スキンケア大学 メンズスキンケア大学

スキンケア大学タイアップ企画 [PR] 提供:株式会社JIMOS

ピリピリ・ムズムズ感はオイルでケア!しっとり美肌を守り続けるうるおいバリアの育て方

更新日:2020/11/30

バリア機能の低下から始まるゆらぎ肌

肌荒れが気になる女性

カラリとした風に落ち葉が舞って、秋から冬へと移りゆく気配。この時期になると「肌がピリピリ・ムズムズして安定しない…」ということはありませんか?

季節の変わり目は朝晩の気温差が大きく肌に負担がかかりがち。バリア機能が低下して肌がゆらぎやすくなります。

「とにかく保湿しなければ!」とあれこれ塗り重ねるよりも、シンプルなスキンケアで乗り切りましょう。

肌のうるおいを守るのは皮脂だった

皮脂膜のイメージ図

バリア機能とは肌内部の水分蒸散を防いだり、紫外線や乾燥などの外部刺激から肌を守ったりする、肌本来の働きのこと。肌の一番外側にある「角層」がうるおいに満たされていると、しっかり働きます。

汗と皮脂が混じりあってできる皮脂膜は、常に外的刺激と接しているバリア機能の最前線。皮脂膜がないと、どんなに水分や保湿成分を与えても、逃げてしまいます。

秋冬は、寒さで皮脂と汗の分泌量が減少しやすい季節。さらに皮脂の量は20代をピークに減少するうえ、質が変化してベタッとすることがあります。30代からは皮脂膜が均一に広がりにくくなり、バリア機能の低下に拍車がかかりがちです。

皮脂の働きを補うのは油分。ゆらぎ肌のケアには、美容オイルをおすすめします。

量だけじゃない!皮脂の質まで整える美容オイル

美容オイルイメージ

クリームでも乳液でもなく、美容オイルをおすすめする理由は主に2つあります。

皮脂に近くスルスルなじむ

植物の種子や果実、動物の皮下脂肪などからとれる美容オイルは、ヒトの皮脂と組成が似ているのが特長。刺激を感じにくく、心地よくなじむものが多いでしょう。皮脂の量と質を整えて、上質な皮脂膜を再現します。

肌をふっくら柔らかくする

頬に手をあて笑顔の女性

肌の脂質と相性がいいので、肌の奥*すみずみまで浸透。肌表面にフタをするだけではなく、土台からバリア機能を整えることができます。肌がふっくら柔らかくなって、自然なツヤもでるんですよ。

とはいっても「オイルはベタつきが気になる」とい人は多いはず。油分だけじゃなくうるおいだってほしいですよね。そこでおすすめなのが、2層式の美容液オイルです!

* 角層まで

パシャッとうるおう美容液オイルでしっとり落ち着いた肌へ

coyori商品画像イメージ

Coyori 美容液オイル
20mL

詳しくはこちら

Coyoriの『美容液オイル』は4種のブレンドオイルと、みずみずしい美容液の2層式オイル。乳化剤を含まないので、軽く振って混ぜ合わせてから使うタイプです。

Coyori美容液オイルを振っている様子

美容液がオイルを包み込んだ状態で伸び広がるから、軽くサラッとした使い心地。

Coyori美容液オイルを手になじませている様子

ゆらぎやすい肌をしっとりうるおし、ふっくらモチモチに整えてくれます。

ベタつき知らずの厳選ブレンドオイル層

日本人の肌にスーッとなじむオイルを追求。ツバキ種子油*、オリーブ果実油*、コメヌカ油*、ユズ種子油*を独自の配合でブレンドし、サラリとした理想の皮脂膜を再現します。ムラなく伸び広がってバリア機能をサポート!

*保湿成分

みずみずしい植物のうるおいはじける美容液層

和漢・植物エキスのイメージ

美容液層には、古くから美容と健康のために受け継がれてきたイチジク**や高麗人参**、アロエベラ**、鹿角霊芝**など、21種の和漢・植物エキスを配合。水分不足でゆらぎやすくなった肌を、うるおいで満たします。

**イチジク樹皮エキス、オタネニンジン根エキス、アロエベラ葉水、ガノデルマアンボイネンセエキス、他17種の和漢植物エキス(保湿成分)

ゆらぎ肌にうれしい低刺激設計

肌へのやさしさを考慮して、パラベンや石油系鉱物油、界面活性剤、シリコン、合成香料は無添加です。

1本に美容液、乳液、クリームの機能を凝縮しているから、化粧水の後は美容液オイルだけでスキンケア完了。厳選されたうるおいで、やさしくしっかり肌のコンディションを整えます。

ますます乾燥が深まっていく季節、美容液オイルでふっくらすべすべの肌を育みませんか?

詳しくはこちら

高機能・自然派エイジングケア Coyori

関連記事

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート

カテゴリー