スキンケア大学 メンズスキンケア大学

スキンケア大学タイアップ企画 [PR] 提供:株式会社Rambut

年々気になる髪のハリ・コシ・・・ 見直すべきポイントとは?

更新日:2019/10/29

自分の髪の毛に悩む男性

若いころは髪を染めようが、一日中スタイリング剤をつけていようが、ダメージを気にすることなんてなかったのに、年齢を重ねるにつれて髪が細くなり、ハリ、コシも低下。ボリュームが出ない、地肌が見える…と心配している男性もいるのでは?

髪の太さやハリ、コシは、見た目年齢を大きく左右するポイント。いつまでも豊かな髪をキープするために知っておきたい基本知識や、おすすめのヘアケア方法をご紹介します。

なぜ髪はハリ・コシを失うの?

ハリ・コシを気にする男性

そもそも、なぜ人間の髪は年齢と共にハリ・コシを失ってしまうのでしょうか?

一般的に髪のハリ・コシは、髪が細くなることで低下します。これには「ヘアサイクルの乱れ」が影響しています。

髪はずっと伸び続けるのではなく、成長期・退行期・休止期という3つのサイクルを繰り返しています。成長期に太く長く成長したのち、自然に抜け落ちて、しばらくしてから新しい髪が生えるという流れです。しかし、加齢やストレス・生活習慣の乱れなどからヘアサイクルが乱れると、成長期が短縮。その結果、細くてボリュームの少ない髪になってしまうのです。

髪のハリ・コシを維持するには、ヘアサイクルを整えて成長期の期間を十分に確保することが重要です。実際に注意したいポイントについて確認してみましょう。

ヘアサイクルを整えるのに大切なことは?

ヘアサイクルにを整える食事

ヘアサイクルには生活習慣が密接に関わっているため、毎日の生活スタイルを見直すことが必要です。

まずは、以下の3つのポイントに注意して内側からのヘアケアを取り入れてみましょう。

(1)栄養をバランスよく摂る

髪は皮膚と同じように、身体の栄養状態が現れる部分です。インスタント食品やファストフードばかりの食生活、またはダイエットで十分な栄養が摂れないと、髪にも悪影響が現れます。

身体の内側からヘアサイクルを整えるには、髪の主成分であるタンパク質はもちろん、ビタミンやミネラルなどサポート役の栄養も欠かさず摂るよう心がけましょう。

(2)質のよい睡眠をとる

就寝中は、身体の成長や補修が盛んに行われています。健やかな髪や頭皮を育てるには、「質のよい眠り」が欠かせないのです。

睡眠の質を上げるコツは、毎朝決まった時間に起きてカーテンを開け、日光を浴びること。「体内時計」が整えられて、夜になると自然と眠りが訪れるようになります。

(3)ストレスを発散し、喫煙や過度な飲酒を控えるのも大切

過度なストレスは体内のめぐりを滞らせ、髪に栄養が行き届きにくくなるので注意を。皮脂が増えて頭皮環境が悪化するおそれもあります。ストレスを完全に取り除くことは難しいですが、スポーツや趣味などで適度に発散すると良いでしょう。

タバコに含まれるニコチンやタールは、めぐりを滞らせる原因に。アルコールも体内で分解されるときに多くの栄養を消費し、髪の成長に影響を与えます。飲みすぎは控えましょう。

バスタイムも上手に活用して

バスタイムもヘアサイクルを整える男性

ヘアサイクルを整えるには、バスタイムの過ごし方も大切なポイントです。

特に男性の場合「毎日湯船に浸かるのは面倒」と感じて、シャワーで済ませてしまうことも多いのでは?しかし、入浴で身体の芯から温まり全身のめぐりがよくなると、頭皮にも栄養が行き渡りやすくなります。さらに、就寝2~3時間前の入浴で体温を一時的に上げておくと、体温の低下とともに自然な眠りが促されるというメリットも。

バスタイム中は音楽を聴いてリラックスしたり、水圧を利用して軽い運動をしたりすることで、ストレスケアにもなりますよね。

もちろん、バスタイム中にヘアケアを行うことも効果的。シャンプーやマッサージとともに、お風呂で簡単にできるトリートメントをプラスしてみては?なかでもおすすめしたいのが、インドネシア伝承のスカルプケアトリートメント「ランブット・トリートメント」です。

頭皮に新習慣!週2回のトリートメントケア

Rambut商品画像

「ランブット・トリートメント」は、インドネシア地域に生息するハーブである「ノニ」に着目。現地の男性が伝統的に行っているスカルプケアをヒントに開発されたスカルプケアトリートメント剤です。

ノニの豊富な栄養が頭皮にじっくり浸透*1

ノニにはみかんの約5倍のビタミンCやアミノ酸、ミネラル、ポリフェノールなど140種類以上の栄養が含まれています。特にインドネシア産のノニの場合、年齢を重ねた肌をケアするSOD酵素や、めぐりをよくするスコポレチンが多く含まれています。これらの栄養が頭皮にじっくり浸透*1することで、健やかな頭皮環境へと導く効果が期待できます。

*1 角層(角質層)まで

週に2回のケアでOK!

使い方はとてもシンプルで、清潔な頭皮に塗布して15~20分待ってから洗い流すだけ。塗りながら指でマッサージをすると、より高い効果が期待できます。週に2回、シャンプーと一緒に使うだけなのでわずらわしさも少なく、94.4%の方がリピートして使っているんですよ*2。

*2 「インドネシア伝承スカルプケア ランブット」シリーズ使用者90名にアンケート調査(2017年11月集計)

涼しくなると身体が冷えて、めぐりの悪さを感じる機会が増えますよね。こんなときこそお風呂を活用し、じっくり温まりながらヘアサイクルを整えていきましょう。バスタイムのヘアケアには、ランブット・トリートメントがおすすめです。

いつでも解約できる「お届け定期コース」で、お得に試してみてくださいね。

詳しくはこちら

気になる頭皮に、週2回の「トリートメント習慣」

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート

カテゴリー