スキンケア大学 メンズスキンケア大学

うるおい美肌がずっと続く!ライスパワー®No.11が肌にうれしい理由

更新日:2020/06/23 公開日:2020/06/23

笑顔の女性

毎日鏡に向かっていると「今日は肌がふっくら、いい感じ」「カサついてファンデが乗らない…」などの小さな違いを感じますよね。

よい状態の肌を保つには肌のしくみを理解し、適切な美容成分でお手入れすることが大切です。

美肌が続く肌のしくみ「ターンオーバー」とは?

鏡に向かう女性

肌は毎日、「ターンオーバー」と呼ばれる生まれ変わりを繰り返しています。

肌の細胞は表皮の最下層にある「基底層」で作られ、成熟しながら「角層」へと達します。その過程で作られるのが、水分をたっぷり抱える「セラミド」などの保湿成分

セラミドがたくさんあることで、肌はみずみずしさやハリを維持でき、紫外線など外からの刺激をはねのけるバリアとしての役割も果たせます。

理想の肌とターンオーバーが乱れた肌の違い

 

しかしターンオーバーは、加齢や栄養の偏り、睡眠不足などで乱れることがあります。

肌細胞のすきまを埋めていたセラミドの生産量が減ると、水分が蒸発しやすくなり肌は乾燥。かさつきやハリ不足などが、気になり始めます。

さらには紫外線などの影響を受けやすくなり、肌あれや、シミが作られやすくなることもあるのです。

ターンオーバーを整えるには?

スキンケア化粧品

美肌に欠かせないターンオーバー。そのサイクルを整えるには、毎日の保湿ケアやUVケア、睡眠・栄養補給が大切です。

でも年齢とともにセラミドの生産量が減り、乾燥・刺激を感じやすくなっているなら、「セラミドを生み出す力」をパワーアップさせる必要があります。

パワーアップに役立つ唯一の美容成分、「ライスパワー®No.11」を使ってみませんか?

基底層へ届いてセラミドを生み出す!「ライスパワー®No.11」

お米から生まれたライスパワーエキス

「ライスパワー®No.11」は、お米に麹や酵母、乳酸菌などを加えて発酵・熟成させた天然のエキス。

国内で唯一、「皮膚水分保持能の改善」という効能が認められた、医薬部外品の有効成分です。

皮膚水分保持能の改善とは?

すこやかな肌はターンオーバーの過程でセラミドが適切に作られるため、水分を貯蓄する力を備えています。このことを「皮膚水分保持能」といいます。

ライスパワー®No.11は、基底層まで浸透して肌細胞を活性化。さらにセラミドを生み出す力を育むことで「皮膚水分保持能」を改善[1]。

使い続けることで肌本来のうるおうチカラをパワーアップさせ、乾燥や刺激に負けない肌へと導きます。

よい肌コンディションが持続!

肌がしっかり水分を保持できるようになると、ターンオーバーも整います。肌細胞一つひとつがしっかり成熟することで肌のキメが整い、ふっくらとみずみずしく、透明感のある肌に。

お米から生まれたライスパワー®No.11は、臨床データにおいても皮膚への刺激がほとんどないとされている成分[2]。乾燥が原因で起こるさまざまな肌トラブルを防ぐために、ぜひ一度使ってみてはいかがでしょうか。

参考文献

  1. [1]松野 孝祐 ほか. 各種機能性を有する米発酵エキスの研究開発ライスパワーⓇエキス~日本酒から化粧品まで~, 化と生 2019; 57(2): 129-133
  2. [2]入野 和生. アトピーに朗報! 日本型バイオ「ライスパワー」に賭けた40年 2014 103-111

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

カテゴリー