スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

スキンケア大学タイアップ企画 [PR] 提供:株式会社ユイット・ラボラトリーズ

意外な原因で肌の調子は傾く!「ゆらぎ肌」を乗りきるためのコツ

更新日:2019/06/26

季節の変わり目の不調イメージ

季節の移り変わりに肌が乾燥したり、いつも使っている化粧品が合わなくなったり、刺激に対して敏感になったり…肌の調子が不安定だと感じることはありませんか?

最近ではこういった肌の状態を「肌が揺らぐ」、「ゆらぎ肌」などと言います。このような肌の不調の原因はひとつではなく、季節や環境の変化、体調や加齢などが影響して、肌のバリア機能が低下することで起こります。なぜ、肌が揺らぐのかをしっかり把握し、それに合った正しいスキンケアを取り入れて肌トラブルを予防しましょう!

「ゆらぎ肌」とは?

ゆらぎ肌に悩む女性

ゆらぎ肌の明確な定義はありませんが、大きくは「季節の変化などが肌状態の変化にも繋がり、不安定になった肌」のことを指します。肌がごわごわしてメイクのノリが悪くなったり、ベタつくのに肌がつっぱる感じがしたり、乾燥してピリピリしたり、かゆみが生じるなど、ゆらぎ肌の症状はさまざまです。

季節の変化と肌への影響

季節の移り変わりがもたらす肌への負担はどのようなものがあるのでしょうか?

春は過ごしやすい季節というイメージがありますが、実は紫外線量が一気に増える時期。紫外線は、あらゆる肌トラブルの原因です。日焼けによるシミだけでなく、肌からうるおいを奪い、ニキビや敏感肌を招いてしまうことも。さらに、花粉や黄砂など空気中に漂う刺激物質も増加するため、目には見えない物質が知らない間に肌に付着して刺激を与え、かゆみなどを引き起こします。

夏になると紫外線量がピークを迎え、気温が高くなるので皮脂や汗の分泌量が増加します。ベタついた肌の汚れをきれいに落とそうと過剰な洗顔をしてしまうと、肌に必要な皮脂まで奪われることとなり乾燥の原因に。

そして秋冬は気温と湿度が下がるため、肌も乾燥のダメージを受けやすくなります。

体調やストレスによっても肌の調子は変化する

ゆらぎ肌の原因は、季節による環境の変化だけとは限りません。体調やストレスなどの精神的な要因によっても肌は揺らぐことがあります。

例えば、春は新生活がスタートする季節ですが、慣れない生活環境の中で体調を崩してしまったり、ストレスを感じることが多くなる時期とも言えます。こうしたときには、精神的なストレスが体や肌の不調となって現れることもあります。

肌の揺らぎを感じたら、肌バリアを守るケアが最優先!

スキンケアをする女性

「肌の調子がいつもと違うな」、「不安定だな…」と感じたら、それは肌が揺らいでいる証拠かもしれません。そんなときは、肌の水分が不足してバリア機能が低下している可能性が高くなります。

シンプルなケアを心がける

肌のバリア機能が低下しているときは、肌はとても敏感な状態です。「美容成分をたっぷり補ってスキンケアをしなきゃ!」と、特別なケアが必要だと思いがちですが、過剰なスキンケアはかえって肌に刺激を与えてしまうことも。あくまでもうるおいを与えて肌本来がもつバリア機能を整えることを目的に、肌にやさしいシンプルなスキンケアを取り入れることが大切です。

水分と油分のバランスをとること

スキンケアの重要なポイントは、水分と油分のバランスです。ただし「化粧水をたっぷり使って、最後にクリームでフタをすればOK」ではありません。季節や肌の状態に合わせて、使用する量をコントロールしていくことがとても大切です。

特に、油分は多すぎてしまうと肌に負担がかかってニキビなどの原因となってしまうこともあります。乾燥しやすい目元や口元には油分をしっかりと補い、逆にテカリやすいTゾーンには少なめにするなど、自分の肌の状態をよく観察しながらスキンケアを行いましょう。

良質な水でうるおす!スキンケア大学編集部おすすめ化粧品

ゆらぎ肌に必要なのは、やさしく肌にうるおいを届けること。ゆらぎ肌に悩んでいる方におすすめしたいのは、化粧品のベースである「水」に着目して開発されたスキンケアブランド「HALCA(ハルカ)」です。

商品画像

「人にとって一番大切な成分は水である」という考えから、肌を良質な水分でうるおすためにミネラルなどの成分が豊富に含まれた八ヶ岳山麓の天然水を使用。さらに13種の成分をバランスよく配合し、肌のバリア機能を整え「揺らがない強い肌」を作ります。

詳しくはこちら

肌の調子は季節や環境、体調などによって常に変化しています。ゆらぎ肌は誰にでも起こる肌トラブル。毎日のスキンケアで肌の様子をしっかりと観察し、自分の肌の状態に合ったケアを心がけましょう!

化粧品の8割が水。HALCAは「八ヶ岳山麓の湧水」で作りました。

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート

カテゴリー