スキンケア大学 メンズスキンケア大学

葛の花だけの新・脂肪燃焼3効果!お腹の脂肪がもたらす健康リスクを解決!

更新日:2020/04/28 公開日:2020/04/24

お腹の脂肪を気にする中高年男性

中高年が気にする「お腹の脂肪」。「貫禄がある」など好意的に受け止められることもありますが、健康上の観点からすると減らす必要がありそうです。お腹につく脂肪のリスクと、その解決策となる葛の花エキス™を紹介します。

お腹の脂肪の正体とは?

ひとくちに「お腹の脂肪」といっても、実は2種類あるのをご存じですか?

皮下脂肪

  

皮下脂肪

二の腕や太もも、下腹やお尻など体全体につく「指でつまめる」脂肪のこと。皮下脂肪が増えると下半身を中心に大きくなる「洋ナシ型肥満」になります。

内臓脂肪

内臓脂肪

腹筋の内側につく「指でつまめない」脂肪のこと。内臓脂肪が増えると下半身よりもウエスト周りが目立つ「リンゴ型肥満」になります。

特に内臓脂肪は、一見やせている人にもつくことがあります。生活習慣病との関わりも指摘されており、増えすぎは要注意です。

内臓脂肪が増えすぎるとどうなるの?

健康診断票イメージ

体の脂肪は、糖分や脂質を代謝するための善玉物質・アディポネクチンを作り出し、体のバランス維持に役立っています。ただし内臓脂肪の増えすぎはアディポネクチンの減少を招き、以下のような症状を引き起こします。

  • 高血糖
  • 高血圧
  • 脂質異常

高血糖・高血圧・脂質異常が組み合わさると、血管が硬くもろくなる「動脈硬化」へと進行します。動脈硬化は、心臓や脳血管の深刻な病気を引き起こす危険性もはらんでいます。

このドミノ倒しのようなリスクを招かないためにも、内臓脂肪はため込まず、減らしていくことが大切です。

むりなく内臓脂肪を減らすには?

主食・主菜・副菜が揃った食事

内臓脂肪はエネルギーとして代謝すれば、皮下脂肪よりも比較的容易に減らすことができます。ただし年齢を重ねると基礎代謝が低下するため、若い頃と同じ食事やライフスタイルを続けているとため込む一方です。日常生活では、以下のような工夫を取り入れましょう。

  • 1日3食、毎日同じ時間に食べる。食べ過ぎないようにする
  • 野菜中心の食事を心がけ、脂っこい食べ物、甘い物、お酒は控えめに
  • 散歩やジョギング、水泳などの有酸素運動を増やす
  • 通勤中は階段を使う、自宅ではストレッチするなどしてこまめに活動を増やす

こうした工夫に加えて、ぜひ注目していただきたいのが機能性食品素材の「葛の花エキス™」です。

葛の花エキス™とは?見逃せない3つの働き

葛の花

「葛の花エキス™」とは、マメ科クズ属のつる性多年草「葛(くず)」の花から抽出して作った機能性食品素材。主に3つの働きで、内臓脂肪にも皮下脂肪にも効果的に働きかけることができます。

1. 肝臓で脂肪が合成されるのを抑制

脂肪の合成を抑制

食事から摂った糖や脂質はエネルギーとして使われますが、余ったエネルギーは肝臓に送られ、「中性脂肪」に再合成されます。中性脂肪は血液中をめぐり、内臓脂肪や皮下脂肪として蓄えられます。葛の花エキス™には、肝臓での中性脂肪合成を抑える働きがあります。

2. 蓄えられた脂肪をより細かく分解

脂肪酸に分解

体に蓄えられた脂肪は、エネルギーとして燃焼させる前に「脂肪酸」に小さく分解する必要があります。葛の花エキス™はこの分解を促すことで、体脂肪の減少をサポートします。

3. 分解された脂肪を燃やして消費

脂肪酸を燃やして消費

脂肪酸は、「褐色脂肪細胞」に運ばれてから消費されます。葛の花エキス™は褐色脂肪細胞の燃焼作用を促し、余分な脂肪酸を燃やして消費する働きをサポートします。

近年増えつつある機能性食品素材ですが、3通りもの働きを持つ素材は葛の花エキス™だけ。より効率よく、体脂肪やお腹の脂肪にアタックできるといえるでしょう。

葛の花エキス™は身体にどう作用するの?

臨床試験イメージ

葛の花エキス™は本当に効果があるのでしょうか。摂取の有無を比較した試験の一例を紹介しましょう。

ヒト試験でBMIの低下など抗肥満作用を確認

BMIが24以上、胴囲が男性85㎝以上(女性90㎝以上)の成人男女59名を4群に分け、食事指導を行いながら葛の花エキス™をそれぞれ300mg、200mg、100mg(ほか1群は対照食品)、8週間にわたって摂取させた試験があります。

それによると葛の花エキス™300㎎摂取群では4週目以降、BMIの有意な低下が見られました。またCTスキャン解析においても、300mg摂取群では全体脂肪面積、皮下脂肪面積の有意な減少が観察されました。さらに内臓脂肪面積では、摂取量に応じた減少傾向が見られたとのこと[1]。

お腹の脂肪は若々しいボディラインを損なうだけでなく、健康にとっても大敵。葛の花エキスを配合したお茶などを上手に活用し、食事や運動の工夫に加えて葛の花エキス™のパワーを健康管理に役立ててくださいね。

参考文献

  1. [1]お知らせ. "東洋新薬 「葛の花エキス™」のヒト試験による抗肥満作用を確認" 株式会社東洋新薬 ホームページ. https://www.toyoshinyaku.co.jp/%E3%80%8C%E8%91%9B%E3%81%AE%E8%8A%B1%E3%82%A8%E3%82%AD%E3%82%B9tm%E3%80%8D%E3%81%AE%E3%83%92%E3%83%88%E8%A9%A6%E9%A8%93%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E6%8A%97%E8%82%A5%E6%BA%80%E4%BD%9C%E7%94%A8/(参照2020-04-02)

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

カテゴリー