スキンケア大学 メンズスキンケア大学

バスト・胸のお悩み

バストトップやバストサイズなどの自宅で出来るケア方法やクリニックでの対策を解説します。

記事ランキング

  1. 1
    陥没乳頭(乳首)だと授乳できないって本当?
    土屋沙緒 先生

    土屋沙緒 先生

    陥没乳頭(乳首)だと授乳できないって本当?

    陥没乳頭(乳首)の方にとって、将来的に授乳ができるかどうかは重要なポイント。乳首が出にくいこともそうですが、おっぱいマッサージが辛くて諦めてしまう場合も。ドクター監修のもと、陥没乳頭と授乳の関係について解説します。

  2. 2
    仮性・真性の陥没乳頭(乳首)の違いとは?
    土屋沙緒 先生

    土屋沙緒 先生

    仮性・真性の陥没乳頭(乳首)の違いとは?

    陥没乳頭(乳首)は乳首が内側に入りこんでしまっている状態のことを言いますが、大きく「仮性」と「真性」の2種類に分けられます。では、どのように見分けたらいいのでしょうか?ドクター監修による記事で紹介していきます。

  3. 3
    シリコンバッグ挿入による豊胸手術の効果と術後の注意点
    池田優子 先生

    池田優子 先生

    シリコンバッグ挿入による豊胸手術の効果と術後の注意点

    シリコンバッグを挿入し、バストアップを叶える豊胸手術は、どのように行われるのでしょうか。ドクター監修の記事で、シリコンバッグを使った豊胸術の現状から、その効果、破れや痛みに関する注意点まで詳しく解説します。

  4. 4
    陥没乳頭(乳首)は乳頭吸引器などの陥没乳頭ケアグッズで治せる?
    土屋沙緒 先生

    土屋沙緒 先生

    陥没乳頭(乳首)は乳頭吸引器などの陥没乳頭ケアグッズで治せる?

    マッサージに次いで自宅でできる陥没乳頭(乳首)のケアとして活用できるのが、乳頭吸引器をはじめとする矯正グッズやサポートグッズなどです。どのような種類のものがあるのでしょうか?ドクター監修のもと、ご紹介します。

  5. 5
    注意点は?陥没乳頭(乳首)の正しい治し方
    土屋沙緒 先生

    土屋沙緒 先生

    注意点は?陥没乳頭(乳首)の正しい治し方

    手軽にできる陥没乳頭(乳首)のケアと言えば、マッサージ。1日1回わずか2~3分のマッサージで陥没乳頭のお手入れはもちろん、授乳しやすい乳首を作るのにも効果的です。ここではドクター監修のもと、乳頭マッサージを紹介します。

  6. 自然な仕上がりが期待できる!?脂肪注入による豊胸手術の効果と現状
    池田優子 先生

    池田優子 先生

    自然な仕上がりが期待できる!?脂肪注入による豊胸手術の効果と現状

    豊胸手術のひとつ、自分自身の余分な脂肪を吸引して胸に注入する「脂肪注入法」について、ドクター監修の記事で手術方法とその効果を解説します。また、脂肪注入法のデメリットと、それを解決する方法についてもお伝えします。

  7. バストアップを望める豊胸手術とは?豊胸手術の内容と効果
    池田優子 先生

    池田優子 先生

    バストアップを望める豊胸手術とは?豊胸手術の内容と効果

    豊胸手術は、技術の向上によって施術方法が増えています。ドクターによる監修記事で、最新の豊胸手術の特徴や、「脂肪注入法」「ヒアルロン酸注入法」「バッグ挿入法」3タイプの手術の効果について詳しく解説します。

  8. 本気でバストアップ!胸を大きくする豊胸手術の特徴と種類
    池田優子 先生

    池田優子 先生

    本気でバストアップ!胸を大きくする豊胸手術の特徴と種類

    胸を大きく、美しく見せたいという願望をかなえる方法のひとつに豊胸手術があります。ドクター監修の記事で、胸を大きくする豊胸手術のメリットから、脂肪注入法、ヒアルロン酸注入法といった施術の種類、特徴について解説します。

  9. 陥没乳頭(乳首)の原因は乳管にある?
    土屋沙緒 先生

    土屋沙緒 先生

    陥没乳頭(乳首)の原因は乳管にある?

    バストの大きい女性が増えると、それに比例して陥没乳頭(乳首)の女性が増えると言われています。それはなぜなのでしょう?乳腺と乳管の関係を交えながら、陥没乳頭の原因についてドクター監修の記事にて解説します。

  10. バッグ挿入による豊胸のメンテナンス、取り換えのタイミングについて
    池田優子 先生

    池田優子 先生

    バッグ挿入による豊胸のメンテナンス、取り換えのタイミングについて

    胸にシリコンバッグを挿入してバストアップをする豊胸手術は、手術の後のアフターケアやメンテナンスが重要となります。術後の通院期間からバッグの交換時期まで、これらが必要な理由とあわせてドクター監修の記事で詳しく解説します。

カテゴリー