スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

スキンケア大学タイアップ企画 [PR] 提供:株式会社ユイット・ラボラトリーズ

メイクが決まらない!実年齢より上に見られる!それは肌の透明感が原因かも?

更新日:2019/09/13

顔がどんよりする女性

最近、メイクがうまくきまらない…と思うことはありませんか?30代にさしかかると、以前よりも肌トラブルが増えたり、顔がどんよりとして透明感を失っていることに気づくことがあります。

もうこれまでのスキンケアでは肌の調子が上がらない…!?と感じたとき、どのようなケアをする必要があるのでしょうか?

20代と同じではダメ!30代はスキンケアを見直すとき

鏡をみる女性

鏡を見て「最近肌の調子が悪いなぁ」と感じたら、それは肌の透明感が低下している証拠。年齢を重ねれば肌も変化していくのは当然のこと。今の肌に必要なケアを知る必要があります。

スキンケアを見直すポイント

今の肌に合ったケアをするには、肌の弱点をしっかり捉えることがポイント。これまでなんとなくケアをしていた方は、まずは肌の状態を把握しましょう。そして、弱点となっている部分をカバーするケアが、若々しい肌を作るポイントです。

透明感が失われている状態とは

透明感のない肌

では、肌がどんな状態だと透明感が失われるのか、その原因を見ていきましょう。

肌のキメが乱れている

肌表面には細かな凹凸が刻まれていて、これを「キメ」と呼びます。キメが細かく整っていると、光を均一に反射するので、なめらかで透き通った肌に見せてくれます。反対に、キメが乱れてしまうと、光の反射が低下して透明感が失われます。また、キメが乱れた肌はメイクのノリを悪くさせてしまうのです。

キメの乱れは主に肌の乾燥が原因で起こります。肌の表面は適度にうるおいを保つことで整った状態になりますが、乾燥すると角層の表面がけば立つように乱れ、なめらかさを失ってしまうのです。

不要な角層が溜まってしまう

皮膚は常に新しい細胞が内側から生まれ、一定の周期で肌の表面から古くなった角層がアカとなってはがれ落ちます。この一連の流れをターンオーバーと呼びます。

ところが、肌のうるおいが不足するとターンオーバーが乱れ、不要な角質が落ちずに溜まってしまうことに。この角層が厚く残った状態は肌本来の明るさを低下させてしまうため、くすんだ印象を与えてしまいます。

年齢による透明感の低下を取り戻すケアとは?

透明感を取り戻す化粧品

肌の透明感を低下させる「キメの乱れ」と「厚くなった角層」、これらをケアすることが肌の透明感を取り戻すポイント。そして、この2つを安定させるのに重要なのが、「肌のうるおい」と「安定したターンオーバー」です。

もっとうるおいが維持できる「保湿ケア」を目指す

スキンケアで何よりも重要な「保湿」。肌のうるおい維持することができれば、おのずとターンオーバーの安定が期待できます。

肌は年齢を重ねるほどうるおいを維持するチカラが低下するので、しっかりと保湿できるケアを見直す必要があります。肌に水分をしっかり与えてキープし、乾燥状態を避けるための保湿ケアを徹底しましょう。

透明感を取り戻すとき、シンプルケアに留める理由

保湿をする女性

30代以上になると、以前よりも使用する化粧品が充実していくようになります。しかし、必ずしもたくさんの化粧品を使うことが肌に良いわけではありません。肌は私たちが思う以上に繊細で、ちょっと手で触れるだけで負担になってしまうことも。

つまり、ケアの工程が増えるほど「肌に触れる回数が増える=負担になりやすい」ということになります。肌の調子が悪いときこそ、極力シンプルなケアだけに留めるようにしたいですね。

なかでも一番重要な「保湿」は化粧品の質も大きく関わってきます。では、どんな化粧品を選べばよいのでしょうか。

スキンケア大学編集部のおすすめ化粧品

編集部のおすすめは、「水」にとことんこだわった『HALCA(ハルカ)』。揺らぎやすい女性の肌に向けたシンプルスキンケアができる化粧品ブランドです。

商品画像

美容成分だけでなく、スキンケアの大部分を占める「水」にこだわることが重要であるというのがコンセプト。HALCAの「エッセンシャルローション&ジェルクリーム」には、全国から厳選した八ヶ岳山麓の天然水を使用しています。美容成分も、HALCAでしか体験できない希少な天然原料から3つの美容成分を厳選しています。

詳しくはこちら

また、美容液水とクリームの2点でスキンケアが完了するシンプルさもポンイント。肌に負担をかけずに、じっくりとうるおいを与えて低下した透明感をとり戻しましょう!

化粧品の8割が水。HALCAは「八ヶ岳山麓の湧水」で作りました。

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート

カテゴリー