を選んでいてはきちんとした保湿につながりません。習慣性敏感肌の人に大切なのは、自分の肌に合った化粧品を選ぶことです。

基礎化粧品を選ぶ時に考えがちなポイントは?

秋冬に向けて、高保湿の化粧品を選ぶ時に、つい選択しがちなポイントをいくつかご紹介します。

保湿成分の種類が多い
ヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿成分が多く含まれているもの。
テクスチャーが重い
化粧品のつけ心地(テクスチャ−)が重く、トロリとしている。
たくさん使うので量が多いものが良い
量が多い化粧品を選び、たっぷりと水分を補うことで乾燥を防ぐことができる。

こうした選び方は決して間違ってはいませんが、習慣性敏感肌の人にとっては、必ずしも正しいとは限りません。

習慣性敏感肌の人が選ぶべき化粧品は?

習慣性敏感肌の人にとって大切なのは、保水力の高い成分であるセラミドを含み、肌のバリア機能を整える化粧品を選ぶこと。セラミドは肌の角層の中にあり、角層細胞や水分をつなぎとめる役割を果たし、肌のバリア機能を正常に働かせる役割を担っています。

また、洗顔は刺激の強い洗顔料やこすって洗うことで肌のバリアを壊す原因にも。実は肌には、腸内細菌と同じように「皮膚常在菌」という菌がいて、肌のツヤと健康を守っています。洗浄力が高い洗顔料で洗うと、これら皮膚常在菌も洗い流してしまうので、なるべく避けましょう。

乾燥しやすいケアはNG!洗顔と油分コントロールを重点的に

正しいスキンケアをする女性

習慣性敏感肌のスキンケアで大切なのは、肌に優しい洗顔と化粧水による水分補給、クリームなどで補う油分コントロール。これらに注目したスキンケアで、健やかな肌へと導くことができます。

必要な皮脂を守る洗顔

「肌の汚れをきっちりと落としたい」と思うあまり、必要以上にゴシゴシと洗ってしまう洗顔は、肌の表面を守る皮脂や皮膚常在菌も落としてしまいます。低刺激性の洗顔料で、優しくサッと洗う程度でOKです。

肌の状態でクリームの量をコントロール

化粧水で水分を補ったら、保湿クリームで油分をコントロール。習慣性敏感肌の人は分泌される皮脂量が少ないので、肌の状態を見て「乾燥してるな」と思ったら、十分な量を塗って油分を補いましょう。

スキンケア大学がおすすめする習慣性敏感肌の人のための化粧品

何を選んだらよいか悩ましい、習慣性敏感肌の化粧品。そんな人のために、習慣性敏感肌のスキンケアを徹底して追求した化粧品ブランド「MediQOL(メディコル)」をご紹介します。

「MediQOL」ウォッシングパウダー

商品画像

人の皮脂と類似する組成の成分を主とした洗顔料。ふんわりと柔らかいパウダータイプで、洗い心地は抜群。ゴシゴシとこすらなくても肌の汚れや酸化物質をきれいに除去しつつ、肌表面に保護皮脂膜を形成し、なめらかに洗い上げます。

「MediQOL」スキンウォーター35/54

商品画像

細胞を包む水分にとって大切な「アミノ酸・ビタミン類・無機質・補酵素・糖」の5項目にあたる成分を配合した、肌の水分と類似する組成の化粧水。角層にすんなりと浸透し、内側から潤いを与えます。シートから切り離して1回ずつ使うのでいつもフレッシュ。べたつかずしっとりとした使い心地です。

「MediQOL」スキンリピッド15/33 タイプⅠ・Ⅱ

商品画像

肌のバリア機能の中心となる細胞間脂質を補い、しっとりと潤いのある肌へと導きます。スキンリピッドⅡは、スキンリピッドⅠに比べて細胞間脂質をより多く配合。自分の肌の状態に合わせて選ぶことができます。

正しいスキンケアで乾燥から肌を守る!

習慣性敏感肌の人におすすめの化粧品は、余分な皮脂まで落とさず肌をなめらかにする洗顔料と、角層の隅々まで潤いを与える化粧水による水分補給、そして細胞間脂質を補うクリームによる油分コントロール。自分に合う化粧品を正しく選び、乾燥シーズンも健やかな肌で乗り切りましょう!

詳しくはこちら

習慣性敏感肌のためのベーシックスキンケア

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート

カテゴリー